浜辺でも街でも! 毎日履きたいサンダルを厳選紹介

ハイブランド系からアウトドア系まで今買うべきおしゃれサンダルをピックアップ。お気に入りの1足を探してみては?

樋口 継恵

2015.07.03

履くだけでリラックス気分に。足馴染みがよくかっこいいサンダルが欲しい

じめじめした梅雨、暑くて汗ダラダラの夏場がいよいよ到来。革靴やスニーカーだと蒸れちゃう。こんな時期に履きたいものといったらやっぱりサンダル。足馴染みがよく、丈夫でまるで裸足感覚!みたいなサンダルだったら毎日でも履きたいですよね。今回はそんな楽ちんでおしゃれサンダルをピックアップしました。

Item1レザーサンダルのロールスロイス! 『ユッタニューマン』

オイルレザーを使用し、履き馴染みがよく足に吸いつくような感覚さえ覚える。その完成されたデザインと履き心地から、レザーサンダルのロールスロイスと呼ばれるほど。ライフスタイルのエッセンスに1足手に入れたい。

Item2カリフォルニア発! 足を覚える『レインボーサンダル』

海を愛するジェイ・スパーキー・ロングリー氏が浜辺に捨てられたサンダルを見て、”丈夫で長持ちするサンダルがあればビーチが汚れないのでは?”と考え創立したカリフォルニア発のサンダルブランド。特別な接着剤で固定された鼻緒、履くほどに足の形を覚えるソール…と職人が手作りで生み出しているため、耐久性も抜群。

Item3アスファルトは草原に! 履くだけでリラックスする『アイランドスリッパ』

ハワイ、オアフ島で生産される『アイランドスリッパ』は日本人、本永瀧蔵氏が1946年の創立。ハワイの伝統的なファブリックやアメリカの厳選されたレザーを使用したリゾートサンダルは自社工場でひとつひとつ手作りで生産されている。最高の履き心地は、慌ただしい時間をリラックス気分にしてくれるとっておきの1足。

Item4人生を楽しむ人へ! スポーツサンダルの代名詞『テバ』

水辺でのアクティブな動きを可能にできるようビーチサンダルにストラップをつけ、足を固定できるスポーツサンダル。最近ではレディースでも街でよく見かけるようになったサンダルの定番アイテム。”人生を楽しむための招待状を”という理念から作られた『テバ』。夏への準備にマストハブになりそう。

Item5履くだけで姿勢の矯正もしてくれる! 『ビルケンシュトック』

『ビルケンシュトック』ブランドを代表するモデルの1つであるアリゾナは1973年に開発されて以来多く の人々に愛されている1足。カジュアルにもタウンにも履ける完成されたデザインが魅力的。コルクのソールは現代人の変形してしまった足裏を矯正する役割もあり、履いているうちに姿勢の矯正もしてくれる。

Item6ロング丈でもショート丈でも! ソックス×サンダルの組み合わせが今年らしい

ハードルが高そうに思われがちのソックス×サンダル。ロングパンツの裾を軽めにロールアップして、同系色でまとめれば、自然に仕上がりますし、膝丈のカジュアルなショートパンツには、固めのシャツできれいに上半身を作って、ひざ下丈のソックスを合わせれば脱力感が丁度いい大人カジュアルスタイルになりますよ。

KEYWORD関連キーワード
サンダル
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

光るのは東京・浅草の職人技術。エンダースキーマの製品を知る

名作スニーカーを革靴として再構築するオマージュラインで有名な『エンダースキーマ』ですが、秀作はそれだけにあらず。数々の珠玉作より、おすすめをお見せします。

山崎 サトシ

レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

山崎 サトシ

足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

池田 やすゆき

チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

スエードやスムースレザーを採用した上品なルックスながらも、カジュアルな雰囲気を持つチャッカブーツ。幅広い着こなしに取り入れられるので、1足あると確実に重宝する。

大中 志摩

女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

“きれいめ”前提のデート服。女性が男性の隣を歩いていて気分が上がるのは、お互いの洋服のテイストが合ったとき! そこで彼女のテイスト別に、理想のデート服を考案。

広田 香奈

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子