キャンプで何着る? カッコ良くなりたいパパに贈る優秀アイテム集

アウトドアブームの流れで、休日に家族でキャンプを楽しむ人が増えています。これから始めるパパ向けに、カッコいいキャンプファッションをクローズアップ!

ai sato

2017.08.29

キャンプのときってどんな格好がふさわしいの?

そこまで本格的なキャンプでないにしろ、自然の中で過ごす以上、普段着だとやっぱり不便を感じるもの。おしゃれ心はキープしつつも、やはりシーンに合った機能を兼ね備えたモノを揃えるのが大人のセオリーです。まずは、キャンプにふさわしいアイテムを選ぶポイントを紹介します。

ポイント1:動きやすい服を選ぶ!

車で出かけてテントを張って……と普段とは違うアクティブな動きが必要となるキャンプ。当然、服装もそれに合った動きやすいモノを選びましょう。伸縮性素材で体の動きをじゃましないモノや、激しく動くことを想定して作られたスポーツウェアなどがそれに当てはまります。

ポイント2:水や汗に強い服を選ぶ!

キャンプ準備で汗をかくことはもちろんのこと、川や湖で遊ぶこともあれば、急な天気の変化で突然雨に降られることもあるでしょう。それらにいちいち動じないよう、キャンプではぬれても平気な素材や防水加工を施したアイテムを取り入れて。

ポイント3:防寒着はおしゃれなモノを選ぶ!

自然の中で過ごしていると、案外朝晩の冷え込みにびっくりするもの。夏場であっても長袖シャツなどの羽織モノがあると便利です。防寒対策としてはもちろんのこと、自分好みのおしゃれが楽しめるデザインを選び、キャンプスタイルに差をつけるのもお忘れなく。

キャンプでもカッコ良く。おしゃれな5アイテムと着こなし紹介

実用性が伴っていれば、形から入って問題なし。せっかくのキャンプですから、その雰囲気を楽しみましょう。機能とおしゃれを両立させたアイテムを5つピックアップして、その取り入れ方とともにご紹介します。

アイテム1ガシガシ動けるクライミングショーツ

アクティブな印象のショーツは、キャンプでも大活躍! 中でもおすすめなのは動きやすさに定評のあるクライミングショーツ。これ1着でアウトドア感もグッと深まるので、取り入れない手はありません。Tシャツと合わせてシンプルに着こなしつつ、ハットやサンダルでさらにキャンプテイストを添えるのがコツ。

ベーシックなベージュのクライミングショーツをポップなプリントTで遊んで、ワイワイ楽しく過ごすキャンプにぴったりの着こなしに。ショーツはロールアップしてスッキリ見せることで、さりげなく大人の余裕を演出できます。

淡いグレーのクライミングショーツにネイビーのTシャツで、少し大人っぽくクールな表情を漂わせたコーデ。スポーツサンダル×ラインソックスでアクティブさを出した足元にも注目して。ショーツを使った着こなしはシンプルになり過ぎることが多いので、足元やニット帽でメリハリを出すのは必須です。

アイテム2水にぬれてもOKなスポーツサンダル

山深いハードなキャンプ地は別として、基本的には足元は水に強いスポーツサンダルが便利! 水遊びや雨など足元がぬれる可能性の高いキャンプでは、すぐ乾く靴がいいんです。気温に応じて、ソックスを合わせて防寒力とおしゃれさをアップさせるのも手です。

男らしいアウトドアテイストを感じさせるカモ柄ショーツ×黒Tシャツの組み合わせに、ブルーのスポーツサンダルで軽さと爽やかさをプラス。あえて服と足元の色をリンクさせずサンダルを差し色にすることで、素っ気ない印象になりがちなシンプルコーデをブラッシュアップさせています。

シンプルさを意識した無地のアイテムで全体を統一することで、大人好みのスッキリと上品なカジュアルスタイルが完成! 白Tシャツとネイビーのショーツでメリハリを出したコーデを、黒のサンダルでキリッと締めている点にも注目です。シンプルだからこそ、親子や家族リンクコーデもしやすいのでぜひお試しを。

アイテム3羽織に最適な長袖シャツ

朝晩で寒暖の差があり天候が変動しやすいキャンプでは、肌寒さをしのぐ羽織モノが必須。そこでセレクトすべきは長袖シャツ。そのまま羽織として着るのはもちろん、腰に巻けば着こなしのアクセントとしても効果的という1枚で何役もこなす優秀アイテムなんです。キャンプらしいアメカジ感を出すなら、カラフルなチェック柄がおすすめ!

ジーンズ+チェックシャツのカジュアルなスタイリングがベース。ロールアップしたジーンズにサンダルを合わせたリラックス感のある足元やブルーのハットで、キャンプに似合うゆるめのアウトドアテイストも添えているのがポイントです。

さらりと羽織るなら、こんな明るいカラーリングのチェックシャツはいかが。白Tシャツの上に重ねれば爽やかさが加速します。シルバーのネックレスやバングルを投入してワイルドなテイストを足せば、こだわりを感じさせるカジュアルコーデの完成です!

アイテム4アウトドア感が増すマウンテンパーカー

マウンテンパーカーは、春や秋のキャンプには必ず持っておきたいアイテム。Tシャツだけでは寒いときはもちろん、雨などの悪天候時にも活躍しますよ。秋冬に向けてダークトーンのコーデが増えるので、あえてカラフルなものを選んでコーデの主役にするというのもあり!

マウンテンパーカーといえばコレという人も多い、信頼の厚い『パタゴニア』のトレントシェルをメインにしたキャンプコーデ。ショーツやスニーカーはベーシックカラーを選んで、マウンテンパーカーのパープル×グリーンという個性的な色合いを際立たせているのがおしゃれ!

秋が深まってきたら、季節を感じさせるシックな色みと防寒力の高いマウンテンパーカーをチョイス。ボトムスをダークカラー、足元をマウンテンパーカーと同色にすることでコントラストの効いた、視線を集める着こなしに仕上げています。

アイテム5ショーツとレイヤードしたいレギンス

シンプルなキャンプスタイルにさらに個性とイマドキ感を醸すなら、ショーツとのレイヤードスタイルが楽しめるレギンスがおすすめ! 無地ショーツ×柄レギンスや、ワントーンの重ね着などアレンジ力は無限大。しかも動きやすさや防寒力も高まるとあって見逃せません。

カラー切り替えパターンが目を引くショーツを、ダークグレーのレギンスで大人っぽく締めたスタイリング。トップスもレギンスと同色にして統一感を出しています。赤のスニーカーが好アクセント!

思いっきり色で遊んだハッピーなキャンプスタイルがこちら。カラフルなマウンテンパーカーにクレイジーパターンのレギンスでオリジナリティーを発揮! それでもごちゃごちゃして見えないのは、アイテムの色がリンクしているから。

KEYWORD関連キーワード
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事