メガネフレームもレイバンが人気。6つのおすすめモデル

サングラスの印象が強い『レイバン』ですが、同様におしゃれで高品質なフレームを使ったメガネも人気です。1点投入で洒落感を演出できる人気モデルをご紹介!

ai sato

2019.03.01

品質もデザインも確かな『レイバン』のメガネ

『レイバン』といえば掛け心地の良さはもちろん、ファッション性も高いサングラスが揃う人気ブランド。サングラスを気に入って、メガネも『レイバン』を指名する人は多いんです。

まず注目すべきは、サングラス同様の確かな品質。メガネフレームには、チタニウムやカーボン、最新のプラスチックなどを採用しています。軽さや丈夫さに加え、しなやかさにも優れた素材ゆえに、フィット感と掛け心地はお墨付き。また日本人の骨格に合わせたアジアンフィッティングならより快適な着用感が味わえます。

デザイン性の高さからセレブ人気に火がついたブランドだけあって、スタイリッシュなフレームにも定評あり。サングラスでお馴染みの「ウェイファーラー」や「クラブマスター」などのフレームをメガネに落とし込んだモデルをはじめ、さまざまなデザインやカラーが揃います。顔とのバランスを研究して開発されたフレームもラインアップ。掛けるだけで普段の着こなしの洒落感アップが叶います。

『レイバン』の人気メガネをピックアップ

さまざまなタイプが揃う『レイバン』のメガネの中から、普段の着こなしに取り入れやすくて人気の6モデルを厳選しました。シンプルな中にも、さりげないこだわりや洒落感が光るデザインはさすがの一言!

モデル1言わずと知れた永遠の定番「ウェイファーラー」

錚々たるセレブが愛用していることでも知られる『レイバン』の代表モデル「ウェイファーラー」のメガネ。シンプルかつクラシカルなフォルムは万人受けするデザインで、上品な着こなしからカジュアルなスタイルまで馴染やすいのも特徴です。本作は、ノーズパットを少し高くするなど、アジア人向けに作られたモデルなのでフィット感も良好。

モデル2「ウェイファーラー」をよりソフトな表情にアップデートした「ニューウェイファーラー」

オリジナルの「ウェイファーラー」よりも、横長のスクエアを意識した緩やかなシェイプが印象的な「ニューウェイファーラー」。少しフロントの傾斜を抑えたフォルムに仕上げることで、鼻パッド無しでも頬に当たらないようになっています。顔型のタイプ問わず、すっきりとした表情を演出してくれますが、特に丸顔の人はキリッとした雰囲気が出せるのでおすすめ。

モデル3レトロモダンな50~60年代スタイルからインスパイアされた「クラブマスター」

50~60年代のスタイルを意識したレトロモダンなデザインの「クラブマスター」。ブラウン×ゴールドのブロータイプのフレームが、クラシカルでリュクスな雰囲気を漂わせます。この知的な表情を活かすなら、シャツを合わせた上品な着こなしで大人っぽく仕上げてみては。

モデル4ラウンドシェイプで着こなしに遊び心を演出する「クラブラウンド」

『レイバン』のニューアイコンとして人気を集めている「クラブラウンド」は、「クラブマスター」と丸みのあるシェイプのラウンドモデルを融合したデザインが特徴です。ファッション性の高いスタイリッシュなフォルムは、スクエアや逆三角形の顔の人にお似合い。スタイルのあるメガネなので、ミニマルな着こなしに遊びを添える感じで取り入れるとおしゃれ。

モデル5人気のラウンドフレームを異素材MIXで仕上げた「ラウンドフレック」

着こなしのアクセントにぴったりなラウンドフレームの本作は、リラックス感のある雰囲気が印象的。フレームにはアセテート素材、ブリッジとサイドのテンプルにはマットなメタルというコンビで、フロントとサイドで違った表情が楽しめます。普段使いにはもちろん、ビーチリゾートなどでの力の抜けた着こなしにもよく似合います。

モデル6黒縁メガネの代表モデル。クラシカルな「RX5017」

クラシックな表情が魅力の黒縁のスクエア型。合わせるアイテムを選ばない万能タイプで、コーディネートの締め役に最適です。注目すべきは、本モデルのみに採用されているオリジナルリベット。バネ丁番を採用した柔らかい掛け心地に加え、日本人の骨格に合わせた仕上がりでフィット感も申し分ありません。

1点投入でコーデを格上げ。参考にしたい『レイバン』のメガネの取り入れ方

普段の着こなしに投入するだけで、洒落感が増す『レイバン』のメガネ。その効果的な取り入れ方を、実際に愛用している人のコーディネートからチェックしてみましょう。

コーデ1「ラウンドフレック」で骨太アメカジに遊び心をオン

どことなく遊びを感じさせる「ラウンドフレック」で、シンプルなデニムスタイルにさりげなく個性をプラス。キャッチーなフレームとニット帽で顔周りのバランスをとっている点もポイントです。

コーデ2男らしいデニムコーデを知的にアレンジ

クラシックかつ落ち着いた雰囲気が持ち味のスクエアシェイプの「RX5279」なら、コーディネートに知的な要素を投入できます。カジュアルなデニム・オン・デニムの着こなしをメガネでカチッと引き締め。

コーデ3「ウェイファーラー」でこなれ感UP!

こなれた表情を出すのがお得意の「ウェイファーラー」。白Tにサラッとワークシャツを羽織ったラフな装いに、洗練されたメガネのフレームがさりげない色気と洒落感を演出しています。メガネとローファーを黒で揃えた小技にも注目を。

コーデ4黒縁スクエアでアメカジを大人モードに

ハードなダメージジーンズや柄スニーカーなど、ともすれば子供っぽく見えがちなアイテムを、黒のスクエアフォルムのメガネとニット帽でクールに引き締めた着こなしテクはぜひ参考にしたいところ。着用モデルは、黒縁メガネの代表格「RX5017」。

コーデ5レトロな「クラブマスター」が存在感を発揮

武骨なミリタリージャケットに、上品な「クラブマスター」やハットを合わせてジェントルマン風に仕上げたMIXスタイル。50~60年代スタイルからインスパイアされたレトロなメガネフレームは存在感抜群で、1点投入で洒落感を存分にアピールできます。

KEYWORD関連キーワード
メガネ
レイバン(Ray-Ban)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

厳選! サングラスの人気ブランドとおすすめモデル一覧

強い日差しから目を守るという役割のほか、ファッションアイテムとしても重宝されているサングラス。定番から人気ブランドまで大人におすすめを一挙ご紹介します。

編集カツラガワ

必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

菊地 亮

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦