大人が欲しがるコスパ良好スーツはアンダー5万円でも納得のクオリティ

一張羅のスーツは多少値が張るモノでも、普段使いのスーツはコスパの高いモノを選びたいと考える人は多いはず。価格以上の品質を備えたスーツはどう選べばいいのでしょう。

近間 恭子

2017.12.12

大人が選ぶべき、コスパの高いスーツって?

まず大前提として、スーツ選びでなにより重要と言われるのがフィッティングです。いくら高価でもサイズが合っていないと値段相応に見えませんし、逆に安価でもジャストフィットだとスマートに決まります。なので、価格に関係なくフィット感にはこだわりましょう。その上での話になりますが、ブランドのなかには高品質でありながらも低価格を実現しているところがあります。そのような“コスパの高いスーツ”を選ぶうえでのポイントは大きく2つです。

購入する際、チェックするべきポイントは?

ポイント1仕立ての善し悪しを見る

最初にチェックしておきたいのは仕立ての良し悪し。素人目には見極めが難しいものの、まずはハンガーにかかった状態を見てください。袖が前に向かって大きくシワが入っているなら、それは体の曲線に合わせて仕立てられた証し。というのも日本人は前肩の人が多いため、それに合わせた仕立てだと着心地が良く、かつシルエットが美しく見えるのです。さらに、着用時に上襟や胸まわりが浮いていないか、肩幅は合っているかも大切。これらも見た目の美しさにつながるので購入時には漏らさずチェックしましょう。

ポイント2使いやすいシンプルな色柄を選ぶ

生地のランクを決めるうえで「スーパー000’S」という表記があります。数値が高いほど糸が細く上質とされていますが、必ずしもそれが良いスーツというわけではありません。数値が高いほど生地が軽くて肌触りが良くなる反面、堅ろう度は落ちてていねいに扱わないといけなくなってしまいます。車通勤ならまだしも、満員電車に乗って通勤する一般的なビジネスマンには不向きでしょう。なので、数値が低いから、「スーパー000’S」じゃないから品質が低いスーツというのはナンセンス。逆に重視すべきは、シンプルな色柄であることです。流行に左右されなければ長く愛用できるし、かつ着回しやすいのでコストパフォーマンスにもつながります。

5万円以下で納得のクオリティ。コスパ良好のスーツブランド6選

仕立てが良く、使いやすい色柄のスーツのなかから、6つのおすすめを厳選。どれも着回しやすく気負いなく使用できる価格なので、ビジネスシーンでの心強い相棒になること請け合いです。

ブランド1『タケオキクチ』

30年以上にも及ぶテーラーメイド技術を駆使した、トラディショナルな英国風スーツを展開。こちらの「ナローモデル」は立体的なパターンと芯地で胸まわりにボリュームをもたせ、フロントと脇下をすっきり仕上げたウエストラインが特徴です。美しくて品のある風合いながら、撥水やシワになりにくい機能も搭載。3シーズン対応なのもうれしいかぎりです。
ジャケット3万5,640円、 パンツ1万7,280円

ブランド2『トゥモローランド ブラックレーベル』

ハードワークに耐えうる堅ろう性と快適な着用感を追求した『トゥモローランド』のスーツレーベル。このスーツには、1960年代に一世を風靡したNIKKE(日本毛織)の夏素材、キューバビーチを復刻して使用しています。仕立て映えするハリコシがありながらも通気性に優れ、さらにはナチュラルストレッチや撥水・撥油性、形状記憶機能も搭載されています。スーツ3万7,044円

ブランド3『グリーンレーベル リラクシング』

『ユナイテッドアローズ』におけるストアブランドの1つ『グリーンレーベル リラクシング』では、コスパに優れたセットアップスーツが充実しています。オーソドックスなセットアップは、イタリア・ビエラ地方で独自に作り上げた完全オリジナル。ウールならではの程良い起毛感があり、かつ主張が控えめのピンストライプなので着回し力にも優れています。ジャケット2万2,680円、 パンツ1万1,340円

合わせて読みたい: 価格は控えめでも妥協なし。グリーンレーベル リラクシングのスーツは大人の味方

ブランド4『ビーミングbyビームス』

『ビーミングbyビームス』は、幅広い世代に向けてカジュアルからビジネスまで対応できる豊富なラインアップを展開しています。こちらの1着はパッと見はウールのような風合いですが、実は耐摩擦性に優れたコーデュラナイロン製。さらにポリウレタンを混紡しているため、優れた伸縮性も備えています。それでいてデザインはベーシックなので、ビジネスシーンにも難なく対応します。ジャケット1万8,900円、 パンツ9,828円

合わせて読みたい: カジュアルだけじゃない。ビームスのスーツをおすすめしたい3つの理由

ブランド5『ユニバーサルランゲージ』

“世界共通語”という意味を持つ『ユニバーサルランゲージ』は、インターナショナルに通じるベーシックなコレクションが豊富です。このモデルはアンダー5万円ながら、スリーピースというのが優秀。しかもカノニコ社のスーパー100’Sを採用しているんです。国内最高峰のテーラー技術を踏襲して作り上げた、美しいシルエットと優れたフィット感も魅力。4万8,000円

ブランド6『ビームスライツ』

“Life as a Journey”をコンセプトに、旅行から日常のシーンまでを旅と捉えている『ビームスライツ』。このスーツも旅や出張を意識した作り。それは裏地に折りたたんで収納できるデタッチャブル仕様にも表れています。ウール×ポリエステルの生地は滑らかな着心地で、裏地は通気性を考慮して半裏仕立てに。荷物に応じて使い分けられる豊富な内ポケットにも注目を。2万7,972円

--------------------------------------
※掲載の金額はすべて税抜価格です
--------------------------------------

KEYWORD関連キーワード
スーツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事