5,000円以下でリサーチ。まだまだ買い増ししたいスウェットトップス

秋から春まで活躍するスウェットシャツやパーカー。お気に入りの1枚だけでは心もとないでしょうから、2枚目に選びたいコスパに優れた同アイテムをピックアップしました。

Freeamericanidol編集部

2018.11.26

買い増しするなら、懐にやさしくておしゃれなモノがイイ

冬本番の今の時期、すでにダウンジャケットやコートなどの主役アウターを新調し、日々活用されている方は多いでしょう。

合わせて読みたい:
ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

スーツに好相性。ビジネスで着たいコート30選

一方で、アウターを着回すためのインナー探し、特に春先まで使えるスウェットシャツやパーカーをまだまだ買い足したいと思っている人は多いはず。

そのコスパに驚き! 5,000円以下で買えるスウェットシャツ&パーカー

言わずもがなの定番ブランド&ショップの中から、5,000円以下で購入できるスウェットトップスをピックアップ。無地でベーシックなカラーを買い増すのはもちろん、着こなしのアクセントになるロゴデザインや色みをセレクトするのもおすすめです。

ブランド1『ナノ・ユニバース』ビッグシルエットスウェットパーカー

トレンドのドロップショルダー&オーバーサイズを取り入れた『ナノ・ユニバース』のパーカー。だらしなさを感じさせないオーバーサイズのシルエットは、大人の着こなしにもすんなり馴染みます。

ブランド2『フリークスストア』タートルネック プルオーバースウェット

防寒性とトレンド性十分なタートルネックは今シーズンのマストバイ。ニットを手に取りがちですが、洗濯に困らないスウェット地のモノもおすすめです。『フリークスストア』のそれは12ozのオーバーシルエットにより、今らしさも加味しています。

ブランド3『アーバンリサーチ サニーレーベル』

ピグメント染めによるヴィンテージライクな色みが印象的なアイテム。さり気なく存在感を主張する同色・同素材のエルボーパッチが、旬のクラシカルなムードをさらに高めています。明るいイエローはダークトーンが多くなりがちな冬コーデのアクセントとしてもGOOD。

ブランド4『ユナイテッドアスレ』スーパーヘビーウェイトフーディースウェットパーカー

高コスパな無地アイテムを得意とする『ユナイテッドアスレ』。ミニマルなルックスながらも12.7ozの厚みがあるため存在感は十分。同ブランドらしいコストパフォーマンスの高さを誇るこちらは、サイズ違いでそろえるのもありですね。

合わせて読みたい:
無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

ブランド5『417 エディフィス』カットデニム クルーネックスウェット

まるで色落ちデニムのような表情は、薄手のスウェットシャツにインディゴ染めを施すことで表現。ニット素材で切り替えた胸ポケットやカットオフ仕上げの袖口など、随所に同ブランドらしい細やかなディテールが光ります。爽やかなライトブルーは今シーズンから春先まで、長い期間愛用できるでしょう。

ブランド6『チャンピオン』裏毛刺繍プルパーカー

『チャンピオン』といえばリバースウィーブやメイドインUSAモデルが人気ですが、コストパフォーマンスに長けたエントリーモデルも見逃せません。

合わせて読みたい:
キング・オブ・スウェット。チャンピオンならではの6つの魅力

シリーズ中最も手頃な価格設定でありながら、ロゴ刺しゅうやカンガルーポケットなど定番のディテールはしっかりと押さえています。ぬくもりのある肌触りが心地良い裏起毛素材というのもうれしいポイント。

ブランド7『グローバルワーク』ダンボールニットスウェットパーカー

『グローバルワーク』からはドロップショルダー&ビッグシルエットという旬顔のスウェットパーカーが登場。ダンボールニットならではのふっくらとした素材感はシーズンムード満載です。シルエットをじゃましないよう縦割りのポケットを装着するなど、さり気ないこだわりにも注目を。

ブランド8『ベースコントロール』ダンボールニット スウェット

『ベースコントロール』はダンボールニット素材を使用。着心地へのこだわりが詰まった本アイテムは、柔らかな風合いでありながら着込むほどに体に馴染むしっかりとした素材感が魅力です。男女問わずユニセックスで着られ、スポーツミックスの着こなしにおすすめ。

ブランド9『グリーンレーベル リラクシング』MC オパール スウェット クルーネック

余計なディテールをそぎ落とし、とことんベーシックに仕上げたスウェットプルオーバー。程良くゆとりのあるシルエットとクセのないルックスは、アウターやシャツとのレイヤードスタイルにうってつけです。

ブランド10『コーエン』ボアフードボリュームネックパーカー

ボリューム感のあるネックがインパクト抜群の『コーエン』の1枚。マフラーいらずで見た目にも温かな裏ボアのボリュームネックは、ドロップショルダーと合わせてリラックス感を演出するのに効果的です。綿とポリエステルの混紡素材が、暖かく軽やかな着心地を約束してくれるでしょう。

KEYWORD関連キーワード
スウェット・トレーナー
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

平 格彦

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

山崎 サトシ