エレガンスで魅惑的。ディオールの香水で愛される男に

ファーストコレクションから70年という節目を迎えたのが、2017年のこと。改めて『ディオール』のメンズ香水をプレイバックします。まとった者を虜にする、魅力をお届け。

植木 麻利子

2018.10.30

ファッション界だけでなく、フレグランス界でも注目を浴びる『ディオール』

フランスの裕福な家に生まれたクリスチャン・ディオール氏が自身の名を掲げ、1946年に創業。50年代はジグザグライン、チューリップライン、Hライン、Aラインなど今までと一線を画すシルエットを次々と提案し、ファッション界をけん引しました。1947年に初の香水「ミス ディオール」をリリースしますが、事業の円滑化を図り、翌年、香水部門「パルファン・クリスチャン ディオール」を設立。初のメンズフレグランスは天才調香師エドモン・ルドニッカ氏が手がけた1966年誕生のオー ソバージュで、フレンチクラシックの神髄ともいわれた名香です。香水は今もなおリリースのたびに注目され話題に。フレグランス界でも外すことができないブランドです。

『ディオール』のメンズ香水は、“誰からも愛される上品な香り”が魅力

『ディオール』創業当時、香りといえば濃厚なモノがメインでしたが、そんな中、優雅で爽やか、そして温かみのある香り「ミス ディオール」を発表し、センセーショナルを巻き起こします。以来「プワゾン」や「シャドール」などヒット作を次々と生み出しました。『ディオール』の香水作りには“誰にでも愛される香り”、“上品な香り”というこだわりが一貫してあり、いつの時代でもどんなシーンでも1年中まとえる香りというのが『ディオール』の魅力です。

人気の名品揃い。『ディオール』のメンズ香水10選

本ブランドの歴史や香水の成り立ちを学んだところで、次は『ディオール』メンズ香水のラインアップをご紹介します。女性にも好かれる、清潔感のあるメンズ香水の中から、好みの香りを選び出す楽しさを感じてください。

アイテム1オー ソバージュ

『ディオール』初のメンズ香水として発表された本作。喧騒の都会を颯爽と生き抜く、エレガントかつ洗練された男性をイメージした香りです。香調はとにかく爽やかなアロマティック シトラスの香りにウッディ系の香りをブレンド。爽やかかつ男らしさを演出できる香水です。

アイテム2ファーレンハイト

ボトルのデザインからも伝わってくる力強さ。これが「ファーレンハイト」のイメージです。大自然の壮大さと解き放たれたエネルギーを前に冒険していく、自ずから浮かび上がる力強い男性を表現しています。トップはフローラル系で上品で甘い香りですが、ミドルではスパイス系が加わり、ラストではレザーが香るという、男性的で官能的な香りが特徴です。

アイテム3デューン プール オム

個性的な香りを求める方へおすすめしたいのがこちら。フレッシュ、ウッディ、オセアニックな香りの調和がとれた、すがすがしく凛とした香りです。葉、海、木という自然の香りを中心としているので、自然が好きな方にとくにおすすめ。女性でも愛用している方が多く、好感度の高い香りなので、女性と会う日にワンプッシュして出かけてみては。

アイテム4ハイヤー

都会的な香りが好きな男性にレコメンドしたい「ハイヤー」。エネルギッシュで躍動的なスパイスの香りと洋ナシやシトラスの柑橘系が調和した人気の香りです。ラストのウッディやムスクなどアロマティックで官能的な香りに病みつきになる人も。現代建築のような無機質なボトルもスタイリッシュで高評価。

アイテム5ハイヤー エナジー

2003年にリリースされた「ハイヤー エナジー」は、フレッシュウッディの香り。スタイリッシュなボトルや爽やかな香りは「ハイヤー」によく似ていますが、こちらはトップのシトラス感が強く、香り立ちがやや華やか。エネルギッシュで躍動的なスパイスが効いているので、ビジネスシーンにもしっくりハマるはず。

アイテム6ディオール オム

センシュアルでセクシーなアイリスを中心に構成した個性的な香りですが、男性的でエレガントなイメージが強くとても人気です。ミドルからラストにかけて、ココアやアンパーが香るので、セクシーさが漂います。とても存在感があるので、初対面でつければ印象付けもバッチリ。

アイテム7ディオール オム スポーツ

はじけるような爽やかさがいつまでも続く、爽快な香り。“スポーツ”というネーミングからして、エネルギッシュで活力あふれる香りではありますが、スパイスや香木のセクシーな余韻も楽しめるので、若すぎる印象はなく、爽やかな大人イメージを与えられます。

アイテム8ディオール オム コロン

香りのイメージは洗い立てのシャツ。決して香りはきつくなく、ほのかに香る爽やかさが魅力です。男性向けですが女性にも人気が高く、この香りを苦手とする人は少ないので、絶対に失敗したくないシーンではとくにおすすめ。ラストで香るホワイトムスクの爽やかさは、シーンもまとう人も選ばないので万人に愛されています。

アイテム9ソヴァージュ

現在リリースされているメンズ香水で1番新しいラインの「ソヴァージュ」。イメージキャラクターにはジョニーデップ氏を起用しており、彼の野性的でワイルドそのものの香りが漂います。その荒々しさの一方でほんのりスパイシーに香る最高品質のカラブリアン ベルガモットと、高貴なアンバーウッドが奏でる香りが爽やか。何にも束縛されたくない、自分を解き放ちたいときにこの香水をまとってみてください。

アイテム10ソヴァージュ ベリー クールスプレー

上でご紹介した、野性味あふれ、かつ爽やかなフレグランス「ソヴァージュ」を、TPOを選ばずまとえるよう進化させたスプレータイプです。香りは「ソヴァージュ」同様、フレッシュでエレガントさを感じさせる本能に響く香り。ベルガモットのフルーティーで爽やかな香りから始まり、最後はラバディンが漂います。まさに“クール”な男性のための1本。

KEYWORD関連キーワード
香水・フレグランス
ディオール(Dior)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

おすすめを厳選! 男につけてほしい香水ブランド12選

香水はいい香りを漂わせるだけでなく、印象付けにも効果的。だからこそ、自分が演出したい雰囲気に合わせて、香水を選ぶことが重要なんです。おすすめの香水を紹介します!

植木 麻利子

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

人気ジェル20選。特徴も使い方も似合う髪型も解説!

ウェットな質感とキープ力ならジェルが正解。ジェルに不慣れな男性が押さえるべき使い方のポイントや人気のジェルをまとめて紹介します。

伊藤 千尋

コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

平 格彦

何がおすすめ? エッティンガーの財布パーフェクトガイド

英国王室御用達ブランドとして知られ、ビジネスマンたちからも高い評価を得ている『エッティンガー』。その魅力とおすすめの13アイテムを紹介する。

大中 志摩

どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部