生地がスゴイ! ビューティ&ユースと小松精練のダウンを大解剖

続々とダウンの予約がスタートしているなか、気になる別注を発見! 『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』×『小松精練』の生地にこだわった逸品をご紹介します。

編集カツラガワ

2017.10.07

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』×『小松精練』のダウンが気になる!

各ブランドでは続々とダウンの予約受付がスタート。先日、水沢ダウンと『エディフィス』の別注ダウンジャケットをご紹介したばかりですが、またもや新たに気になるコラボモデルを発見しました。

参考記事:胸アツの注目コラボ。水沢ダウン×エディフィスのダウンジャケットは完売必至

本記事で紹介するのは、『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』と『小松精練』の別注ダウン。世界中のスポーツブランドやファッションブランドから信頼のある合繊染色メーカー『小松精練』の先端ファブリックを表地に採用した生地が魅力の逸品です。

まず、知っておきたい。『小松精練』ってどんなメーカー?

『小松精練』は1943年に石川県能美市に創業した合繊染色メーカー。独自の感性とこれまで培ってきたハイテク技術を駆使し、機能性はもちろん、風合いや肌触りにも優れた革新的なファブリックを製造しています。その独創的な素材は世界でも注目されており、ファッションやスポーツウェアを始め、生活資材やインテリアまであらゆるモノに活用されているんです。

気になるコラボダウンの生地の特徴は?

注目すべきは表地。マットな質感で上品な面持ち、くわえて独特な風合いでほかにはない生地感が魅力です。撥水加工をした生地に『小松精練』の特殊なフィルムを貼ることで、撥水性と防風性をアップ。高級感とタフさを兼ね備えた生地は、さすがファブリックメーカーと言ったところ!

生地へのこだわりだけではない。ダウンの質とコスパにも注目!

ダウンは米国アライド社精製による700フィルパワー、チャイナホワイトダッグを使用。フィルパワーとは羽毛のかさ高を示す単位で、700という数値は上質なダウンとされています。高品質のダウンに高性能の生地を採用しているにも関わらず、3万円台で購入できるコスパの良さにも驚きを隠せません!

めちゃ気になる! コラボダウン全4モデルを一挙紹介

『ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ』×『小松繊練』の別注ダウンは全4モデル。それぞれのアイテムをチェックしていきましょう。

モデル1TW ダウンジャケット/34,560円(税込)

シンプルなデザインとすっきりとしたシルエットに仕上げることで、生地の風合いを最大限に引き立てた1着。ポリエステル90%ながらもマットな質感で上品な雰囲気なので、大人っぽくきれいめに着られます。

モデル2ナイロンダウンジャケット/32,400円(税込)

表地にナイロンタフタを採用したハリ感と光沢感ある生地が特徴。前述したTW ダウンジャケットと比較して、カジュアルでスポーティな印象の1着です。今っぽいルックスで都会的なスタイリングがかないます。

モデル3TW ダウンベスト/27,000円(税込)

今すぐ取り入れるならダウンベストがおすすめ。TWダウンジャケット同様、マットで上品な生地感が魅力です。厚手のパーカーやGジャンなどと合わせて、レイヤードスタイルを楽しみたいですね。

モデル4ダウンコート/36,720円(税込)

休日コーデだけでなく、通勤コーデにも最適なダウンコート。光沢感としなやかさを持つキャバジン調の綾目が特徴の生地を採用し、高級感ある面持ちに仕上げています。ボリュームを抑えたシルエットなので、ミディアム丈ながらもスマートに着用可能。

KEYWORD関連キーワード
ダウンジャケット
ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

ときに大人っぽく、ときにカジュアルに。ユナイテッドアローズが提案する春の肖像

国内外の人気ブランドを揃えながら、トレンドを反映させたオリジナルレーベルを展開し、カジュアルからドレスまでを取り扱う。そんな懐の深さが魅力の、セレクトショップ…

Freeamericanidol編集部

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

山崎 サトシ

MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

山崎 サトシ