大好きなデニムはインテリアにも。デニムソファで作るおしゃれ部屋

西海岸風スタイルやブルックリンスタイルなど、流行りのおしゃれ部屋にはデニムソファがハマります。おすすめソファを挙げつつ、その魅力を掘り下げていきます。

久保 綾子

2019.06.17

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

デニムはソファでも使いやすいんです

デニムといえば、ファッションにおいて超定番の生地ですよね。その人気が今、インテリアにも波及しているんです。具体的には、ソファカバーにデニムを使ったデニムソファが人気沸騰中。流行の西海岸スタイルやブルックリンスタイルとマッチするのはもちろん、シンプルなお部屋のアクセントとしても活躍します。デニムならではの経年変化も楽しめる点も、男心をくすぐるのでしょう。

長所が盛りだくさん。デニムソファの魅力

デニムが持つそのものの雰囲気は言わずもがな。デニムソファはなぜ人気なのか、その魅力は大きく3つです。

魅力1流行の西海岸スタイル、ブルックリンスタイルに好相性

RoomClip

おしゃれ部屋のテイストとして、いま人気なのは西海岸スタイルやブルックリンスタイル。それまでの北欧スタイルとは異なり、男っぽさを感じられるこれらの雰囲気に馴染むアイテム、デニムソファがピッタリとハマります。

RoomClip

gureaさんのアカウントは こちら

魅力2経年変化が楽しめる

RoomClip

ファッションにおけるデニムの魅力のひとつといえば経年変化。ビンテージ加工されたデニムで最初から色褪せた風合いを楽しむ人もいれば、リジッドを買い求めてイチから大事に育てる人もいます。そんな楽しみ方はインテリアにおけるデニムでも同じこと。

RoomClip

maiさんのアカウントは こちら

魅力3人気のグリーンとも相性抜群

RoomClip

インテリアショップがこぞって取り扱う観葉植物ですが、デニムソファはそれらとベストマッチ。グリーンとブルーが織りなす寒色の空間は、モダンで都会的な印象を演出します。配色によるリラックス感はもちろん、おしゃれな雰囲気も醸し出すことができる最強タッグといっても過言ではありません。

RoomClip

Georgeさんのアカウントは こちら

どんなインテリアと合わせる? デニムソファを取り入れるポイント

デニムソファを、インテリアに取り入れる際はどんなことに気を付けるといいのでしょうか?おしゃれ部屋のコーデを見ながら、そのヒントを読み解きます。

ポイント1デニムソファの色みで海を演出

RoomClip

マリンテイストのアイテムを中心に集めた王道の西海岸スタイル。砂浜を思わせるオフホワイトの部屋に据えられた、デニムソファのライトブルーがどこか海を思わせます。「西海岸」、カリフォルニアを始めとするアメリカの西海岸を意味しているため、星条旗などアメリカに由来するモチーフも好相性です。

RoomClip

TiffanyTさんのアカウントは こちら

ポイント2やわらかなベースカラーの好アクセントに

RoomClip

ホワイトとベージュが基調の部屋は、明るくクリーンな印象です。そこに差し色として機能しているのが、いい具合に色落ちしたデニムソファ。ブルーの面積がソファだけのため、部屋のなかでほどよいアクセントになっています。

RoomClip

loveさんのアカウントは こちら

ポイント3デニムソファで部屋のテンションを落ち着かせるのもアリ

RoomClip

一見すると明るく、開放感のあるお部屋ですが、実はデニムソファがポイント。黒の木材を採用したデニムソファが部屋全体の配色の引きしめ役になっているんです。ちょっと落ち着いた印象作りにも効果的ですよ。

RoomClip

sum.tree.nさんのアカウントは こちら

ポイント4青×黒×白の配色で“男前”に

RoomClip

インテリア全体にブラックとブルーを多用しているので、クールな空間に仕上がっていますね。打ちっぱなしのコンクリートを思わせるパネルを床に敷くなど、徹底したこだわりぶりもお見事。デニムソファがもつ男っぽさが、この部屋のコンセプトにピッタリです。

RoomClip

yuuujiさんのアカウントは こちら

ポイント5ブルックリンスタイルが作る“濃い目の色み”になじませる

RoomClip

バスロールサインやブラックのカラーボックス、ダークトーンの木材で色味が統一された、王道のブルックリンスタイルです。クリーンな色のソファではなく、デニムソファだからこそ溶け込んでいるのがわかります。

RoomClip

gureaさんのアカウントは こちら

濃いデニムから薄いデニムまで。ネットで買えるデニムソファ10選

筆者おすすめのデニムソファをピックアップ。いずれもネットで買い求められるものを選んだので、インテリアショップが近くにない方もぜひチェックしてみてください。

アイテム1『ジャーナルスタンダードファニチャー』ロデーズソファ ダメージデニムカバー

ZOZOTOWN

セレクトショップとして認知度が高く、大人の流行を的確に捉えている『ジャーナルスタンダード』。彼らが手掛けるインテリアライン『ジャーナルスタンダードファニチャー』のデニムソファは、背面と座面の中央付近を中心に洗いをかけ、リアルなビンテージ感を演出しています。

サイズ:高さ35-64cm、幅110cm、奥行80-116cm

アイテム2『ロウェーナー』デニムソファ

ナイススタイル

「所有者と一緒に年齢を重ねていくソファ」がコンセプトの『ロウェーナー』。生地を先に縫製して、後から洗いをかけることで、自然な色落ち感を実現しました。それを青々とした状態のまま販売することで、所有者のもとでどんどんエイジングしていくソファが完成します。備え付けの脚は、外してローソファにもできます。

サイズ:高さ82cm、幅140cm、奥行82cm

アイテム3『ロートネル』デニム×スチールソファ

本棚専門店

アイアン調のスチールと、味わい深い天然木アームを組み合わせたソファフレームがモダンな表情のデニムソファ。バックデザインにもスキがないので、部屋の間仕切りとして使うのもいいでしょう。ノンウォッシュのジーンズを思わせる、深めのインディゴブルーなので、西海岸スタイルよりはブルックリンスタイルやシンプルスタイルに合いそう。

サイズ:高さ77cm、幅151cm、奥行78cm

アイテム4『ステイシー』デニムソファ

greengreeninterior

分解が簡単なので手入れがしやすく、またフレームが表に出ているため、クッションの柔らかさをダイレクトに楽しめる一品。デニム生地同士を縫い合わせるステッチが、ジーンズを思わせるオレンジ色である点も男性にとってはたまらないのでは?

サイズ:高さ77cm、幅151cm、奥行78cm

アイテム5『グランツ』デニム ソファ

greengreeninterior

ライトブルーが印象的なデニムソファ。きれいめにまとめた西海岸スタイルにマッチしそうですね。均等に色落ちしているため、粗野な印象が皆無である点も同アイテムの特徴です。

サイズ:高さ85cm、幅132cm、奥行81.5cm

アイテム6『デプト』デニム ソファ&オットマン

soraciel

しっかりとした作りで型崩れしにくいデニムソファ。脚が付属していますが取り外してローソファとしての使用も可能。部屋を広く見せたい方にもおすすめです。オットマンが付属しているのもうれしいところ。

サイズ:高さ75cm、幅178cm、奥行83cm(オットマンを含めると135cm)

アイテム7『サージ』木肘デニムソファ

3万円台という価格ながら、クッションにはしっかりポケットコイルが入っていたり、しっかりと太さのあるアイアンフレームを使用していたりと、クオリティも申し分なし。

サイズ:高さ77cm、幅140cm、奥行65cm

アイテム8『アーネ』ランチ 3Pデニムソファ

アーネ インテリア

オリジナル家具を販売するメーカーとしても、数々のオシャレな家具を販売するセレクトショップとしても有名な、愛知県名古屋市に本社を構える『アーネ』。オリジナルソファのランチは、他ブランドのアイテムとは一風変わった、ぽってりと丸みのあるフォルムが特徴です。西海岸スタイルやブルックリンスタイルだけでなく、北欧スタイル等にも取り入れやすそう。

サイズ:高さ79cm、幅155cm、奥行64cm

アイテム9『デューク』デニム 1Pソファ

IKIKAGU(イキカグ)

「横長で何人も座れるもの」だけがソファではありません。一人に一脚、ゆったり座れる1Pソファなんてぜいたくな選択もたまにはいかがでしょうか。

小さいながら、ビスやステッチを使ってしっかりと組み立てられた一人掛けのデニムソファは、窓辺でゆっくりしたいとき、ゲストと一緒にコーヒーテーブルを囲むときなど、気軽に移動できる点がイイですよね。

サイズ:高さ77cm、幅67cm、奥行73cm

アイテム10『リ・フィット』デニムソファカバー

ストレッチ性の高いデニム調のソファカバーは、驚異の伸縮性を備えており、大きなソファもしっかりと包み込みます。一方で縮むところはしっかりと縮むので、ぶかぶかすることもなくしっかりとフィット。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
インテリア
ソファ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

ライターR

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

テーパードデニムの基本。ブランド毎に選ぶおすすめジーンズ15選

テーパードデニムという言葉は知っているものの、どういうものかよくわからないという男性は多いはず。その特徴や魅力を解説しつつ、おすすめアイテムも紹介します。

髙須賀 哲

ロマンと実用性を両立する、現代的なヴィンテージとは?

古き良きモノへの憧れは、男にとって抗えないロマンを秘めている。その代表格に当たるファッションアイテムといえば、やはりヴィンテージデニムだろう。今回紹介するのは…

増山 直樹