内緒にしたい。セールで3,000円以内になったTシャツ

誰もが200%着用するであろうTシャツは、良質なモノを控えめの価格帯でゲットしたいところ。そこで、当記事ではセール期間中のみ3,000円以内で購入できるTシャツをご紹介。

編集フカザワ

2017.07.03

夏の“Tシャツ欲”は、止まらない

湿気が苦手。どうも編集フカザワです。ここ最近では梅雨らしいというか、湿度が高い日が続いておりますな……。汗は止まらないわ気分もアガらないわでてんやわんやです。

さて、もはやお馴染みとなった冒頭のグチはここでお開きにしまして本題に入りましょう。さっそくではございますが皆さま、Tシャツを購入しましたか?

ここ数シーズンはやはり無地Tシャツが人気。誰でも着られるうえにサイズ感やパンツとの組み合わせで“自分らしさ”が表現できますからね。かくいう私も無地Tシャツばかりです。近頃はロゴTシャツも気になってはおりますが、なかなか無地から抜け出せません。

で、「夏といえばTシャツが必要だ」ということで先日こんな記事を執筆いたしました。

参考記事: 3,000円以内で探す。夏の買い増しTシャツおすすめ5選

「3,000円以内で良質な1枚が購入できるなら、アリだよね」という独断と偏見のもと、なかば強行突破的に、それはもうがむしゃらにお届けした内容になっております。そんな記事作成から約1ヵ月が経過した今の時期……。そう、世間はセール真っ最中なんですよね。

参考記事: 大人の夏祭り。セールアイテムのチェックリスト9選

そんな今の時期だからこそやっちゃいますよ、第2弾! 今回は“セールで3,000円以内になったTシャツ”という大人歓喜のシロモノです。さっそくラインアップをご紹介します。

お得感しかない。3,000円以内で購入できるTシャツ5選

当記事でピックアップしたTシャツは、全部で5枚。今ならば3,000円以内で購入できるモノばかりですが、もともとの価格を見ると「むふふふふっ」なモノをセレクトしました。ぜひとも夏セール攻略の参考に役立ててください!

アイテム1『アーバンリサーチ ドアーズ』/4,320円→2,592円(税込)

ビッグシルエットながらも長すぎない着丈が大人にはうれしい1枚。主張が控えめのサーフロゴが、私的にはツボです。ヴィンテージライクな1枚はスラックスに合わせても古着のジーンズに合わせても難なくハマるでしょう。

アイテム2『チャンピオン』/3,780円→2,646円(税込)

肉厚の生地感とゆったりとしたシルエットは“THE・男”のTシャツといって過言ではありません。オーセンティックな雰囲気は同ブランドならではですよね。

アイテム3『フルーツオブザルーム』/3,240円→2,981円(税込)

セール価格で1枚1,000円を切るという驚異のコスパが魅力。コットン100%によるやわらかな生地感やタイトすぎず、ゆったりすぎないサイズ感もポイントです。老舗ブランドならではの安心感をこの価格でゲットできるなんて……。サイズ違いで揃えたいわ……。

アイテム4『ナノ・ユニバース』/3,996円→2,797円(税込)

モテTシャツとして編集フカザワが憧れるボーダーTシャツも、チェックして損なしのシロモノ。『ナノ・ユニバース』のそれはシルエットがきれいなんですよね。着こなしのテイスト不問という安定感にも頼りたいところです。

アイテム5『ジャーナルスタンダード』/3,780円→2,646円(税込)

身幅のあるシルエットが今季的な1枚は『ジャーナルスタンダード』のモノ。ベーシックなホワイトも捨てがたいのですが、私的には写真のライトグレーがイチ推し。クリーンなパンツはもちろん、カーゴショーツなどの武骨なスタイリングに合わせたいひと品。

ラインアップ豊富だからこそ、自分の体と気分に合う1枚を

無地でも柄モノでもTシャツは自由に着てこそナンボでしょ、と私は思っております。でも、「何を着るか」「どんなサイジングで組み合わせるか」によって、着用者の“色”があらわれるのかなと……。で、自分の色を出すためにはやはり何枚も試すのが近道なワケです。何枚も着倒すならば品質も見た目も良く、それでいて控えめな価格がいいですよね。そんなこんなで、まだまだコストパフォーマンスに優れる1枚をお届けします!

※掲載価格は、7月3日現在のものです。

KEYWORD関連キーワード
Tシャツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

山崎 サトシ

ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

平 格彦

レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

山崎 サトシ

ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

菊地 亮

ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

八木 悠太