キャメル色のニットで、上品でマイルドな男になってみては?

今シーズンの注目カラーの1つがキャメル。上品でマイルド、さらに温もりも感じさせるところが大きな魅力です。取り入れやすいニットでの着こなし法とおすすめ品を紹介!

平 格彦

2017.11.29

上品で温かみがあってマイルドなキャメルのニット

キャメルとは文字どおり、ラクダの毛のような色を指します。ベージュとブラウンの中間色といえばわかりやすいでしょうか。偶然にも、キャラメルの色に近いカラーともいえます。そんなキャメルの特徴は、ソフトでマイルドな雰囲気。ラクダの毛であるキャメル素材が上質感たっぷりなため、キャメル色も上品な印象です。しかも暖色系なので、温かみも感じられます。今季はとくに注目されているカラーなので、着こなしに取り入れない手はありません。なかでも色の特徴と共通項が多いニットで活用するのがイチオシです。キャメル色のニットは着回しやすいので、すぐにでも活用すべきですよ。

キャメルのニットを着こなす男は、品が良くってやさしげ

上品でマイルドなキャメルのニットをどう着こなすのが正解でしょうか。ここでは、5つのサンプルとともに、おすすめの着こなし方を提案します。いずれにしても、ラフになりすぎないように大人なバランスを目指すことが大切なポイントです。

着こなし1全身を同系色のアースカラーで統一して魅力を主張

キャメルが持つ魅力を最大限に引き出すには、全身をキャメルの同系色で揃えるのが最も効果的。ベージュやカーキなどのアースカラーで統一するイメージです。キャメルのワントーンにしてしまうと肌着のように見えてしまう懸念があるため、色みや質感で変化をつけるのがポイントです。

着こなし2ブラックの下半身で引き締めて落ち着きある印象に

キャメルのニットを主役として強調するなら、パンツ&シューズをブラックで統一するのがセオリー。ニットの色みが引き立つからです。できればアウターもキャメルに近いカラーにして、ニットのウォーム感を拡大するのがおすすめ。ベージュやブラウンのコートが上品で最適です。

着こなし3スラックスを合わせることで大人っぽくまとめる

マイルドで品の良いキャメルのニットは、ともすれば野暮ったい印象に見えることも。そこで、品のあるスラックスを合わせてドレスなムードをMIXし、スタイリッシュに仕上げましょう。スラックスは定番カラーでキャメルとも好相性なグレーが最適です。

着こなし4相性の良いグレーとのコンビでマイルドかつ品良く

キャメルのマイルドな印象は、グレーにも共通する魅力。ともに馴染みがよく、似た雰囲気を持つグレーのアウターとパンツを合わせることで、マイルドなイメージは一層拡大。都会的なグレーを中心にすれば、スタイリッシュなイメージも演出できます。

着こなし5ブラックスタイルの差し色に

ブラウンやベージュの一種と見れば、キャメルも定番色。ただしブラックスタイルに1点投入すれば、アクセントカラーとして活用できます。キャメルならではのソフトな印象やウォーム感はブラックのイメージとは対極なので、お互いの特徴が引き立つのです。レザーのアウターを選ぶなど、素材感も正反対だとニットならではの柔和でこなれた品格も際立ちます。

マイルドな男になる。キャメルニットおすすめ10選

キャメルのニットをコーディネートに組み込むイメージトレーニングも完了。あとは実際に入手して着こなしを実践するのみです。品質、デザイン、価格のバランスが良い逸品を10点ピックアップしましたので、参考にしてみてください。

アイテム1『マージン』メリノウール クルーネック ニット

長さも太さも均一で繊細なメリノウールを起用しつつ、ハイゲージの部類に入る12ゲージでセンシティブに編み立てたロールネックニット。シンプルなデザインで生地の上質感が際立ち、大人な着こなしにも合わせやすい表情です。また、縁が丸まった仕様やキャメルの色みがこなれたムードも演出してくれます。

アイテム2『アーバンリサーチ』ウール片畦クルーネック

糸をルーズに編むことで厚みを出し、ふんわりとした手触りが特徴的な片畦編みのニット。空気のように軽く、ふんわりした触感が快適で、キャメルの色調とともに温もりを感じさせるニット地になっています。装飾的なディテールを省いたミニマルな仕上がりのため、幅広く着回せるアイテムです。

アイテム3『アダム エ ロペ』ドライタッチヤーン畦クルーネック

山形県にある奥山メリヤスとのコラボによるニットが今年もリリースされました。日本製のならではのクオリティはお墨付き。長く広く愛用できる肉厚な生地感も相まって汎用性の高さは抜群です。肩周りの可動性を確保したラグランスリーブが、デザインのちょっとしたアクセントにもなっています。

アイテム4『エディフィス』カピーチコットン ハイカウント クルーネック

程よく肉厚感があり、メランジ独特な風合いが表情豊かに仕上がっています。モックネック風のディテールがこなれた雰囲気も演出。すっきりとしたタイトなシルエットで着膨れすることなく着用できます。

アイテム5『ジャーナルスタンダード』アルルス メリノウール100% アランニット

丈夫で軽量と活躍の幅が広い、フランスのアルルスメリノウールを100%起用したケーブル柄ニット。ややワイドなシルエットは旬なリラックス感があり、あらゆるコーディネートに組み込むことができます。オーセンティックなデザインと今季的なカラーを兼ね備えているこんなニットがこの冬の本命です。

アイテム6『ナバル』吸湿発熱ベーシック変形格子リンクスクルーネックニット

独特なチェック柄がさりげなく個性を振りまく1着。体から出る湿気を吸収して発熱する機能と、医療現場の技術を応用して悪玉菌の増殖を抑えるナノテック加工を兼備しています。素材感は柔らかく、ボリューム感も絶妙。1枚でも重ね着でも使いやすいバランスに仕上がっています。

アイテム7『フリークスストア』タートルネック プルオーバーニット

タートルネックも大人っぽくて狙い目です。しかもこの1着は、1817年に創業した由緒ある紡毛糸ブランド『ラネロッシ』の糸を使ったニット地を採用。非常に柔らかい感触で、色合いが鮮やかです。キャメルカラーも美しく、上品かつマイルド。シンプルでクセのないデザインで幅広く使えます。

アイテム8『ジュンハシモト』アゼ パウダー タートルネック

奥行きがあって適度に肉厚なあぜ編みを採用。縦のラインが田んぼのあぜに見えることからそう呼ばれている編み柄です。ストライプ柄と同様で、シャープなイメージを振りまき、上品なムードを醸し出します。さらに、特殊な編み方によってウール100%なのにカシミヤのような上質な触感を実現。毎日でも着たくなる逸品です。

アイテム9『ユニオンステーション』クルーネックケーブルニット

シンプルに編み上げたケーブルニットで、幅広いスタイリングに対応。キャメルのワントーンが大人な落ち着きも感じさせ、メインでもインナーでも活躍してくれる仕上がりです。また、ややタイトなシルエットが大人っぽさを醸出。コストパフォーマンスが高いのもうれしいポイントです。

アイテム10『ナノ・ユニバース』ウールケーブルタートルニット

「ザ・ウールマーク・カンパニー」による品質認定を受けた高品質なウール素材を採用。ソフトで快適な触感が魅力のニットです。さらに、正統派のケーブル編みやスタンダードなシルエットが上品な雰囲気。ユーティリティーなアイテムとして、1枚あるとコーディネートの幅を広げることができます。

KEYWORD関連キーワード
ニット・セーター
春の着こなし・コーデ
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

Freeamericanidol編集部

ダウンジャケットの人気ブランドとおしゃれな着こなし方【保存版】

ダウンジャケットの人気ブランドを総特集! 選ぶときに気をつけたいポイントからおすすめのブランド、そしておしゃれな着こなし方のヒントまで順を追ってお届けします。

Freeamericanidol編集部

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

秋冬ヘビロテ! ウールパンツの今っぽいコーディネート

寒い時期に頼りたいウールパンツ。その魅力をあらためてお伝えするとともに、今季らしい選び方&着こなし方、そして今手にしたいニューモデルをご紹介します。

山崎 サトシ