実は1モデルだけじゃない! ニューバランス990のバリエーション解説

高機能ランニングシューズとして誕生した『ニューバランス』の初代990。“990番台”シリーズのベースモデルとして、今もなお色あせないその魅力を解き明かす。

小林 大甫

2018.04.30

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

おしゃれな大人がこぞって愛用。990こそ『ニューバランス』の旬モデル

ZOZOTOWN

『ニューバランス』からリリースされているシューズの中でも、ランニング用のハイパフォーマンススニーカーとして1982年に生まれたのが990。以降、995→996→997……と改良とリリースを重ねながら“990番台”は広く世間に浸透。ただし、この990はランニングシューズのフラッグシップモデルとして、品番を変えずにアップデートを重ねている同ブランド屈指の名作。各時代に沿って進化し続けている『ニューバランス』のアイコン的存在であり、チェックしておいて損はない。

合わせて読みたい:
品番も機能もおすすめも。ニューバランスのスニーカーに詳しくなる!

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

『ニューバランス』の990。そのラインアップとそれぞれの特徴とは?

990はアップデートのたびに履きやすさとデザイン性を向上させてきた。とはいえ、往年のモデルが最新のモデルに劣っているわけではない。時代ごとに、その時代ならではの機能やルックスを兼備している。ここではそのラインアップから、990の歴史を見ていこう。

モデル1M990

LIMITED EDT

誕生から35年、今でもなお販売し続けられている初代990。990という品番には“1000点中990点を取るほどのシューズ”というコンセプトが込められているという。レトロなルックスに、当時革新的だったテクノロジーを併せ持つアイコンモデルだ。

LIMITED EDT

発売当初からMADE IN USAにこだわり、現在でもそれを貫いている。優れた安定性とクッショニングを実現する、ENCAPやモーションコントロールデバイスをヒール部分に搭載。また、ソールには“ビブラムソール”を採用し、1982年当時では最先端となる機能性を誇る。

モデル2990v2

WOODY COMPANY

1998年に誕生した990v2。初代とは異なるハイテク感あふれるデザインと、タンに大きく刺しゅうされた品番の990がポイントだ。ファーストカラーであるこのグレーモデルもいいが、挿し色としてはこちらのバーガンディも秀逸。『ニューバランス』と990をぐっと都会的な印象へと格上げしたパイオニア的1足だ。

WOODY COMPANY

デザインと機能の両面において、初代と大きな違いとなるのがソール部分だ。ABZORBを搭載した一体型のミッドソールにより、クッション性と走行安定性が向上。ランニングシューズとしての性能を高め、スポーティなルックスへと促した。v2もMADE IN USAを貫いている。

モデル3990v3

LTD online

990の3代目モデルとして2012年に誕生した990v3。かのスティーブ・ジョブズ氏が愛用したという、992のムードを味わえる後継モデルとしても有名だ。全体的なベースデザインはv2とほぼ近く、アッパーにややメッシュ部分を増やすことで通気性を高めている。

LTD online

こちらもMADE IN USA。初代同様にENCAPを搭載したミッドソールに加え、水はけや体重の掛かり方を計算してアシンメトリーに配置したアウトソールの溝など、機能性についてさらなる追求が見られる。赤のワンポイントでブランドロゴをさりげなく主張したタンが、程良いアクティブさを演出。

モデル4990v4

LTD SPORTS ONLINE STORE

2016年に誕生した990v4。夜間でもより安全なランニングを実現するべく、トゥ、ヒール、Nマークにリフレクターを採用して360度どの角度からでも反射が確認できるようになっている。さらなる進化を遂げた機能性とスタイリッシュな足元の構築、その両立をぜひ味わってほしい。

LTD SPORTS ONLINE STORE

ENCAP構造に、最新技術によるアップデートを施して採用。それにより、990番台最高峰のクッショニングとやサポート性をかなえた。また、履いたときの足を包み込むようなフィット感も確保し、履き心地の良さや疲れにくさを高い次元で実現している。

モデル5990v5

ZOZOTOWN

990シリーズの最新作として2019年に登場したのが990v5。前作までのレトロなムードを保ちつつも、よいクリーンで現代的なデザインに仕上げられている。ピッグスキンスエードと通気性が良好なメッシュ素材というコンビは、まさに990と言ったところ。

ZOZOTOWN

ルックス面だけではなく、履き心地をサポートするソールユニットやディテールでもバージョンアップがなされている本作。ソールはENCAPとABZORBによる新たなミッドソール構造を採用。履き口を覆うように装備したTPU素材により、サポート性も高まっている。なお、同モデルは『ニューバランス』のシューズカスタマイズサービスである「NB1」でカラーリングのアレンジが可能。インラインのベーシックなカラーだけではなく、自身が好む配色が楽しめるサービスでの購入も視野に入れてみては?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

リアクトって何?エアとの違いは?ナイキ リアクトの機能とラインアップ

『ナイキ』の新たな機能靴「リアクト」シリーズに注目。「リアクトとは?」という基本から、エアとの違い、そしてラインアップまで幅広く紹介します。

本間 新

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子