何が違う? シャカの人気サンダルを徹底チェック

厚めのソールやウェビングテープが特徴的な『シャカ』が人気を集めています。他のスポーツサンダルとは何が違うのか? その魅力や人気のラインアップに迫ります。

Freeamericanidol編集部

2019.06.25

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

南アフリカ生まれのサンダルブランド『シャカ』

ZOZOTOWN

1990年代に南アフリカ共和国で誕生した『シャカ』。そのサンダルは、アフリカの伝統的な柄や色使い、当時のトレンドであったウェビングテープを使ったデザインが特徴的で、日本でも販売されると人気を集めていました。2000年前半にブランド自体が消滅してしまったのですが、2013年より日本で復刻。当時のアーカイブより忠実にデザインを再現しつつも、機能性は向上させて、現代風にアップデートしています。

ZOZOTOWN

総柄を配したストラップが特徴的な『シャカ』ですが、最近ではソリッドなカラー展開も増えています。そのミニマルなルックスは今のトレンドとも好相性。ますます人気上昇で今季の注目株なんです。

気になる『シャカ』のスポサンの履き心地は?

ZOZOTOWN

まず注目すべきは、フィット感。ウェビングテープで調整することが可能なため、さまざまな足の形にフィットしてくれます。厚くて反り返りを施したソールは、クッション性が高く、足の運びを楽にするため、スニーカーのような履き心地が味わえる点も魅力。さらに耐久性にも優れているのでガシガシ履いても問題ありません。

ジャストサイズでOK? 『シャカ』のサンダル、サイズの選び方

1cm刻みのサイズで展開されている『シャカ』のスポーツサンダル。その作りは基本的に幅が細く、甲もやや低めです。裸足履きするならジャストサイズがオススメですが、ソックスコーデがメインとなる人、あるいは甲高な人・足幅が広い人などはワンサイズアップも視野に入れた方が良いでしょう。ベルクロによってフィット感の微調整はできますが、購入前にきちんと試し履きを!

今の気分にハマる。『シャカ』のおすすめサンダルはこの15足

スポーツサンダルブームの昨今、人と差をつけるならデザインバリエの豊富な『シャカ』から選ぶのがおすすめ。今の気分にマッチする15足をピックアップしました。

アイテム1『フリークスストア』別注 ネオ クライミング

ZOZOTOWN

『シャカ』の中でも定番のシンプルなストラップタイプの「クライミング」が進化した「ネオ クライミング」。ウェビングテープ裏にネオプレン素材を配することで、肌触りとフィット感を向上させています。厚みのあるソールで履き心地も抜群。

アイテム2ロッキーストレッチ

Select Shop Fleaker

アウトドア感の強いデザインとは異なり、アーバンライクなルックスが魅力の「ロッキーストレッチ」。伸縮性に優れたネオプレン素材で甲を包み込んでいるため、ホールド感が高く安定性も抜群です。インソールは土踏まずのアーチを高くすることで、より歩きやすいように作られています。

アイテム3ネオバンジー

LEA+RARE

2本のストラップのデザインが特徴的な「バンジー」の進化版。ネオプレン素材を採用することでフィット感を向上させ、より快適な履き心地を実現しました。今っぽいボリュームのあるフォルムも人気の要因。

アイテム4ラリー

ZOZOTOWN

『シャカ』のスタンダードモデルである「ハイカー」のデザインを踏襲した多重ストラップタイプの「ラリー」。足をしっかり包み込むためホールド力に優れ、またウェビングテープで調整しやすい点もポイントです。

アイテム5チルアウト

ZOZOTOWN

ストラップのないスライドサンダルタイプの「チルアウト」。甲部分には肌触りのいいネオプレン素材を採用しているため、甲が擦れにくく履き心地も良好です。ウェビングテープで調整可能なので、ストラップがなくても安定感あり。

アイテム6ハイカー

ALLSPORTS

『シャカ』を代表する定番サンダルのひとつがこの「ハイカー」。ウェビングテープが甲全体を覆う作りとなっているので、ホールド感は抜群です。足首前後2ヶ所のストラップに加えてアッパー部分も開閉できるので、フィット感のコントロールも実にイージー。見た目も機能も大人好みのアイテムです。

アイテム7トリッパー

Amazon.co.jp

親指をネオプレン素材が包み込む、フィット感良好なスライドサンダル。しかも、ソールがスニーカーと同様の構造となっているため軽やかな足運びを叶えてくれます。土踏まずのアーチをやや高めに設定することで、歩行時の疲労感を軽減したのもキーポイント。

アイテム8ズールー

ZOZOTOWN

2019年春夏シーズンより登場の新型は、グルカサンダル風のルックスが印象的。細身&微光沢のナイロンをウェビングテープの素材に使い、ほんのりと上品な面持ちに仕上げたのもこだわりです。ミニマルなワントーンカラーにつき、さまざまなコーディネートに順応!

アイテム9ゲレンデ

ZOZOTOWN

アッパーに配置したダイヤルを回してフィット感を自在に操れる “フリーロックシステム”を採用した1足。時計回りに回転させるとアッパーのワイヤーが締まり、反対に回すと緩みます。肉厚かつグリップ力に富んだアウトソールも頼もしい限り! 多彩なフィールドで履ける逸品です。

アイテム10リバーガイド

ZOZOTOWN

ほっそりとしたクロスストラップのおかげで、スポーツサンダルながらスマートな面持ち。ブレやすい足首部分は甲部分よりも幅太なテープでしっかりとホールドします。都会的な佇まいのサンダルなので、スラックスやテーパードパンツなどきれいめボトムスとも高い親和性を発揮。

アイテム11『チャプター』別注 ネオバンジー

ZOZOTOWN

人気スニーカーショップとしてお馴染み『チャプター』とのコラボモデル。「ネオバンジー」をミリタリーライクなカーキカラーで彩り、ベルト下のネオプレン素材にはさり気なく迷彩柄をチョイス。スニーカーを意識したデザインが魅力的です。

アイテム12『ステュディオス』×『ビューティフルピープル』別注 ネオバンジー

ZOZOTOWN

同じく「ネオバンジー」をアレンジしたトリプルコラボレーション。存在感あるロゴ入りのウェビングベルトを使用し、唯一無二のデザインを完成させています。主張度満点の1足のため、シンプルコーデのアクセントとして取り入れたいところ!

アイテム13『アーバンリサーチ』別注 ウィークエンダー

ZOZOTOWN

ベースモデルとなっているのは、ヒールストラップが脱着可能な2ウェイサンダル「ウィークエンダー」。快適な履き心地や優秀な機能面はそのままに、ストラップ・フッドベッド・ソールをネイビーでリンクさせて、シックな雰囲気に仕上げています。

アイテム14『ビーミング バイ ビームス』別注 フィエスタ

B:MING LIFE STORE by BEAMS

ウィメンズでのみ展開されていたサンダル「フィエスタ」をメンズモデルとして別注。甲部分の太めのクロスベルトに取り外し可能なバックベルトなど、アウトドアテイストの色濃い仕立てでアクティブ派の大人に◎です。また、全パーツのカラーも別注色にスペシャルアレンジ!

アイテム15『シャカ』×『ワイルドシングス』×『グッドディール』別注 エックスパッカー

ZOZOTOWN

グリップソールを起用した『シャカ』屈指のタフモデル「エックスパッカー」がデザインの基盤。テントやアウトドアバッグにも使われる高機能素材“エックスパック”をアッパーに特別採用した、ハイスペックなモデルです。落ち着きあるベージュカラーのため、汎用性にも長けています。

コーデの参考に。『シャカ』のサンダルを取り入れた好例

アウトドアにもタウンにも万能に使える『シャカ』のサンダル。参考にしたいコーディネート例をピックアップしました。

コーデ1アクティブに動きたいレジャーコーデ

WEAR

Tシャツ&ショートパンツ&スポーツサンダルの組み合わせは、夏のレジャーコーデの鉄板。アーバンライクな面持ちのオールブラックの「ハイカー」なら、ラフな着こなしながらも洒落感を醸し出せます。

コーデ2ジャケットスタイルのハズしにスポサンを投入

ZOZOTOWN

ジャケット×ショートパンツの着こなしには、ローファー等の革靴を合わせたくなりますが、スポーツサンダルで軽快にスタイリングした好例。ネイビーカラーをセレクトすることで、品の良さや知的なムードを演出することに成功しています。

コーデ3スポーツサンダルで足元に抜け感を

WEAR

ポロシャツ×チノパンのきれいめカジュアルな着こなしに、リラックス感漂う「チルアウト」で抜け感をプラス。ボトムスはアンクル丈を選ぶとバランスよくまとまります。

コーデ4ルーズなシルエット×リラックスサンダルは好相性

WEAR

ビッグシルエットのトップスにワイドパンツを合わせたリラックス感高めの着こなしにも、スライドサンダルタイプの「チルアウト」が相性良し。パンツやサンダルをブラックで揃えることで大人っぽい仕上がりに。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
シャカ(SHAKA)
サンダル
スポーツサンダル
夏の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子