スーツを高そうに見せる傑作コート

働く男にとってコートは寒さを凌ぐためだけではなく、“デキる”オーラを醸すための必需品。ここではいつものスーツスタイルを格上げする上質コート2種類を紹介する。

黒澤 正人

2015.02.27

美しいAラインシルエットでエレガントなビジネススタイルに

ビジネススタイルに馴染むコートの中でも、今選ぶなら裾に向って広がりを見せるAラインの1着。クセの少ないシルエットなので着回し力が高く、休日のカジュアルスタイルにもハマる優れモノだ。

『マッキントッシュ』のダンケルド

1822年にチャールズ・マッキントッシュが「マッキントッシュクロス」を発明したことがブランドの起源。同素材で仕立てられたコートは防水性の高さが認められ、英国軍にも採用されていた。いまだにハンドメイドで作られる逸品は、美しいAラインシルエットでスーツをエレガントに魅せてくれることでも有名はんこ。

『バーバリー』のステンカラーコート

防寒効果を高めるコットンギャバジンを用いたシングルコート。密度の高いコットン生地は雨風に強く、通気性もバツグン。シンプルなコートの襟裏には、伝統のあるバーバリーチェックがあしらわれており、コーディネートのワンポイントとしてきらりと光ります。

『アスペジ』のステンカラーコート

あくなき素材へのこだわりに定評のある『アスペジ』。特にナイロンを用いたこのアイテムは絶大な人気を誇り、ブランドのアイコン的アイテムとなっている。美しいシルエットだけでなく、現代人にとっての快適さも追求された1着だ。

男前度の格上げとともに着こなしの格も引き立てるチェスターコート

今季、トレンドアイテムとして認知度が一気に拡大したチェスターコートとスーツとの相性は、見た目にも歴史にも相思相愛。ベーシックなネイビーやグレーといったカラーを選びつつ、シングル、ダブルは好みでセレクトしたい。

『ラルディーニ』のシングルチェスターコート

昨今人気急上昇中のイタリアブランド。副資材を極力省いたアンコン仕立てならではの軽い着心地が特徴だ。上質ウールを採用し、美しいドレープを描く緻密なシルエットで仕立てられているので、スーツのクラス感を格段にアップさせてくれる。同社のアイコンでもある着脱式のブートにエールも絶妙なアクセントに。

『ハンコック』のアーティクル8

なんとヴィクトリア時代と同じ製法を用いて、ハンドメイドで作られているというチェスター型コート。水に強いゴム引き加工素材を採用しているので、実用性の高さは文句なし。英国の実力派テーラー、ティモシー・エベレスト氏が手掛けたパターンは、スーツの上に羽織っても美しくシルエットをキープしてくれる。

『イザイア』のチェスターコート

1957年にイタリアのナポリで創業された『イザイア』は、クラシコイタリア協会にも属する伝統あるブランド。卓越されたカッティングと美しいシルエットは唯一無二で、定番モデルであるポルトフィーノはまさにこれに当てはまる洗練された逸品。

KEYWORD関連キーワード
コート
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事