大人の大本命。ニューバランスの新作M574Sが何かとスゴい

『ニューバランス』の名モデルとして知られる574が、より現代的になって新登場。ルックスも機能もアーバンライクな1足、その詳細に迫ります。

編集フカザワ

2017.07.19

みんな大好き“574”が正統進化。M574Sとは?

どうも、編集フカザワです。速報です。『ニューバランス』の数あるモデルのなかでもお馴染みの“574”が、2017年の着こなしにビシッとハマる顔と機能で登場しちゃいました。

どうですか、コレ?

かっこよすぎではないでしょうか、コレぇえ!?

たいてい興奮気味の私ですが、やっと本作を皆さまに紹介できる日が訪れたのでウキウキワクワクしています。というのも、そもそもコチラのM574Sは、先日発売されたばかりなのですがどこもかしこも品切れ祭りだったんですよ。でも、やっとのことで在庫を発見することができたのでね……。いつにも増してヤル気に満ちあふれ、輝いています、私(お前かよ)。

合わせて読みたい: 大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

魅力たっぷりのM574S。その詳細をチェック

さて、興奮気味の私ですからさっそくデザイン面からご紹介。私たちがよく知るところの“574”はレトロな印象ですが新作のM574Sは何ともスポーティで都会的。そもそもモデル名の“S”は“スポーツ”からきてるんですよ。うーん、納得。ピッグスキンスエードが採用されているため、品の良さもうかがえる点も最高ですよね。

着脱が楽チンなブーティー構造も注目したいところですが、クッション性&安定性を兼ねる“フレッシュフォーム”を採用したミッドソールがたまりませんな。さらに、さらにですよ。衝撃吸収に優れる“アブゾーブ”のパッドとの組み合わせで最強の履き心地を提供してくれるんです。もうね、ヤバいですね。

「アーバンな574、素敵じゃん」って思いましたよね!? そうでしょう。そうでしょう! しっかしですよ、アウトソールはオフロードにも耐えるソリッドラバー。デザイン的にレトロなマインドをのぞかせるアタリがニクいですよね。

究極の選択。あなたはどっち?

散々褒めちぎりまくってしまいましたが、仕方がありません。欠点が見当たらないんですもの。まあ、悩むとしたら色ですかね。

スエードのタッチが楽しめるホワイトも素敵ですし、クールなブラックも好みです、私の(お前かよ、2回目)。

スタイリングを問わず履ける『ニューバランス』のニュースター誕生に興奮冷めやらぬ私ですが、これ以上しゃべっているのもナンセンス。ただうるさいだけですからね。ここから先は目と足で実物を楽しむというか、拝みまくりたい所存です。

KEYWORD関連キーワード
スニーカー
ニューバランス(NEW BALANCE)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

山崎 サトシ

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

山崎 サトシ

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦