夏の救世主。2017年のパックTシャツ四天王を一挙公開

豊富過ぎるTシャツのラインアップから、“今夏の1枚”を選ぶのは至難のワザ。そこで頼るべきは即戦力になるパックTシャツ。なかでもイチ推しの4ブランドを紹介します。

編集フカザワ

2017.07.08

もう頼るしかない。パックTシャツに

どうも、編集フカザワです。突然で恐縮ですが、私はどうも数多くの服を家に所有するのが苦手。今夏もワードローブ以外のモノはすべて処分してしまいました。そのぶん大好きなお酒を部屋に並べてニヤニヤしています。

そんななか、MY定番として所有していたTシャツだけではそろそろ何かと厳しくなってきました。だって、汗をかいたら着替えますからね。「これはイカん」と思いました。あとは突然の雨で洗濯物が濡れてしまうという定番の悲劇も体験済みです。「マジでイカん」と思いました。

で、本気でTシャツを買い増ししようという決意とともに当記事を執筆しているワケです。

Tシャツを買い増しするにあたり、Freeamericanidol内で紹介している記事も改めて読み返してみたんですよ。

結論を申し上げると、「パックTシャツだよね。うん、パックTシャツにしよう」と。コストパフォーマンスが高いですからね。とはいえ、安物買いの銭失いを避けることが命題。アンダーウェアとして発売されているパックTシャツのなかでも、サマになるモノを厳選しました。

Tシャツ難民を救う。パックTシャツ四天王をご紹介

「サマになるモノを厳選しました」とかいっちゃってますが、完全に私的好みでセレクトしたのが4ブランドのパックTシャツ。新作だったり、私にとっての“日常着”だったり、いつものセレクトとは異なる視点だったり……。でも、ランダムに選んだわけではありません。ちゃんと、今夏の大人コーデにハマる理由付きで、チョイスしたブランドをご紹介します。

『ヘインズ』

ここ数年の夏のお供といえば『ヘインズ』のジャパンフィットという方は多いはず。その“青パック”仕様が突如リリースされたのです。コレ、待ち望んでいた方は多いのではないでしょうか? 私も赤のジャパンフィットを購入しましたが、コチラも気になるんですよね。

参考記事: ヘインズ ジャパンフィットのTシャツは何が違うのか?

で、今夏は“青パック”ならではのサラッとした表情の上にオープンカラーシャツを合わせたいなと。改めてご紹介する予定ですが、アロハシャツを合わせてもGOODですよね。もちろん、Tシャツ本来の生地感を1枚で楽しむのもアリ。心強すぎるTシャツは、ゲットして後悔することはないでしょう。

『ベンデイビス』

ワークブランドの老舗『ベンデイビス』からリリースされたパックTシャツも狙い目ブランドのひとつ。生地感やポケットのサイズ感など、いくつかの特徴があげられますが私的にはこのネイビーの色みがたまりません。ワンウォッシュ加工によるこなれた風合いが見事ではないでしょうか。超好みです。

で、そんな味わい深いカジュアルな1枚を、思いっきりプリーツの入ったスラックスに合わせたいというのが私のもくろみ。足元はそうですね、今らしくグルカサンダルで大人らしくすればモテるんじゃないでしょうか(そこかよ)。

参考記事: 愛用者急増。2017年はグルカサンダルに挑戦してみよう

『レッドキャップ』

『ベンデイビス』同様にワークウェアに定評がある『レッドキャップ』もイチ推しです。というか『レッドキャップ』のパックTシャツは私が20代のころからお世話になっておりまして、今も買い増しています。同ブランドの特徴は、何度洗濯してもヘタれることがない生地感。生地感というか、生地力とでもお伝えしたくなるほどしっかりとしてるんですよ。今夏はガツンとオーバーサイズで旬を楽しみたいですな。

参考記事: リラックス感溢れる。オーバーサイズで作る大人コーデ

『ブルックスブラザーズ』

やわらかく、なめらかな生地感はスーピマコットンならではのもの。着用感もソフトで思わず頬をくっつけたくなるでしょう。しかも前後が縫い合わされているのではなく、丸胴仕様となっているため、より快適な着用感を約束してくれるのです。このなめらかな生地感を生かし、リラックス感のあるショーツや無地キャップと合わせれば大人らしいストリーコーデが構築できるはず。

パックTシャツと合わせてゲット。インナー用にタンクトップもいかが?

「パックTシャツを1枚で着るのはちょっとね……」という方は、実力十分なブランドのタンクトップも要チェック。数あるブランドのなかでも選んで間違いなしの『ヘインズ』をご紹介。伸縮性が高く、体にフィットしてくれるのでアンダーウェアには最適の1枚。厚すぎず、薄すぎずという生地感もパックTシャツの下に着るには魅力たっぷりなんです。

■合わせて読みたい:
レイヤードテクでグンとおしゃれに。タンクトップの着こなし実例

大人買いしても損しない。パックTシャツは、やっぱりイイね

1パックの内容はブランドによって異なりますが、2枚もしくは3枚セットというのが通例。2パック買えば月曜日から土曜日までTシャツ生活が楽しめちゃいます。迷ったとき、困ったときのパックTシャツとはよくいったものですが、これからは“おしゃれをしたいときにも、パックTシャツ”と声高らかにいいたいものですね。

KEYWORD関連キーワード
Tシャツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

Freeamericanidol編集部

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

1枚でもサマになる。長袖ポロシャツが大人カジュアルに効く

ポロシャツと聞くと半袖をイメージする方も多いかもしれませんが、実は長袖も便利。定番の素材からテイスト別の着こなし方、おすすめのアイテムまでを一挙に解説します!

平 格彦

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦