夏の休日気分に思いっきり浸るためのショーツルック

心おきなく夏の休日を楽しむためには、オンとオフのスタイルに確実なメリハリをつけて、オフのモードに浸りきることが必要。ショーツを使ったスタイルが効果的なのです!

ライターK

2015.07.01

クリーンもリラックスもハイテンションもキレイめも。ショーツスタイル七変化!

ひとくちにショーツスタイルといっても、ショーツ自体の選び方やほかのアイテムとの合わせ方によって、印象はガラリと異なってきます。ここでは7つの具体例をご紹介!

Style1モノトーンのショーツスタイルですっきりとクリーンに

こちらのショーツは丈が短めで色が黒のため、かなり引き締まった表情。裾が折り返されたダブルの仕様になっていて、センタークリースも入っているので、ショーツでありながら見た目的には上品な方向に仕上がっています。トップスには白を合わせて、すっきりとクリーンなモノトーンスタイルに持っていくのがいいでしょう。

Style2味とリラクシングムードに包まれたサーファースタイル

製品染めと洗いによって味のあるケリーグリーンが表現されたスウェットショーツ。これは間違いなくサーフテイストな夏スタイル向きです。ロゴ入りの霜降りTシャツを合わせたミニマムな着こなしがイチバンだと想います。足元にはスリッポンやエスパドリーユのようにリラクシングムードが漂うシューズを起用しましょう。

Style3ボードショーツは海色グラデーションな配色で街ばきする

本来なら海で着用するボードショーツを街ばきするのが定着している昨今。こちらにはペットボトルをリサイクルした素材が使われていたりして、エコフレンドリーなところも気分。Tシャツとシューズを含め、全身をブルー系でまとめると爽快にしてスタイリッシュな見栄えになります。ターコイズアクセをそえてもいいですね。

Style4街から水辺のアクティビティまでこなすハイテンションルック

アウトドア系ショーツの代表格といえば、『グラミチ』。『ビームス』別注のこちら、素材がポリエステル100%で水陸両用となっています。たとえば、川辺でバーベキューをして楽しんだりする日も安心。トップスにはアメリカンなキャラものTシャツを選んで、テンション高めの休日スタイルに。もちろん、このまま街に出てもOK。

Style5ショーツでも、キレイめ感を打ち出すことは可能だという好例

ベージュカラーのショーツは、キレイめなコーディネートにぴったり。ペールカラーのリネンシャツと組み合わせることで、上品さと清涼感を一網打尽にしたショーツスタイルになります。さらにカーディガンを腰巻きしたり、肩掛けしたりで、いっそう洒脱に見せることが可能です。この場合の足元は、ローファーがベストな選択!

Style6迷彩ショーツを軸にして男っぽさと清涼感を好配合

普段は迷彩柄に腰が引けている人でも、小面積なショーツなら取り入れやすいはず。その男っぽい雰囲気を活かしたスタイルを目指すなら、デニムシャツまたはシャンブレーシャツを合わせるのがオススメです。とはいえ、ラフなイメージに傾きすぎないようにインナーやシューズの白で清涼感を足しておきたいところです。

Style7白シャツとサンダルで迷彩ショーツのアク抜きに成功

こちらは、迷彩柄のキレイめなはきこなし例。白シャツを合わせるのが鉄板です。オックスフォード素材ならトラッド感があり、リネン素材を選ぶと涼しげに、ブロード地であれば洗練された見え方になるなど、同じ白でも生地感で違いが演出できます。いずれにしてもアウトドア系サンダルで抜け感を出すのが今季的。

KEYWORD関連キーワード
ショートパンツ
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事