今アウター買うならこの1着。取り外し可能なライナー付きコートが万能すぎる

これからコートを買うのなら、本命はライナーの取り外しができるタイプ。寒い時期はもちろん、暖かくなっても活躍してくれる優れモノだ。狙い目のモデルを厳選して紹介!

松山 裕輔

2018.02.05

取り外しのできるライナーがコーディネートの幅を広げる

ここでいうライナー付きコートとは、着脱が可能なダウンやキルティング、ボアなどの裏地、いわゆるライナーを付属しているコートのこと。真冬はアウター+ライナーで、春先はアウター、あるいはライナーを単体で。3通りの着方で長く使えるのが、ライナー付きコートのストロングポイント。こんなに便利なアイテムを活用しない手はない。

狙うべきは、“単体で着てもさまになるライナー”が付いた1着

これまでライナーを単体で着るスタイルはあまり見られなかったが、ここ最近はそうした着方がトレンド、いや、もはやスタンダードになりつつある。いわゆるミリタリーウェアのライナーを模したコートが人気を呼んでいるのもその証拠。ライナーは袖があるモノとないモノとに分かれるが、どちらにしても1枚でさまになるものを選ぶべし。

真冬と春先。ライナー付きコートはこう活用せよ

気候によって着方が変わるライナー付きコートのコーディネートを、冬と春とで見比べてみよう。冬はライナーとして、春はアウターとして、それぞれの扱いによって、着こなしに差が付くことがわかるはずだ。

冬の着こなし冬はアウターとライナーのレイヤードを楽しむ

ライナーを中からのぞかせたレイヤードスタイルは、上級者の着こなし。単調になりがちな真冬のスタイリングに有効だ。オリーブカラーを基調としたアーシーな色合わせが、より洗練された印象を与える。

春の着こなしライナーを主役に。アウターはコーデのポイントとして添えても◎

ステンカラーコートのライナーであるダウンベストを主役に。上品なコーディネートをベストとキャップで絶妙にカジュアルダウンさせている。アウターを手に持つとこなれ感が増すので、この技はぜひ取り入れたい。朝晩と昼とで気温の差が激しい時期にうってつけだ。

今から春まで長く着られる。狙い目ライナー付きコート10選

定番のステンカラーコートやトレンチコートからトレンドのモッズコートまで、人気ブランド&セレクトショップがリリースするライナー付きコートをリストアップ。デザインによってはオンとオフで兼用できるので重宝するだろう。

由緒正しきフランスのワークウェアブランドによるステンカラーコート。ツイル生地のアウター、ダウン仕様のライナーともにエレガントな仕上がりで、大人にふさわしいアイテムとなっている。オリーブとネイビーの2色展開だが、どちらとも実に捨てがたい。

すっきりとしたライトダウンベストは1枚での着用も可能。合わせるインナーによってさまざまなレイヤードが楽しめる。

アウターには防風フィルムを貼り付けたポリエステルメルトン、ライナーにはシンサレートの中綿を使用し、高い防寒性を備えたアイテム。フードの着脱も可能であり、むだのないクールなデザインは、ビジネスシーンでも活躍してくれることうけあいだ。

ライナー単体では薄手のブルゾンとして活躍。前述したとおり、シンサレート中綿を使用しているため軽量かつ保温性にも優れいてる。

イギリスのファッションブランド『フレッドペリー』からは、人気のモデルがエントリー。バックサテンに撥水&防汚の加工を施した、最新形のモッズコートがこれ。

ライナーはキルティング仕様のブルゾンになっており、多少の寒さなら単体でも着ることができる。

MADE IN USAにこだわった質の高いアイテムを展開する『フィデリティー』。この60/40クロスを使用したマウンテンパーカーも、その例外ではない。

ライナーのボアフリースベストにはロゴのワッペンもあしらわれ、もはやライナーとは思えぬ完成度の高さ。もちろん保温性も申し分なし。

日本が誇るミリタリーウェアブランドの雄『ヒューストン』のモッズパーカー。キルティングのライナーはもちろんのこと、フードやファーの着脱も可能で、バリエーション豊かな着こなしを楽しめる。XXX-SMALLからLARGEまでの6サイズ展開もありがたい。

中綿入りのライナーは保温性の高いナイロン素材を使用。ヘチマ型のステッチ仕上げで、1枚で着用してもコーディネートの主役になる。

一見したところシンプルなステンカラーコートだが、アウターはフィルムを挟んで防風性を高めた3層構造の特殊生地、ライナーは保温性の高いタイオンのダウンを用いた高機能なモデルである。シーンを選ばずに着ることができる万能3WAYコートといえよう。

表地には420タフタの撥水高密度ナイロン、中綿にはタイオンの高撥水加工ダウンを使用した高いスペックを誇る1着。水や汚れに強い仕上がりが魅力だ。

N-3Bをアップデートしたジャケットは、カジュアルさとシックさを併せ持った独特な面持ち。ライナーを取り外せば、裏地がメッシュ素材のライトアウターへと早変わりする。

ダウンを使用したライナーは光沢のある素材使いが特徴で、艶やかなムードを醸し出す。アウターもライナーも、タイトなボトムスを合わせたシャープなスタイルがおすすめだ。

アスレチック&カジュアルアパレルを得意とする『ジムマスター』のマウンテンパーカー。防寒性と耐久性を兼ね備えたジャーマンクロス生地を使用して機能性の高い1着に仕上げている。

暖かみのある素材にフード付き&ブランドネーム入りと、ライナーにも深いこだわりを感じさせる。

明るい色のベージュが目を引くステンカラーコート。軽く羽織っても板に付く、ラフな素材感が男らしさを引き立ててくれる。

ライナーにはキルティングのベストを採用し、こちらも奇をてらわないストレートな作りが好印象。この機会に手に入れておきたい。

デニム素材を使用したオリジナリティーあふれるライナー付きコート。ロング丈とドロップショルダーの仕様が今っぽさを演出する。カラーはブルーとブラックの2色展開。

ライナーの中綿入りベストはフロントにジップとボタンを配し、デザイン面、機能面でもポイントに。

KEYWORD関連キーワード
コート
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事