脱シンプル。定番コーデに加えたい柄小物と、悪目立ちしない取り入れ方

大人はシンプルコーデが定番だが、周りと被りがち。物足りないと感じている人も少なくはないだろう。そんなときは柄小物で着こなしにアクセントを加えてはいかがだろうか?

大中 志摩

2017.09.06

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

大人におすすめしたい、シンプルコーデ×柄小物

ZOZOTOWN

定番だがマンネリ化しやすいシンプルコーデ。普段とは違った雰囲気を楽しみたいという人は柄小物を取り入れてスタイルの格上げを狙ってみては。柄物が苦手な人でも小物であれば気兼ねなく取り入れることができ、ベースがシンプルコーデなので難易度が高くなく、覚えておいて損はないテクニックだ。

大人でも取り入れやすい柄小物とは?

ZOZOTOWN

柄小物ならば何でもいいというわけではない。大人の着こなしに取り入れやすい柄小物を見極めることが重要。男らしさを演出してくれるカモ柄やスタイリッシュさを演出してくれるストライプ柄、アメカジの定番であるチェック柄などメンズライクな柄小物は大人でも挑戦しやすい。

着こなしのポイントは、うるさくなりすぎないこと

ZOZOTOWN

ワンポイントで柄小物を取り入れた着こなしは、おしゃれな雰囲気がぐっと高まり着こなしの格上げが図れる。しかし、むやみに柄小物を取り入れてしまうと柄同士が喧嘩してしまい、むしろ逆効果に。柄小物を取り入れる場合は、着こなしとのバランスを考え、ワンポイントで取り入れるのがベスト。柄だけでなく、色使いも多色を使いすぎると子供っぽい着こなしになってしまうので注意したい。

シンプルコーデにプラス1。いま狙い目の柄小物

夏から秋にかけての着こなしに取り入れたい柄小物をピックアップ。それらを取り入れたお手本コーデも合わせて紹介していく。コーディネートに自信がないという人は、真似ることから始めるのも1つの手だ。

アイテム1チェッカーフラッグ柄スニーカー

チェッカーフラッグ柄のスニーカーというと『バンズ』のスニーカーを思い浮かべる人も少なくないはず。今年はストリートスタイルが人気ということもあり、チェッカーフラッグ柄のスニーカーが例年よりも人気の傾向にある。存在感のあるデザインなので着こなしのアクセントとしても適役だ。ベーシックなモノトーンカラーであれば合わせるアイテムを選ばないので幅広いスタイルで活躍してくれる。

ABC-MART SPORTS PLAZA

抜け感やリラックス感を与えてくれるスリッポンのアッパーにチェッカーフラッグ柄を落とし込んだ『バンズ』の名作シューズ。今作は定番モデルのデザインをそのままにプロスケート仕様にアップグレード。衝撃吸収性に優れたULTRACUSHインソールに加え、トゥ部分にはすり減りにくいDURACAPが採用されている。

さりげないテクニックが隠れるモノトーンコーデ

WEAR

白シャツをメインに黒スキニーでスタイリッシュにまとめたカジュアルなスタイル。ロールアップした足元からはチェッカー柄のスニーカーが主張し、アクセントとして機能している。シャツのステッチが差し色となり、リズム感のある着こなしに。シャツの袖をひと折りしている点もポイントだ。

リラックス感漂うスタイルにシューズでスパイスをプラス

WEAR

スウェットTとダメージジーンズを合わせたスタイルに、インパクトの強いチェッカー柄のシューズが好アクセント。トップスの色が重い分、ボトムス、シューズと明るめの色を合わせることで軽さを出している。ダメージ感も程良く大人でも野暮ったさを感じさせずに楽しめる着こなしだ。

アイテム2ペイズリー柄のストール

ストリートスタイルの人気の高まりは、ペイズリー柄人気にも比例している。存在感のある柄ながらもどこか上品な雰囲気があるので、大人なコーデのアクセントにもぴったりだ。夏の終わりに防寒対策としても期待ができるストールであれば、すんなりと取り入れることができるだろう。

ZOZOTOWN

松かさやヤシの実など自然模様をちりばめたペルシャ芸術の象徴として誕生したペイズリー柄。柄の存在感が強く、一見取り入れずらそうに思えるがスーツなどのかっちりとした着こなしにも相性がよく大人のスタイルのアクセントとして優秀なデザインなのだ。こちらは、染めのクオリティが高いインドで製作されたストール。ウールが混紡されているので防寒性も高い。

大判サイズのストールは黒でシャープに取り入れる

ZOZOTOWN

オーバーサイズ気味のカットソーに黒スキニーのシンプルな着こなしのアクセントとして大判ストールをオン。首元にボリューム感が生まれ、縦のラインが強調されるのでオーバーサイズの野暮ったさをソフトな印象に。ポイントで黒のアイテムを配置することでシックでクールな雰囲気に仕上げた。

柄小物×テクニックで遊び心をプラス

WEAR

ベージュのリネンカーディガンをメインに、クロップドパンツとタッセルローファーを合わせてきれい目にコーディネート。ベージュがメインカラーの着こなしなので、上品で大人な雰囲気が強調されている。首元のペイズリー柄ストールを縦長に配置することで、大人の遊び心を表現した。

アイテム3カモ柄のバケットハット

フェススタイルやアウトドアスタイルで人気を集めるバケットハット。無地などでも悪くはないが、柔らかな印象のあるアイテムなので柄物をチョイスしても悪目立ちしにくい。カモ柄であれば男らしさもアピールすることができるうえ、シーズン問わずどんなテイストの着こなしにもなじんでくれる。使い勝手の良いアイテムなので、ぜひワードローブに加えておきたい。

ZOZOTOWN

今作は老舗スポーツメーカー『フィラ』と人気シューズショップ『アトモス』のコラボ作。ライトなカラーリングで仕上げたカモ柄のフロントには『フィラ』のブランドロゴがアクセントに。またリバーシブル仕様なので気分に合わせて使い分けができるのも魅力的。スポーツMIXコーデを手軽に楽しめるので今季狙い目のアイテムだ。

メリハリ抜群のリラックスコーデ

WEAR

ボーダーのロンTにベスト、ショーツを合わせた雰囲気のある着こなしにカモ柄のバケットハットでアウトドアテイストを加えた。スニーカーのイエローがアクセントになり、スポーティな表情に。全体的な抜け感とアクセントのつけ方が抜群の好サンプル。

シンプルコーデをワンアイテムでうまく格上げ

WEAR

白Tにオーバーオールのシンプルなコーディネートにカモ柄のバケットハットでスパイスをプラス。シンプルな着こなしなのでバケットハットの存在感がより生きている。裾をロールアップしてすっきりと見せることでオーバーオール特有の野暮ったさを見事に払拭した。

アイテム4ボーダー柄のソックス

最後におすすめしたいのはボーダー柄のソックス。スポサンなどと組み合わせた着こなしやさりげないアクセントにも使える重要な小物。ボーダー柄は、カラーによってシックなものからポップなものまで幅広く展開されており、ボーダー柄自体はカジュアルにもきれい目にも相性が良いので、大人の着こなしにも相性抜群だ。

ZOZOTOWN

異なるピッチが新鮮な『アダム エ ロペ』の1足は、洒落感と遊び心を兼備している。ドット柄の靴下とポーチがセットになっているため、プレゼントとしてパートナーにおねだりするのも良いだろう。

ラギッドなスタイルを上品でシックに

WEAR

ラギッドな雰囲気漂うスタイルにネイビーのボーダーソックスでマリンテイストをプラス。ネイビーとホワイトの2色に色を絞ることでラギッドな着こなしながらもシックな雰囲気に仕上がった。首元に配置したスカーフのアクセントも上品でおしゃれにまとまっている。

大人のアーバン休日スタイル

WEAR

デニムシャツ、ボーダーT、アンクルパンツでアーバンなサーフスタイルを表現。ソックスはTシャツと同様にボーダー柄をチョイスすることで着こなしにまとまり感をプラスしている。爽やかなカラーリングにまとめた好印象な大人の休日コーデに仕上がった。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
小物
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

山崎 サトシ

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

試す価値あり。グレーのジャケットを“もっとおしゃれ”に着こなすテクニック

グレーのジャケットは定番ゆえに重宝するが、着こなし次第では地味に映ったり、無難に見えたり、着こなすのは意外と難しい。おしゃれに着こなすテクを考えてみよう。

大中 志摩