【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

清水買いしたい、北欧&日本の憧れソファ

大きな買い物だけに吟味して選びたいソファ。人気の北欧ブランドから、定番の日本ブランドまで、ハズレなしのソファをラインアップ。

Asami Kitsukawa

2015.07.06

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

高くても名作を手に入れるのが賢い買い物

名作家具は品質はもちろん、ブランドやモデル名自体にバリューがあるもの。せっかく高いお金を出すなら「あのソファを買った!」と自慢できるアイテムを選びましょう。万が一、手放すことになっても……以下省略。

ソファはインテリアの顔!!

遊びに行った家にすてきなソファがあると、家全体のランクも高く見えませんか。ソファはその家の顔と言っても過言ではないアイテム。今回はスタイリッシュかつ、ゆったりくつろげる3シーターを中心にご紹介します。

老舗から新鋭まで名だたる名作ソファからまずは北欧ブランドのモノをチェック!

Item1ハンス・J・ウェグナーのGE290

“椅子の巨匠”と呼ばれたデンマークのデザイナー、ハンス・J・ウェグナーが1953年に生み出した逸品。現在はリプロダクト品で手軽に手に入れられるのも魅力。うしろ脚の曲線美、格子の背面など、どこから見ても美しい!

Item2フリッツ・ハンセンのアルファベットソファ

セブンチェアなど数々の名作椅子を生み出してきたデンマークのフリッツ・ハンセン社。ピエロ・リッソーニがデザインしたアルファベットソファは組み合わせて使う画期的なアイディアでロングセラーの仲間入りを果たした。ベースクッションと背もたれを組み合わせれば、さまざまな置き方ができる。

Item3アルヴァ・アアルトのデイベッド

フィンランドを代表するデザイナー、アルヴァ・アアルトの作品。その名のとおり、昼寝に最適なフラットデザインで圧迫感がないので、日本の家にもぴったり。横幅が200cmあるので、客用ベッドと兼用してもOK!

Item4イノベーターの102ソファ

スウェーデン生まれの家具ブランド、イノベーターの102ソファ。スチールフレームとクッションのみで構成されているので軽く、組み合わせによる自由度の高さも人気のゆえん。ベースはウレタンフォーム。発色のよいカバーはイタリア生地を使用。

巧みによる確かな技術と洗練されたデザインが右とマッチする日本ブランドのソファ4選

Item1斬新なアイディアが炸裂!! カラテチョップソファ

日本科学未来館のカフェインテリアなども手がけるデザイン集団エアコンディションドがデザインしたソファ。3シーターを空手チョップで2ピースに分けるという斬新な発想はもちろん、カラーの組み合わせもGOOD。端の処理はあえて、空手チョップで切られた感じになっているんだとか。

Item2アクメファニチャーのフレンソレザーソファ

アメリカンヴィンテージからインスピレーションを得たデザインにファンの多い、アクメファニチャーのレザーソファ。使い込むほどに味わいが増すオイルレザーを楽しみたい。お揃いのオットマンもあり。この厚みのあるレザーがたまらないのです。

Item3シンプルイズベスト。マルニ木工のHIROSHIMAソファ

深澤直人デザインのHIROSHIMAシリーズのソファは、直線的なデザインながらクッションの自然な丸みでやさしい印象を醸し出しています。

Item4天童木工のチェントロソファ

日本が世界に誇る木工メーカー、天童木工。剣持勇がホテルのロビー用にデザインしたチェントロソファは、やわらかすぎず、かたすぎない絶妙なクッションと背中を包み込むフォルムが特徴。背もたれの美しいカーブが、座った時のホールド感を高めます。

以上、ため息のでるソファばかりをお届けしました。夏のボーナスがでたら、思い切って“清水買い”しちゃいませんか?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
インテリア
ソファ
北欧
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

Freeamericanidol編集部

それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

黒野 一刻

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部