キャメル色のニットで、上品でマイルドな男になってみては?

今シーズンの注目カラーの1つがキャメル。上品でマイルド、さらに温もりも感じさせるところが大きな魅力です。取り入れやすいニットでの着こなし法とおすすめ品を紹介!

平 格彦

2019.01.18

上品で温かみがあってマイルドなキャメルのニット

キャメルとは文字どおり、ラクダの毛のような色を指します。ベージュとブラウンの中間色といえばわかりやすいでしょうか。偶然にも、キャラメルの色に近いカラーともいえます。そんなキャメルの特徴は、ソフトでマイルドな雰囲気。ラクダの毛であるキャメル素材が上質感たっぷりなため、キャメル色も上品な印象です。しかも暖色系なので、温かみも感じられます。今とくに注目されているカラーなので、着こなしに取り入れない手はありません。活用するなら、色の特徴と共通項が多いニットがイチ押し。キャメル色のニットは着回しやすいので、すぐにでも活用すべきですよ。

キャメルのニットを着こなす男は、品が良くって優しげ

上品でマイルドなキャメルのニットをどう着こなすのが正解でしょうか。ここでは、5つのサンプルとともに、おすすめの着こなし方を提案します。いずれも、ラフになりすぎないように大人なバランスを目指すことが大切なポイントです。

着こなし1全身を同系色のアースカラーで統一して魅力を主張

キャメルが持つ魅力を最大限に引き出すには、全身をキャメルの同系色で揃えるのがもっとも効果的。ベージュやブラウン、カーキなどのアースカラーで統一するイメージです。キャメルのワントーンにしてしまうと肌着のように見えてしまう懸念があるため、色みや質感で変化をつけるのがポイントです。

着こなし2ブラックの下半身で引き締めて落ち着きある印象に

キャメルのニットを主役として強調するなら、パンツ&シューズをブラックで統一するのがセオリー。ニットの色みが引き立つからです。できればアウターもキャメルに近いカラーにして、ニットのウォーム感を拡大するのがおすすめ。ベージュやブラウンのコートが上品で最適です。

着こなし3スラックスを合わせることで大人っぽくまとめる

マイルドで品の良いキャメルのニットは、ともすれば野暮ったい印象に見えることも。そこで、品のあるスラックスを合わせてドレスなムードをMIXし、スタイリッシュに仕上げました。スラックスは定番カラーでキャメルとも好相性なグレーが最適です。

着こなし4相性の良いグレーとのコンビでマイルドかつ品良く

キャメルのマイルドな印象は、グレーにも共通する魅力。ともに馴染みがよく、似た雰囲気を持つグレーのアウターとパンツを合わせることで、マイルドなイメージは一層拡大。都会的なグレーを中心にすれば、スタイリッシュなイメージも演出できます。

着こなし5オールブラックスタイルの挿し色に

ブラウンやベージュの一種と見れば、キャメルも定番色。ただしブラックスタイルに1点投入すれば、アクセントカラーとして活用できます。キャメルならではのソフトな印象やウォーム感はブラックのイメージとは対極なので、お互いの特徴が引き立つのです。レザーのアウターを選ぶなど、素材感も正反対だとニットならではの柔和でこなれた品格も際立ちます。

マイルドな男になる。キャメルニットのおすすめ10選

キャメルのニットをコーディネートに組み込むイメージトレーニングも完了。あとは実際に入手して着こなしを実践するのみです。品質、デザイン、価格のバランスが良い逸品を10点ピックアップしましたので、参考にしてみてください。

アイテム1『フリークスストア』ジャミーソンズ 別注クルーネック

スコットランドのニットブランド『ジャミーソンズ』が得意とするジャギードッグニットは、キメの細かい上品な表情と高い保温性が持ち味。そのふんわりとした毛羽感によって、キャメルニットの持つマイルドな印象が一層際立ちます。

アイテム2『エディフィス』カピーチコットン ハイカウント クルーネック

程良く肉厚感があり、メランジの風合いが表情豊かに仕上がっています。モックネック風のディテールがこなれた雰囲気も演出。すっきりとしたタイトなシルエットで着膨れすることなく着用できます。

アイテム3『ナノ・ユニバース』ウールケーブルタートルニット

「ザ・ウールマーク・カンパニー」による品質認定を受けた高品質なウール素材を採用。ソフトで快適な触感が魅力のニットです。さらに、正統派のケーブル編みやスタンダードなシルエットが上品な雰囲気。ユーティリティの高いアイテムとして、1枚あるとコーディネートの幅を広げることができます。

アイテム4『アーバンリサーチ サニーレーベル』ウォッシャブル畦編みクルーネックプルオーバー

畦編みニットでミニマルにデザインされた1着は、主張が適度に抑えられているので合わせるアイテムを選ばず活躍してくれます。ウールとアクリルを混紡して仕上げられた軽い着心地もポイント。ウォッシャブル仕様なので手入れが楽なのもうれしいところです。

アイテム5『ジャーナルスタンダード レリューム』ハーレー シャギールーズクルーネック

スコットランドの老舗ニットファクトリー『ハーレー オブ スコットランド』が手掛けた1着は、良質なシェットランドウールをあえて毛羽立たせたシャギー感が特徴的。肩や脇などにつなぎ目のいっさい出ないフルシームレス仕様でストレスフリーに着られます。適度にルーズなシルエットで旬なムードもアピール!

アイテム6『マージン』メリノウール クルーネック ニット

長さも太さも均一で繊細なメリノウールを起用しつつ、ハイゲージの部類に入る12ゲージでセンシティブに編み立てたクルーネックニット。シンプルなデザインで生地の上質感が際立ち、大人な着こなしにも合わせやすい表情です。また、縁が丸まった仕様やキャメルの色みがこなれたムードも演出してくれます。

アイテム7『ジョンスメドレー』30G ロングスリーブポロ

イギリスの名門『ジョンスメドレー』の代表アイテムのひとつである長袖のニットポロも、こんなキャメルカラーならまた新鮮な印象に。そのハイゲージニットの美しい表情を生かしてクリーンに着るもよし、ちょっとルーズなボトムスを合わせてストリートテイストで着るもよし。その高い汎用性は健在です。

アイテム8『ユニオンステーション』クルーネックケーブルニット

シンプルに編み上げたケーブルニットで、幅広いスタイリングに対応。キャメルのワントーンが大人な落ち着きも感じさせ、メインでもインナーでも活躍してくれる仕上がりです。また、ややタイトなシルエットが大人っぽさを醸出。コストパフォーマンスが高いのもうれしいポイントです。

アイテム9『メンズメルローズ』AGATAストレッチハーフジップニット

ハーフジップタイプならコーデのアクセントとして活躍してくれるうえ、着こなしのアレンジも自在。ジップを開けてインナーとのレイヤードを楽しむのも一興です。ドロップ気味に設定されたショルダーラインが生み出す今どきのリラックスムードも秀逸。

アイテム10『トゥモローランド』カシミヤ ケーブルクルーネックニット

柔らかなタッチで極上の着用感を叶えてくれるカシミヤのみをぜいたくに使用したクルーネックニットは、ふっくらとした表情が特徴。その素材の特性を生かした立体感のあるケーブル模様が着こなしに奥行きを与えてくれます。さらりと着るだけで十分サマになる主役級の1着。

KEYWORD関連キーワード
ニット・セーター
春の着こなし・コーデ
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

山崎 サトシ

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

山崎 サトシ

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦