定番色からの脱却を。2018年トレンドの“色”事情をキャッチ

2018年のトレンドとして注目されているパステルカラーですが、定番色を好む大人にとっては少々抵抗もあるはず。どう取り入れるべきか大人な着こなしテクを紹介します!

編集カツラガワ

2018.01.07

2018年の注目カラーはパステル

2018年春夏の展示会で多くのブランドが打ち出していたトレンドの1つがパステルカラー。淡いブルーやピンク、グリーン、イエローなど春らしく柔らかな色が注目されています。とはいえ、ネイビーやグレーなどベーシックな色を好む大人の男性にとって、パステルカラーを取り入れるのはハードルが高いもの……。しかし、淡く柔らかい色みはコーデに馴染みやすいため、意外と取り入れやすいんですよ。定番色でマンネリしがちな着こなしも、パステルカラーを取り入れるだけで鮮度アップ確実! 2018年はパステルカラーに挑戦してみませんか?

どう着る? 大人流パステルカラーの取り入れ方

一見取り入れるのが難しそうなパステルカラーのアイテムたち。おしゃれな大人のコーデサンプルより、取り入れるポイントを解説していきます。

着こなし1パステルカラー初心者はインナー使いがおすすめ

パステルカラーのフェミニンな雰囲気に抵抗があるならば、インナーで取り入れるのが正解。さらにブラックを合わせれば、甘さを抑えた男らしい着こなしが可能です。こちらはモノトーンの着こなしに淡いピンクを投入した好例。パステルカラー初心者におすすめの配色バランスです。

このコーデで取り入れたパステルカラー『ジャーナルスタンダード レリューム』USA裏毛パーカ

春らしい淡いピンクが目を引くスウェットパーカー。ドロップショルダーでゆったりと着られる1枚に仕上がっています。着れば着るほど風合いが増すUSAコットンを使用しているため、愛用することで色合いの変化も楽しめそう!

着こなし2春気分を高めるなら上下を淡いトーンで揃えて

爽やかなサックスブルーのニットは今の時期から春先まで使える優れモノ。今の時期はアウターの下からチラリ覗かせて春を先取り、暖かくなったらこれ1枚で春気分満点の着こなしを楽しみましょう。ボトムスにはニットと同トーンの明るいベージュのパンツをセレクト。軽快な着こなしに仕上がります。

このコーデで取り入れたパステルカラー『アーバンリサーチ サニーレーベル』3Gワッフル編みニット

女性らしい印象のパステルカラーですが、寒色系なら大人の男性も取り入れやすくおすすめです。シンプルな無地ですが、ワッフル編みのディテールによって1枚でも存在感抜群。ブルーのほか、ピンクやラベンダーなどのカラーバリエーションが揃っています。

着こなし3カジュアルにパステルカラーを取り入れるならパーカーが最適!

春のワードローブに欠かせないスウェットシャツやパーカーはついベーシックな色を選びがちですが、今季は断然パステルが狙い目です。定番のチノパン、白スニーカーの着こなしも、淡いグリーンのパーカーのおかげで新鮮な雰囲気に。鉄板コーデこそ、パステルカラーを投入してみては?

このコーデで取り入れたパステルカラー『アーバンリサーチ ドアーズ』カラーフーディ

フレッシュでやさしい印象を持つパステルグリーンのパーカーはカジュアル着として取り入れやすいアイテムです。程良くフェード加工が施された色落ちしたような風合いもまたいい味を出しています。

着こなし4さりげなくパステルカラーをMIXするなら小物で投入

続いてはパステルカラーを小物で取り入れた好例。ブラウンやグレーなど落ち着いた配色の着こなしに、サックスブルーのガチャベルトをプラス。さりげないポイント使いではありますが、コーデのアクセントとして効果を発揮しています。

このコーデで取り入れたパステルカラー『ジュンレッド』G.Iゲバルトテープベルト

着こなしのさりげないアクセントになるガチャベルト。ベーシックな色に加え、ストリート色の強いビビッドカラーが多くリリースされている中、こちらのパステルカラーは新鮮です。

着こなし5定番だけど雰囲気が見違える、パステルカラーのボーダーが主役

最後に紹介するのは柄でバステルカラーを取り入れた着こなし。ピンク、イエロー、ブルーのボーダーがMIXされたクレイジーパターンですが、淡い色みなので主張しすぎず取り入れやすいアイテムとなっています。キャップやベルトの色をボーダーから拾ってリンクさせることで統一感を出している点にも注目です。ボトムスには濃厚ジーンズをセレクトして淡色コーデの締め役に。

このコーデで取り入れたパステルカラー『オーシバル』×『ビームス』別注 クレイジー ボーダーカットソー

『オーシバル』を代表するボーダーカットソーを、パステルカラーを組み合わたクレイジーパターンに仕上げた『ビームス』別注モデル。カラフルな配色で遊び心あるデザインに仕上がっています。

パステルカラーを取り入れて旬な着こなしに挑戦しましょう!

大人流のパステルカラーの着こなし方をお届けしてきましたがいかがでした? 意外と挑戦できそうと思った方も多いはず。基本的には定番色をベースにパステルカラーを取り入れればOK。着こなしの鮮度もアップし、一気に春らしい装いに仕上がるのでぜひ試してみてください!

KEYWORD関連キーワード
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

平 格彦

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦