【特集】夏のシンプルTには、“脱シンプル”な腕時計

夏の着こなしに1点プラス。秋っぽくなれるアイテム集めてみました

暦のうえでは秋に突入。コーデも秋仕様にしたいけど、そうはいってもちょっと早い……。そんなあなたに、1点加えるだけで秋らしい着こなしになるアイテムをご紹介。

久保 綾子

2017.09.05

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

今狙いたいのは、1点投入で秋っぽくなるアイテム

8月が終わり、9月に突入。だんだんと夜も長くなり、過ごしやすい日も増えてきました。日々のコーディネートも秋仕様にシフトしたいところですが、完全に秋コーデにシフトするのはまだ早い……。そんな今の時期は、夏の着こなしをベースに1点秋らしいアイテムを投入するのがおすすめです。

夏の着こなしにプラス。秋を演出する名品たち

夏のTシャツスタイルにサラッと羽織るだけで秋らしさを演出できる羽織モノを中心に、今購入してすぐ使えるアイテムをご紹介します。

アイテム1:チェックシャツ

この時期、最も手軽に取り入れやすいのがチェックシャツ。今選ぶなら、秋らしい落ち着いた色みがおすすめです。羽織りとして使うのはもちろん、肩掛けや腰に巻いてアクセントとして効果的。

チェックシャツを取り入れた着こなしサンプルカジュアルなショーツスタイルと相性良し

夏に活躍したショーツも、シャツを羽織れば秋コーデとしてスタイリング可能。シックなカラーリングに加え、モカシンを合わせた足元でもさりげなく季節感を演出した好サンプルです。

『アーバンリサーチ ロッソ メン』

あえてフェード感を加えることで、ヴィンテージライクな雰囲気を出した1枚。色褪せたようなカラーリングが落ち着きと秋らしさも演出してくれます。ジーンズやチノパンスタイルと相性良くキマります。

『ジャーナルスタンダード』

まさに秋にぴったりな黄色みがかったブラウンのチェックシャツ。風合いの良いコットン素材がこなれた雰囲気を醸し出すので、羽織るだけでおしゃれに仕上がること間違いなしです。

『ナノ・ユニバース』

グラデーションがかったオンブレチェックシャツはコーデに馴染みやすく、いい味を投入してくれます。ヴィンテージ加工で仕上げられた1枚は、少し褪せたようなカラーと毛羽立ったような生地感が魅力。

アイテム2:カーディガン

チェックシャツと並んで活躍するのが、ゆったりと羽織れるカーディガン。ルーズなサイズ感を選んでリラックス感高めの着こなしが今季的です。ベーシックなネイビーやグレーもいいですが、季節感を出したいならモスグリーンやマスタードなど深みのある色がおすすめ。

カーディガンを取り入れた着こなしサンプル秋色カーディガンで一気に季節感を加速

この夏のトレンドであった開襟シャツは1枚で着こなすスタイリングがメジャーですが、このようにカーディガンとのレイヤードも可能。渋めのグリーンのカーディガンをチョイスし、同系色でまとめてグッと秋らしい着こなしに。

『ループトウキョウ』

薄すぎず厚すぎない程良い生地感に、暖かみのあるキャメルのカラーで秋の羽織りモノとしてぴったりなカーディガン。リラックスムードの高いルーズなシルエットながらも、ショールカラーの襟元がきちんと感を演出してくれるので大人の休日着にうってつけの1枚です。

『グリーンレーベル リラクシング』

深みのあるマスタードカラーも秋を演出するのに持ってこい。ブークレ素材を使用しており、見た目のウォーム感はもちろん、肌触りの良さも魅力です。ボタンレスのデザインでラフに羽織れる1枚です。

『アンルート』

ポリエステル鹿の子を使用したカーディガンは、ドライタッチな肌触りでこの時期の羽織として最適。ゆったり羽織れるオーバーシルエットで今季らしい1枚に仕上がっています。

アイテム3:カーキシャツ

秋に取り入れたい人気の定番カラーといえばカーキ。その代表的なアイテムとして、カーキシャツはハズせません。白Tシャツの着こなしに羽織るだけで、クールな秋コーデが完成しますよ。

カーキシャツを取り入れた着こなしサンプル男前なカーキシャツでピリッと引き締め

夏の定番コーデ、白Tシャツ×ジーンズの着こなしにカーキシャツを羽織った好サンプル。武骨なカーキシャツがコーデにスパイスを効かせています。足元をブラウンのレザーシューズにすることで、より季節感をアップ。

『アヴィレックス』

耐久性に優れたコーデュラ素材を採用し、非常にタフに仕上げられたミリタリーシャツ。ステンシルモチーフが男前なムードを加速させています。ミリタリー好きにはたまらない1点です。

『ナノ・ユニバース』

軽量ながら強度に優れたリップストップ生地を採用した1枚は、男っぽさを感じさせる風合いが魅力的。シンプルなデザインなので、コーデを選ばず羽織れる優れモノ。

『アーバンリサーチ』

ヴィンテージの風合いがたまらない『アーバンリサーチ』の1枚。武骨ゆえに土っぽい印象が強いミリタリーシャツですが、絶妙な丈感と細身のシルエットでアーバンライクに着こなせます。

アイテム4:ニット帽

アクリルやナイロン素材に変えることで夏の間も大活躍してくれたニット帽ですが、やはり本格的に活躍するのは秋冬ですよね。素材をウールに変えるだけでなく、秋らしい色みでコーデをグッと秋らしく仕上げましょう。

ニット帽を取り入れた着こなしサンプルウォーム感のあるカラーが好アクセント

グレーのロンTにジーンズのシンプルな着こなしに、オレンジ色のニット帽を投入することで、秋らしさを加えています。オレンジ、グリーン、ブラウンなどのウォーム感のある色をチョイスするのがポイントです。

『アルファ インダストリーズ』

汎用性の高さで選ぶなら、ブラウンなど落ち着いたカラーを選ぶのがおすすめです。折り返し部分にさりげなく配されたブランドロゴがアクセントになっています。

『ハイランド2000』

ニット帽といえば、『ハイランド2000』は押さえておくべきブランドです。ケーブル編みが特徴的なこちらのニット帽は、ウォーム感たっぷり。またマスタードカラーがコーデの差し色としても活躍します。

『グリーンレーベル リラクシング』

ワインレッドも秋に取り入れたいカラーです。カジュアルなニット帽ですが、上品な色みが大人っぽい雰囲気を演出してくれます。こちらのニット帽は1,620円(税込)というお手頃な価格帯も魅力ですね。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
秋の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

近間 恭子

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato