“小さめバッグ”の注目株、ファニーパックって?

アクティブな大人が注目する小さめのショルダーバッグ。その中で各ブランドから登場しているのがファニーパックです。それっていったいどんなモノなのでしょう?

編集カク

2018.11.07

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

各ブランドから続々登場のファニーパック

ZOZOTOWN

ファニーパックは、アメリカ英語で“お尻の上にベルトで着ける小さなポーチ”のこと。つまり、日本では“ウエストポーチ(和製英語)”として親しまれてきた、あのバッグです。サコッシュ人気に始まりミニショルダー系のバッグが注目を浴びるなか、ウエストポーチの人気も再燃。それを受けて各ブランドからは“ファニーパック”との呼び名でこぞって登場しています。今季確実にチェックしておきたいバッグのひとつです。

今の気分にマッチする、ファニーパックの魅力

ZOZOTOWN

ベルトの長さを調整すれば、肩から掛けたり、ウエストに着けたりと2WAYで使える便利なファニーパック。コンパクトなのに収納力に優れているところや、体にフィットするのでアクティブに動くときにも邪魔にならないところが魅力です。アウトドアシーンやフェスではもちろん重宝しますが、アウトドアMIXやスポーツMIXなどのカジュアルスタイルが市民権を得ている今、街中での着こなしにもなんなくハマります。色モノや柄モノを選べば着こなしのアクセントになり、シンプルで軽快な夏のスタイルと相性の良いミニマルさも相まって、今の気分にマッチするバッグなのです。

人気ブランドを中心にセレクト。おすすめのファニーパック

軽量かつ耐久性に優れるナイロン製を筆頭に、アウトドアやスポーティなテイストが散見されるファニーパック。人気ブランドを中心に、今チェックしたいアイテムをピックアップしました。

アイテム1『ケルティ』チビ ファニーパック

ZOZOTOWN

『ケルティ』の代表的なアイテムのひとつ「ミニファニー」をよりコンパクトにしたタイプ。大きすぎず、小さすぎず、サコッシュ感覚でデイリー使いするのに適した絶妙なサイズ感です。クラシカルなデザインと、少しくすんだようなレトロなカラーリングが同ブランドならでは。

■DATA
W31×H14×D6.5cm

アイテム2『エベレスト』ナイロンファニーパック

ZOZOTOWN

アメリカ西海岸生まれのバッグブランド『エベレスト』のファニーパックは、必要最低限のモノが入るマチ幅が確保された、うれしい作り。フロントポケットもついており、小さいながらも収納の使い勝手が良いデザインです。ベーシックからポップなカラーまで、揃えたくなる豊富なカラー展開も見逃せません。

■DATA
W28×H16.5×D8cm

アイテム3『ハーシェルサプライ』ツアーミディアム ファニーパック

ZOZOTOWN

カナダ発、誕生から10年も経たずして人気バッグブランドとして定着した『ハーシェルサプライ』からは、個性を演出できる迷彩柄のファニーパックがお目見え。アウトドアの要素をタウンユースに落とし込んだライン「トレイルコレクション」のひとつで、シャープなシルエットとフロントの黒タグが特徴です。耐久性に優れた210デニールのドビーナイロンを使用し、さらには耐水コーティングも施されているので、急な雨にも安心して使えます。

■DATA
W29.5×H15×D5cm

アイテム4『フレドリックパッカーズ』アクティブパック

ZOZOTOWN

自転車乗り向けのアイテムを中心に、幅広いシーンで快適に使えるバッグを展開する『フレドリックパッカーズ』。アクティブシーンに向けた作りながらもシンプルで落ち着いた表情のアイテムを得意とし、日常に溶け込みやすいのが魅力です。こちらは210デニールのオックスフォードナイロンを使用し、薄手ながら耐久性も兼備。重さ約100gと軽快な使用感なので、ストレスなくヘビーユースできる逸品です。

■DATA
W19×H12.5×D5cm

アイテム5『チャムス』スウェットナイロン ファニーパック

ZOZOTOWN

アウトドアブランド『チャムス』のファニーパックは、500mlのペットボトルと長財布が収まる、程良いサイズ感と収納力が魅力。シンプルな作りながら、スマホなどの取り出し頻度が高いアイテムはフロントポケットに、自宅や車の鍵など大切なモノは内側のファスナーつきポケットにと、使い勝手もしっかり計算されています。

■DATA
W45×H20×D12cm

アイテム6『スタンダードサプライ』ファニーパック

ZOZOTOWN

余白美を感じさせるクリーンなデザインが人気の日本ブランド『スタンダードサプライ』。そのファニーパックもまた、装飾をミニマムにしたシンプル顔が上品です。それでいて、取り出しがしやすい本体背面のポケットや持ちやすいように工夫されたコイルファスナー、本体の内側には鍵用のフックや仕切りポケットが装備されており、使いやすさを追求する細やかな配慮が随所に見られます。


■DATA
W33×H15×D6.5cm

アイテム7『イーストパック』SPRINGER ファニーパック

ZOZOTOWN

リュックの定番ブランド『イーストパック』からも小ぶりなファニーパックが登場。体に収まるサイズ感はかさばらず、最低限のアイテムを収納して軽装備で出かけるシーンに重宝します。ダブルジップで左右どちらからでも開け閉めできるのは、さりげなくも使い勝手の良い、うれしい機能。

■DATA
W22×H15×D7cm

アイテム8『コンナデザイン』リフレクトミニミニファニーパック

ZOZOTOWN

大人になっても遊び心を持つ人に向けてアイテムを展開するバッグブランド『コンナデザイン』。フロントポケットつきのクラシカルな作りながら、ボディとジップの色を変えることで個性と遊びを出したこちら。着こなしのさりげないアクセントとして要チェックのファニーパックです。

■DATA
W24×H14×D6cm

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
バッグ
ボディバッグ・ウエストポーチ
サコッシュ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

Freeamericanidol編集部

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子