永久保存版! ポーターの人気シリーズまとめ

読者の中には、初めて買ったバッグが『ポーター』のだったという人も少なくないハズ。83年の誕生以来、多くの名作バッグを生みだし続ける『ポーター』に迫ります。

編集イトウ

2015.06.13

『ポーター』とは

1935年、吉田吉蔵氏が東京の神田に吉田製作所を設立。62年に初の自社ブランドとして『ポーター』を立ち上げました。ブランド名の由来は、ホテルなどで客の鞄を運送する“ポーター”から。83年にはここを代表するタンカーシリーズを発表し、ファッションシーンでも不動の地位を確立しました。

『ポーター』のバッグの魅力とは

今や国民的な鞄ブランドへと成長を遂げた『ポーター』。ここの魅力はずばり、確かなモノ作りにあります。品質維持のため国内生産を貫く『ポーター』は、テーマである「一針入魂」のとおり職人が手作りで一針ずつ縫っています。素材へのこだわりも高く、鞄本来の本文である頑丈さや使い勝手のよさにおいても超一流なのです。

参考:ビジネスからカジュアルまで。ポーターの人気バッグ20選

『ポーター』人気のバッグラインをご紹介!

Series1タンカー(TANKER)

ブランドを代表する、スタンダードかつ人気のシリーズ、タンカー。フライトジャケットのMA-1をイメージし、そのミリタリーテイストをバッグとして初めて採用したアイテムです。軽くて丈夫なボンディング素材の柔らかな質感、裏地のレスキューオレンジは、ひと目でこのシリーズのモノと分かるディテールです。

Series2ヒート(HEAT)

耐熱・耐摩擦・引き裂き強度に優れ、車のエアバッグや防弾チョッキにも採用されるバリスターナイロンをメイン素材に、耐水性のあるターポリンの組み合わせが特徴のシリーズ。黒一色で仕上げるこのシリーズは、質感の対比を楽しむことができ、カジュアルからビジネスなど様々なシーンに対応するバッグや小物が揃っています。

Series3スモーキー(SMOKY)

素材はタテ糸にジンバブエコットンのムラ糸、ヨコ糸にコーデュラナイロン糸を用いて織りあげた、オリジナルのダック生地。炭黒と呼ばれる淡いブラックカラーが特徴で、最近ネイビーカラーも追加されました。こちらのシリーズもバッグや小物が揃っているのもうれしいですね。

Series4フリースタイル(FREE STYLE)

一見するとレザーのようにも見える独特の質感がある生地は、高密度に織りあげたキャンバスの表面にポリウレタンを圧着させたもの。レザーでもなく、一般的なキャンバス地とも異なる質感は幅広い年代から支持を集めており、2004年の登場以来定番となった人気のシリーズです。

Series5ユニオン(UNION)

コットンよりも軽量で、色落ちしにくい特性のあるポリエステルキャンバス生地を採用するユニオン。ワークウェアや工具用腰袋をモチーフとしたデザインが主で、ハードな使用にも耐えられる設計がされています。ブラック×イエローの鮮烈なコンビネーションも特徴です。

Series6ステージ(STAGE)

66ナイロンと同等の強度を誇る高強度中空糸で織り上げたオリジナル生地をメイン素材に、部分的に革を使用したビジネスシリーズ。軽量で鞄が自立するビジネスバッグに求められる機能を追求したこのシリーズは、独自の作り方で制作されています。ブラック・グレー・ネイビーと、ビジネスマンのスーツに映える色展開も◎。

Series7エクストリーム(EXTREME)

アウトドアテイストのデザインをベースに、クールなブラックカラーのみで仕上げられたシリーズ。マットな質感や余計な装飾を削ぎ落としたシンプルなルックスは、アウトドアだけでなくタウンにもなじむデザインです。『ポーター』のブランドネームが刺繍でさり気なく入り、大人の雰囲気が漂う仕上がりに。

Series8ルート(ROOT)

ライトデューティという軽量で強度・耐久性・染色堅牢性に優れ、コットンのような風合いのナイロン生地をツイル織りにした生地に、タンニンなめし革を組み合わせたカジュアルシリーズ。ベーシックなカラーで落ちつきのある表情なので、幅広い年代の方にオススメのシリーズです。

Series9ビート(BEAT)

洗いのかかったコットンキャンバスを基調にした、ユニセックスに愛用出来るビート。丸みのあるデザインと素朴な素材感がカジュアル使いに最適です。付属の革は、アメリカ先住民族の装飾品にも多く使われる、しなやかな手触りが特徴のエルク。ポイントとなるタグや革は、ボディのカラーによって配色が変わります。

マメ知識知ってる? 『ポーター』の名を冠するブランドと『ポーター』の違い

『ポーター』には、『ヘッドポーター』や『ポータークラシック』など、ポーターの名を冠するブランドが多くあります。『ポーター』は吉田カバンのブランド、『ヘッドポーター』は吉田カバンに製造依頼した別注ブランド、『ポータークラシック』は元ポーターの吉田克幸氏・吉田玲雄氏が2007年に設立した別ブランドです。

合わせて読みたい!

『ポーター』はバッグはもちろん、それ以外の小物も充実しています。下記の記事ではアイテム別におすすめをピックアップしてご紹介。

参考
ビジネスからカジュアルまで。ポーターの人気バッグ20選
納得の名作揃い。ポーターの人気リュック一覧
ポーターは財布もおすすめ。大人向きなレザー製を集めてみました
良作揃いのポーターのリュック。タイプ別に狙い目モデルを厳選

KEYWORD関連キーワード
バッグ
ポーター(PORTER)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事