オークリーのサングラスを本格スポーツで、街使いで。今人気の厳選12本

野球やロードレースなどのあらゆるトップアスリートが絶大な信頼を寄せる『オークリー』のサングラス。世界最高レベルといわれる機能性を掘り下げ、その魅力に迫ります。

近間 恭子

2019.06.03

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

圧倒的な機能性でアスリートも愛用する『オークリー』のサングラス

1975年にジム・ジャナード氏がアメリカ・カリフォルニアで設立。設立当初はモトクロスのハンドグリップを取り扱っていました。1980年にスポーツゴーグルを発表後、1984年にはサングラスを主な商品としてアイウェア業界に参入。現在では世界的な地位を確立しています。

同ブランドの強みは、スタイリッシュなデザインと世界最高レベルの機能性・快適性を追求していること。また、”あらゆる状況下においてどう目を守るか”をコンセプトに技術開発を行っており、全世界で約600の特許を取得しています。そんな高性能サングラスはトップアスリートのみならず、米軍特殊部隊SEALsやデルタフォースにも正式採用されているのです。

『オークリー』のサングラスの特筆すべき特徴

『オークリー』のサングラスが支持されているのは、快適性をとことん追求したことによる高い機能性にあります。ここでは4つの特徴をピックアップしてご紹介します。

特徴1特許素材「プルトナイト」を全アイウェアのレンズに採用

一般的にUVカットをうたっている多くのレンズは、表面のみにUVコーティングを施したもので、擦れや傷などによって機能は劣化してします。その点、『オークリー』の特許素材「プルトナイト」はUVカット素材がレンズ自体に練り込まれているので、機能が劣化することもなく、レンズの傷から紫外線が侵入する心配もありません。ちなみに色なしの透明レンズでも紫外線を100%カットしてくれます。

特徴2目的に合わせてセレクトできるレンズの豊富さ

レンズの色や種類が豊富な点も『オークリー』のサングラスの魅力です。例えば偏光レンズ「ポラライズドレンズ」は、路面や水面の反射を和らげてくれるためドライブや釣りにおすすめです。紫外線の量によってレンズの色の濃さが変わる「トランジションズ」は、ロードバイクなどの長時間にわたるスポーツに向いています。その他、実際の視界に即した色味を出す「ニュートラルレンズ」、コントラストを高めることで視界をくっきりさせる「プリズムレンズ」など、サングラスをかけるシーンやスポーツのジャンルに合わせてレンズをセレクトできるのです。

特徴3軽いかけ心地を実現するフレーム素材

幅広い素材を駆使し、軽量性に優れたフレームを採用している点も魅力です。なかでも特筆すべきは、さまざまなモデルに採用されている超軽量特許素材「オーマター」。一般的なサングラスフレームに比べ、紫外線・熱・冷気のいずれにおいても耐久性が強いのが特徴です。ちなみにこの素材は、イチロー氏が着用していたことでも有名な「レーダー」、宮里 藍氏が愛用していた「フラックジャケット」などに使われています。

特徴4視力に合わせた度付きレンズを装着できる「RXプログラム」

眼鏡達人

『オークリー』ではサングラスでも純正の度付きレンズを装着できる「RXプログラム」を提供。カスタム研磨で磨き上げられる世界最高峰のテクノロジーを駆使したレンズと多彩なレンズカラーバリエーションで、視力が低い方でもストレスなく快適なかけ心地を実現しています。フレームによって度付きレンズに変えられないモデルもありますが、これはうれしい機能ですよね。

スポーツシーンに使いたいサングラスのおすすめ8選

世界で活躍するトップアスリートに支持される『オークリー』では、スポーツシーンに適したモデルを豊富に展開しています。そこでスポーツ別におすすめモデルをピックアップ!

▼スポーツ1:ランニングにおすすめのモデル

太陽光を長時間浴びるランニングにおいて紫外線対策は必須。さらに歪みがなくクリアに見えるレンズとランニング中もズレる心配のないフィット感であることも重要です。ここではそれらを網羅したモデルを厳選。

アイテム1レーダーロックパス

境目のないレンズがクリアで広い視野を保ち、フィットしやすい独特な形状が疲れやストレスを軽減して集中力を高める「レーダーロックパス」。さまざまなスポーツ選手が愛用しているモデルですが、なかでもランナーからの人気が非常に高いんです。レンズ上部の穴はベンチレーションのような役割を果たし、レンズの曇りを防ぐ効果も。

アイテム2エムツーフレームXL

ナデシコの森

『オークリー』のスポーツサングラスで人気の高い「エムツーフレーム」から進化した「エムツーフレームXL」。レンズの天地幅を広く改良することで、前傾姿勢時でもより広い視界を確保し、さらにはレンズの端が頬に当たりにくい形状になっています。超軽量の特許素材「オーマター」、雨や汗によるサングラスのズレを軽減する「アンオブタニウム製イヤーソック」を採用するなどのこだわりも満載。

▼スポーツ2:ゴルフにおすすめのモデル

『オークリー』のゴルフ向きサングラスは、コースの起伏や奥行き、芝の状況が把握しやすくなるので、距離感がつかみやすくなるのが強み。さらに紫外線カットのレンズが目へのストレスを軽減してくれるため、プレーに集中しやすくなって好スコアを狙えるかも!?

アイテム3フラックジャケット プリズムゴルフ

メガネのミルック

宮里 藍氏も愛用していた「フラックジャケット」は、ゴルファーからの支持が高いモデルです。レンズ下部にフレームがない設計は、視線を落とすことが多いゴルフ向き。ゴルフ専用に開発されたプリズムゴルフレンズは、ノイズとなる部分をカットして対象物を際立たせるため、くっきりとした視界を提供します。芝生とラフの境目などをはっきりと視認できる優れモノなのです。

アイテム4フラック2.0

「フラックジャケット」に比べると天地幅が5mm広く、視野の確保に優れる「フラック2.0」。アジアンフィットフレームを採用しているため、日本人の顔にも抜群にフィットする仕上がりです。テンプル部分のラバーが長く、湾曲しているのでフィット感をより実感できるはず。

▼スポーツ3:野球におすすめのモデル

イチロー氏をはじめ、多くのプロ野球選手が愛用している『オークリー』のサングラス。野球においては、強い紫外線や風、ホコリなどから目を守り、フライボールなどをはっきり認識できるかどうかを重視して選ぶのがおすすめ。

アイテム5レーダーロックパス プリズムフィールド

「レーダーロックパス」は野球にもおすすめです。長時間のプレーにも耐えるフレーム設計、ノーズパッドやイヤーソックには汗などの水分を吸収するとグリップ力が増す「アンオブタニウム」を採用するなど、あらゆる面でパフォーマンスの向上をサポートしてくれます。プリズムレンズによって、ボールが景色に紛れずしっかりと目で追うことが可能。

アイテム6ハーフジャケット2.0

『オークリー』の代表的なスポーツモデル「ハーフジャケット」の持つ使い勝手の良さはそのままに、「ハーフジャケット2.0」は超軽量かつ流線的なテンプルになっているのが特徴。耐久性や優れたフィット感、クリアな視界を映し出すプルトナイトレンズなど、さまざまなスポーツに対応する数々の機能を備えています。

▼スポーツ4:サイクリングにおすすめのモデル

自転車用サングラスに適しているのは、顔を覆うようなカーブの深いレンズ。これは飛び石やゴミなどから目へのダメージを防ぐことができるからです。さらにまぶしさを抑えて路面のコンディションの把握を助ける機能を備えていると◎。

アイテム7イーブイゼロパス プリズムロード

かつて“限りなく0gに近いサングラス”として開発されたゼロシリーズから、最新テクノロジーと新デザインを纏って登場した「イーブイゼロパス」。視界を遮らないフレームレスのシードルレンズ仕様や、最軽量に設計されたデザイン、高いフィット感が特徴です。プリズムロードレンズは、路面のコンディションを素早く察知でき、安全で快適なライディングを可能にしてくれます。

アイテム8ジョウブレイカー プリズムトレイル

前傾した際の視野の確保やテンプルの長さ調整など、新たなテクノロジーを搭載した本モデル。プリズムトレイルレンズを採用することで、路面状況や障害物の認識もしやすくなっています。フレームは軽量でかけ心地にも優れたカーボンファイバー製。

タウンユースにおすすめしたい、スタイリッシュなサングラス4選

『オークリー』のサングラスはスポーツ向けだけではありません。タウンユース向きのスタイリッシュなデザインも豊富に展開しています。サングラス必須のこれからの季節に向けて新調してみては?

アイテム1ラッチ

キーホールブリッジとラウンドレンズでクラシカルな雰囲気の漂う「ラッチ」は、感度の高いアスリートやスケーターにインスパイアされてデザインされたもの。サングラスをTシャツなどのネックにクリップ止めできるように、ヒンジには専用ピースが搭載されています。

アイテム2ホルブルック

スノーボード界のレジェンドであるショーン・ホワイト氏と、彼の兄弟で『オークリー』のクリエイティブディレクターを務めるジェシー・ホワイト氏の協力によって生まれたモデル。オーソドックスなデザインと最新技術が調和した1本は、デザインも機能も求める人にうってつけです。ヒンジ部分のメタルリベッジのアクセントがクールな雰囲気を放ちます。

アイテム3メインリンク

メガネのミルック

アスリートのために開発されたハイスペックモデル「クロスリンク」のデザインを継承する「メインリンク」。フレームに「オーマター」、ノーズパッドとイヤーソックに「アンオブタニウム」を使っているので、スタイリッシュなだけでなく、快適にフィットして目を守ってくれます。夏コーデのアクセントにも最適です。

アイテム4トリルビーX

比較的顔の小さい人向けにデザインされたトリルビーコレクションより。新たに加わった軽量フレームは、丸みを帯びたフロントと造形的なキーホールブリッジが特徴です。ベーシックながらもどこかヴィンテージ感が漂い、着こなしにしゃれ感を添えてくれるはず。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
オークリー(OAKLEY)
アイウェア
サングラス
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮