女性ウケ間違いなし! ネイビー×白の爽やかコーデ

定番カラーのネイビーと白の組み合わせは、上品かつ爽やかで女性への好印象No.1コンビ。ネイビーと白の分量を加減すれば、きれいめからリゾートテイストまでこなせます!

ai sato

2015.06.26

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

夏のネイビー×白は、いかに軽やかさを出すかがポイントです。

女性が好きな男性ファッションで必ず筆頭に上がるネイビー×白の着こなしを徹底チェック! ネイビーの面積が広いと全体の印象が重たくなりがち。そこでこれからの季節にネイビーと白の組み合わせを楽しむなら、白の分量を多めにして爽やかさを加速させるか、ボトムをショーツやクロップド丈にして軽快さを出すのがベター。

Styling1ネイビーJKを白インナーでさらりとこなす!

MAGASEEK

パイル地で夏仕様に仕上げたネイビーJKは、インナーに白シャツを入れてコントラストの効いた爽やかな雰囲気に。ボトムもネイビーで品良くまとめつつ、細身ショーツなのですっきりしたシルエットでスタイルアップも狙います。足元はネイビーよりワントーン明るい青のスリッポンで、夏らしい差し色アクセントを。

Styling2王道アメカジは、白スキニーでスタイリッシュに!

MAGASEEK

レタードのスウェットに白デニムを合わせた、初夏のアメカジスタイル。どこか育ち良さげなカレッジテイストも、デニムのシルエットをスキニーですっきり見せたことで、ぐっとイマドキ感のあるスタイリングにアレンジ可能。グレーTのチラ見せやシャツの腰巻きなどで、脱・普通に仕上げるひと工夫もお忘れなく。

Styling3シンプルコーデも上品カラーで大人仕様!

MAGASEEK

潔くシンプルなシャツ×ショーツの夏カジュアルだって、ネイビー×白ならご覧のように大人っぽく知的な印象が漂います。ミニマルな着こなしだからこそ、ネイビーと白のメリハリが際立って洗練度が上がっているのにも注目を。このシンプルさを活かして、合わせる小物も眼鏡や時計など必要最低限に抑えて清潔感を強調して。

Styling4ボーダー使いのマリンテイストで少年ぽく

MAGASEEK

フレンチリネンのボーダーカーデに白シャツで、きれいめなマリンテイストを実現した着こなし。足元もカッチリとしたコインローファーで引き締めたので、ボトムはカジュアルなショーツでハズしてバランスを取るのが正解。涼しげな色合いで統一したので、アクセはクールなシルバーが馴染みやすくておすすめ。

Styling5旬のギンガムチェックでフレッシュな印象を加速!

MAGASEEK

今年人気のギンガムチェックも、ネイビー×白なら爽やかさUP! ヘンリーネックTとショーツのシンプルコーデにさらりと羽織るだけで、途端にトレンド感と清潔感が倍増します。ショーツの色とトーンを揃えた足元は、『コンバース』のスニーカーをチョイス。気軽なジャケット×ショーツには、力の抜けたスニーカーが好相性!

Styling6ピンストライプJKで大人の洒落感をプラス

MAGASEEK

白Tとカーゴショーツの爽やかワントーンを、ネイビーのピンストライプJKで大人の風格を感じさせる着こなしにスイッチ! 暑苦しく見えがちなネイビーJKも、夏らしいリネン素材にピンストライプ柄となれば軽快に着こなせます。腕まくりやあえてのアウトドア風なサンダルで、カジュアルに着こなすのがポイント。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
夏の着こなし・コーデ
モテ・好印象
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

平 格彦