洗練された日常着。ソフが展開する3ブランドが大人に似合う

ソフが展開する『ソフネット』などの3ブランドは、機能美に満ちたデザインが魅力。今どきなスポーツMIXに使えるアイテムも豊富なため、大人こそ活用したいところ。

平 格彦

2018.01.02

ご存じですか? ソフこそ大人が頼れるユーティリティーなアイテムの宝庫です

1998年に設立された社名と同名のブランド『ソフ (SOPH.)』は、最近のトレンドとなっている “90年代” の最終形ともいえる存在。ミリタリーやアウトドアの機能的な仕様や素材を取り入れつつ、ミニマムなデザインに落とし込んでいます。ちなみにブランド名は“Sophisticated (洗練)”の最初の4文字を取ったもの。文字通り洗練された日常着を提案し続けています。

その後、ブランド名は『ソフネット (SOPHNET.)』に改名。社名として “ソフ” が残り、『エフシーレアルブリストル (F.C.Real Bristol)』や『ユニフォームエクスペリメント (uniform experiment)』というブランドもスタートしました。それぞれ着眼点は異なってもいても、機能性を重視している点は共通。大人にふさわしいユーティリティーなアイテムが揃っています。

また、機能的で洗練されたアイテムというだけでなく、スター柄やロゴといったストリートライクなデザインをさり気なく取り入れているのもソフが展開するブランドに共通する大きな特徴。時には、音楽、アート、インダストリアルといったカルチャーのエッセンスまで融合しています。常に進化しているからこそ、3ブランドともいまだに高い人気を誇っています。

ソフが展開する3ブランドとそのおすすめアイテムが知りたい

ここからは、ソフが展開する3つのブランドを詳しく解説しつつ、アウターを中心におすすめアイテムを紹介。独創的をバランス良く取り入れたデザインが、大人のカジュアルスタイルにハイセンスな刺激を与えてくれるはずです。

ブランド1『ソフネット』

洗練された日常着がベース。機能性を取り込むことで都市生活の快適なリアルクローズを追求し、『ソフ』誕生以降のストリートファッションに大きな影響を与えてきました。柳宗理氏やイームズ氏などのクリエーションに着目したコレクションを展開したり、現代美術家の宮島達男氏、英国アートの巨匠であるジュリアン・オピー氏、アメリカのジャック・ピアソン氏などとコラボレートしたりと、その視点は常に革新的。

モッサーメルトン ロングピーコート

定番となっているピーコートは、左袖の先端付近にレイアウトされたジップポケットがアイコニック。チケット類やカード類などを入れておくのに便利です。表地は、軽量でソフトなモッサーメルトンを採用。その質感に加え、長めのレングスが落ち着いたムードを生み出します。レザーでトリミングしたハンドウォーマーポケットはオーセンティックな雰囲気。その一方で、裏地に星柄を並べるなどポップな遊び心も潜ませています。

『ショット』レザーライダースジャケット

ライダースジャケットの名門ブランド『ショット』とのジョイントワークによるシングルライダース。1960年代に誕生した名作「641」をベースに、胸のジップポケットを省略しつつ左の袖先に『ソフネット』ならではのディテールとなるジップポケットを追加しています。ソフトなシープレザーを使用してストレスフリーな着心地を実現しつつ、スター柄のライニングで着脱時に個性を追加するなど抜かりありません。

『バートン』ライトウェイト フードブルゾン

フラッグシップショップの18周年を記念した『バートン』とのコラボレーションコレクション。世界のスノーボーダーに愛されるブランドとの共同制作で、非常に軽快なパッカブルフード付きのブルゾンを生み出しました。今回のテーマである “ネオンシティー&スノーマウンテン” を表現したグラフィックが印象的。バックとフードトップにそれぞれ、両ブランドのロゴをリフレクトプリントでレイアウトしています。

リバーシブル マウンテンパーカー

使い勝手の良いシンプルなマウンテンパーカーがベース。コットン60%×ナイロン40%のオーセンティックなアウトドアマテリアルの風合いを感じさせる面だけでなく、光沢感のあるカモフラージュ柄のナイロンタフタ生地も選べるリバーシブル仕様になっています。汎用性が抜群で、1枚着あると重宝します。

『ティンバーランド』アイコン シックスインチ プレミアム ジップブーツ

『ソフネット』による別注のブーツは、サイドジップで着脱しやすいようにアレンジするのが恒例。これは『ティンバーランド』定番のシックスインチブーツがをベースに、ブラックで統一することでクールに仕上げています。防水レザー、防水シームシール、保温性に優れるプリマロフト、耐久性やグリップ性能が高いラバーアウトソールなどを投入しているため、冬の悪天候でも頼りになる1足です。

ブランド2『ユニフォームエクスペリメント』

2008年に実験的なプロジェクトとして、藤原ヒロシ氏と清永浩文氏の連盟でスタートしました。既存のルールにとらわれない自由な発想でシーズンキーワードを設定し、さまざまなグラフィック、カラーリング、マテリアルを取り入れながら新規性と継続性が共存するプロダクトを展開しています。

パデッド ファーブルゾン

ヘビーゾーンで使用される防寒性の高いフライトジャケット、N-3Bをベースにしつつモダンなスペックにブラッシュアップ。中綿に保温性の高いシンサレート、表地に水や汚れをはじくフッ素樹脂加工を採用するなど、機能面に優れたアウターです。フードにリアルコヨーテファーを用いてリュクス感を加味する一方、裏地のスター柄でポップな遊び心ものぞかせます。

UENミニタリー スタンドカラーコート

モッズコートをベースにしながら、フードを省いてシンプルなスタンドカラーコートに仕上げた1着。ヴィンテージのバックサテン地を用いることで、リアルなミリタリー感も表現しています。バックプリントのロゴでさり気なく、ブランドのアイデンティティーを主張するバランスが秀逸。

ボーダー レイヤード プルオーバーフーディー

コットン100%素材のシンプルなスウェットパーカーと思いきや、袖口と裾にボーダーカットソーをドッキングすることでフェイクレイヤードデザインに。ギミックを効かせることでさり気なく個性を主張できるデザインは、『ユニフォームエクスペリメント』の真骨頂です。

エーエムビー ベルクロスニーカー

リレーションシップを継続しているシューズブランド『エーエムビー/Amb』とのコラボスニーカー。トレンドのストリートテイストを意識しながらも、高品位な素材とシンプルなデザインで大人なムードに仕上げています。特徴的なベルクロはデザイン上のアクセントだけでなく、フィット感を高めるディテールとしても機能。

スター トートバッグ

星を散りばめた総柄は『ユニフォームエクスペリメント』を代表するモチーフのひとつ。アクセントカラーやサークルサンダーロゴをランダムに配置したデザインがセンスの良さを感じさせます。ストリート感をまとったトートバッグですが、クラス感のある素材で大人なムードに昇華しています。

ブランド3『エフシーレアルブリストル』

カタカナ表記だとわかりづらいかもしれませんが、“F.C.Real Bristol”という架空のサッカーチームがブランド名。当初は『ソフ』の中のコレクションでしたが、1999年に独立展開をスタートしました。チームを取り巻くすべての人々をイメージし、サッカーウェアをファッションアイテムに落とし込んでいます。
そのコンセプトに『ナイキ』が共感してオフィシャルサプライヤーとして参加し、画期的なWネームのブランドとして展開していました。2016年の春夏シーズンからは再びソフの単独展開に。大人なスポーツMIXに重宝するクールなアイテムを提案し続けています。

38スター リバーシブル ブルゾン

今季で38シーズン目であることを星の数で表したブルゾン。リバーシブル仕様で、反対の面は色を斜めに切り替えたバイカラーデザインになっています。適度にワイドなシルエットに加えて、裾のリブが90’sテイストを強調。セットアップのパンツも別売りで展開しています。

ロング コーチジャケット

90年代のムードを象徴するアウターとして人気のコーチジャケットをロング丈とフードでアレンジ。2.5層構造のストレッチナイロンを使用しているため、防水性と防風性に優れています。フードのフチや左胸にロゴをオン。さらに、袖プリントがストリートテイストを強調しています。

3ボタン ツアージャケット

軽くてストラッチも効いているムーブフィット生地を採用。洗練されたスリムなシルエットのジャケットですが、動きやすい仕上がりを実現しています。左胸のエンブレムがブレザー風の品格を加味しているため、大人なコーディネートにマッチ。合わせるパンツを選ばず幅広く着回せます。

ロングスリーブ ライン ピステ

ここ数シーズン展開している人気のピステ。ちなみにピステとは、プルオーバータイプのスポーツ用ジャケットのことです。今作は、フロントのエンブレムロゴと袖のラインが特徴的。バックにプリントされたバイアスライン入りのビッグロゴも個性を主張しています。裾のドローコードで腰周りのフィット感を調整可能です。

カモフラージュ ジェットキャップ

カモフラージュ柄を全面的に採用したジェットキャップは、旬なストリートテイストが魅力。やや浅めのフォルムと、フロントの“F.C.R.B.”というロゴ刺しゅうが特徴的です。存在感があるのでコーディネートのスパイスにもうってつけ。背面側にはスムーズにサイズ調整ができるアジャスターも付属しています。

KEYWORD関連キーワード
スポーツファッション
ソフネット(SOPHNET.)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事