懐かしの1stタグがキラリ。40周年を迎えたグレゴリーのスペシャルコラボ

『グレゴリー』40周年を記念した『ビームスプラス』の別注シリーズは、懐かしのデザインを再現したラインアップが魅力的。その新作は1stタグを採用した心躍る1点です。

編集カツラガワ

2017.11.06

『グレゴリー』40周年を記念した人気コラボの新作、1stデイパックが登場

2017年は『グレゴリー』創立40周年。それを記念して『ビームスプラス』が別注モデルを数々展開しています。そしてこのたび登場するのは、待望の新作。

本作は『グレゴリー』の原点ともいえるデイパック。クラシカルなデザインとカラーリング、そしてなんといっても当時使用されていた“1stタグ”のブランドロゴが魅力すぎる胸アツな1点です。

注目すべきは『グレゴリー』の1stタグ

創業から今に至るまでに何度かデザインチェンジを行っている『グレゴリー』のブランドロゴ。これを見れば時代がわかるという方もいらっしゃるでしょう。1stタグとは、ブランドが創業した1977~1982年まで約5年間にわたって使用されていたモノ。今もなおヴィンテージ市場において人気の高い旧ロゴを復活させた、スペシャルコラボならではの逸品です。

マウンテンパーカーのような生地感と色みにこだわりあり

マウンテンパーカーに採用される代表的な生地といえば、コットン60%、ナイロン40%からなる60/40(ロクヨン)クロス。それをほうふつとさせるタフな生地感と味わいのあるカラーリングに仕上げている点にも注目です。カラーバリエーションは、最初にご紹介した深みのあるグリーンや写真のベージュのほか、ブラックとブルーが揃っています。

クラシカルな表情のリュックは大人の着こなしとも相性◎

40年前の1stタグモデルを再現したクラシカルな雰囲気漂うリュックですが、シンプルなデザインゆえにコーデを選ばず合わせられます。大きすぎないサイズ感で休日使いに良さそうですよ。

■合わせて読みたい:
グレゴリーのリュックが大人に刺さる。定番品からニューフェイスまで

合わせてチェックしたい。『グレゴリー』×『ビームスプラス』の別注アイテムたち

予約スタートした1stデイパックと合わせて、すでにリリースされている別注コレクションもご紹介します。こちらは品薄なので気になった方はお早めの購入を!

ほかのモデルを探す:
大人に刺さるグレゴリーのリュック。定番品からニューフェイスまで

別注 デイパック

旧ロゴの中でも人気の高い1984~1989年の茶タグ、1990~1992年の紫タグを採用したモデル。ボディ、ディテール、ロゴまでもすべてネイビーのワントーンで仕上げた洗練されたデザインが特徴的です。

別注 ミッションパック

現在は廃盤となった『グレゴリー』の名作、3WAYのミッションパックの復刻版。茶タグと紫タグを使用し、当時のディテールもできるかぎり再現したスペシャルモデルです。当時は別売りだったショルダーストラップですが、本作ではセットになって含まれている点もうれしいですね。

KEYWORD関連キーワード
バックパック・リュック
グレゴリー(GREGORY)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

編集ナス

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

テイスト別に紹介。トートバッグのおすすめブランド30選

タフさと大容量が嬉しいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

Freeamericanidol編集部