ナイキの定番スニーカー。今さら聞けないエアマックス90の奥深き世界

『ナイキ』のスニーカーのなかでも定番として知られるエアマックス90。その魅力とともに、現行モデルを一挙公開。進化し続ける名作を、あらためて堪能しましょう。

Roaster

2017.09.30

『ナイキ』ならではのクッション性は、エアマックス90で楽しもう

1990代年に発売されたエアマックス90。エアマックス3という名でも呼ばれている同モデルは現在でも世界的に人気で、復刻・別注がなされています。特筆すべきはその履き心地と機能性。これは、ソールに内蔵されたエアの働きによるものでクッション性を極限まで高めている点が特徴です。

■参考: 全部知りたい、把握したい。名作ナイキエアマックスの魅力

意外と豊富。エアマックス90のラインアップと各モデルの違い

90年代の日本に社会的現象を巻き起こしたエアマックス90。素材などの違いによりさまざまなバリエーションのものが存在するのも魅力です。そのラインアップを見ていきましょう。

アイテム1エアマックス90 レザー

エアマックス90の中でも特に広く認知されている定番モデルがエアマックス90 レザー。シンプルでどんなコーディネートにも合わせやすいルックスと豊富なカラーバリエーションで、常に話題の人気モデルです。アッパーには天然皮革を、ソールにはマックスエアを採用した同モデルは、見た目も機能も大人にぴったりとハマります。

アイテム2エアマックス90 ウルトラ 2.0 エッセンシャル

メッシュのアッパー部分に合成皮革のオーバーレイを使用したエアマックス90 ウルトラ 2.0 エッセンシャル。オリジナルのデザインを忠実に再現した同モデルは、サポート力に優れたウルトラ2.0 クッショニングと、耐久性の高いラバーをアウトソールに配置しているのがポイント。

アイテム3エアマックス90 ウルトラフライニット

『ナイキ』の機能素材として一躍有名となったフライニットや、高いホールド力を誇るウルトラ2.0 クッショニングを採用。伸縮性やサポート力、通気性が求められる部分をひとつなぎにし、むだを省いているのが特徴です。アウトソールにはラバーセクションを設けることで、耐久性もアップ。

アイテム4エアマックス90 ウルトラSE

アッパーに空気の通気口を搭載することで、優れた通気性と快適性を表現。汗による蒸れやストレスを、限りなく抑えた同モデルは春夏用にストックしておくのが得策。また、かかとやつま先部分にはラバー素材を配し、耐久性もフォローしています。

アイテム5エアマックス90 ユーティリティー

「これもエアマックスなの?」というユニークなルックスをしたエアマックス90 ユーティアリティー。リップストップ素材のジッパー付きテキスタイルカバーやフルカバーのラバーアウトソールは、悪天候時でも難なく履ける優れモノ。また、ミッドソール部にはフルトレングスPUを使用。これにより抜群のクッション性と快適な履き心地を体感することが可能に。

街の洒落者に学ぶ。エアマックス90の取り入れ方

スポーツMixスタイルが流行する昨今、エアマックス90は秋の主役アイテムとして力になること間違いなし。どんなコーデにもマッチする、ファッション性も機能性も申し分ない1足は、まさにマスターピースといっても過言ではありません。そんなエアマックス90を取り入れたコーデを見ていきましょう。

オレンジニットにホワイトのエアマックス90を合わせたシンプルコーデ。色物や柄物が着たくなる春・秋はどうしても派手になりがちですが、オールホワイトのエアマックス90が配色をまろやかに見せています。カラーリングだけではなく、アクティブな印象も加味している点も、エアマックス90による効果ですね。

スポーティーながらも都会的な表情を彩るのは、足元の影響。ハイテクスニーカーならではの印象と、オールホワイトというクリーンな印象がスポーツファッションをおしゃれに演出しています。

シンプルなジャケパンスタイルを、足元と小物の合わせワザでアップデート。エアマックス90ならではのルックスが、きれいめコーデにも程良くマッチしています。

KEYWORD関連キーワード
スニーカー
ナイキ(NIKE)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事