今欲しいスウォッチとGショックをまとめてみた

1990年代に夢中になった『スウォッチ』と『Gショック』。’90sリバイバルな昨今、大人にとってはスニーカーとともに、また改めて気になるアイテムとして浮上してきました。

桐田 政隆

2015.02.28

モダンにブラッシュアップされた新作に、あの’90年代の名作の復活も!

そこで今発売されているラインアップの中から、おっ!と気になるモデルを2点ずつピックアップ。『スウォッチ』のチープシックなデザイン、ストリートカルチャーを思い起させる『Gショック』。やっぱりどちらも、大人にとっては胸高鳴るものです!

Part.1チープシックさが魅力の『スウォッチ』

『スウォッチ』GENT SIR BLUE

まずは『スウォッチ』の元祖でもあるジェント。プラスチックケースにシリコンストラップ、そして色鮮やかなカラーリングの妙(黒ケースに白文字盤もいいですが…)。昨年発売されたサーブルーは、そんなジェントならではの魅力を継承しつつ、ミッドナイトネイビー×ネオンイエローという、どこかモダンな雰囲気も魅力です。

『スウォッチ』SCUBA LIBRE VOILE BLANCHE

‘90年~’03年まで発売され、絶大な人気を誇ったスクーバウォッチ。本作は’13年にデザインを一新したリブレコレクションの一品。逆回転防止ベゼルのぽっこりとしたフォルムはそのままに、クリアカラーのケース&ベルトも『スウォッチ』好きにはたまりません。ネイビー、オレンジの配色もポップでいながら洗練されてます。

Part.2ストリートカルチャーを思い起させる『Gショック』

『Gショック』DW-5600P-9JF

大定番のスピードモデルにプロテクターを装着し、スケーターを中心に’90年代に大流行したモデルが復刻。しかも、これまた大人気だったイエローってのが懐かしい! こうしたモデルが復刻されるのも、近ごろの’90sリバイバルの証ともいえそうです。当時、定番好きには亜流にも思えたモデルですが、今ならつい手が伸びそう。

『Gショック』 MEN IN RESCUE RED MUDMAN GW-9300RD-4JF

こっちも『Gショック』好きには懐かしいマッドマン。その名のとおり、防塵・防泥に優れるマッドレジスト構造が特徴で、学生時代にわざと砂や泥にまみれさせてみた人も多いのではないでしょうか? こちらは「MEN IN RESCUE RED」というカラーテーマの新作ですが、裏蓋にはお馴染みのモグラの刻印もしっかり健在です。

KEYWORD関連キーワード
クォーツ
スウォッチ(SWATCH)
Gショック(G-SHOCK)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

仕事で着けたい容姿端麗なG。Gスチール推しの5モデル

『Gショック』がファッションシーンにもたらした影響は大きい。ここ最近で言えば、タフネスデザインの新たなカタチを提示したGスチール。その功績とイチ推しを紹介したい。

菊地 亮

大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

Freeamericanidol編集部

経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

“8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

編集フカザワ

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

近間 恭子

定番だから着こなしで差を。レッド・ウィングのコーデ術

老舗ブーツメーカーとして世界的に名を馳せる『レッド・ウィング』。誰もが通るブランドだからこそ、その着こなし方で差を付けるべきだ。人気の5モデルにフォーカス。

編集ムタガミ