15万円以下で厳選。30代にハマる腕時計ランキング

30代にもなれば、腕時計にも年相応の風格を求めたくなるもの。何十、何百万円というモデルがある存在するジャンルですが、15万円以下でも十分魅力的な逸品が見つかります。

横山 博之

2017.06.29

税込15万円以下でも十分。とはいえ、選び方は慎重に

着こなしに合わせて付け替えるのも、1つの腕時計の楽しみ方。しかし、旬が過ぎれば次々に使い捨てるというのは勿体のない話ですし、30代にもなれば年相応のステイタス感も欲しくなるもの。かといって、何十万円もの高級時計を狙うというのも腰が引ける……。そこで、「オリジナリティのあるデザインや優れた機能」によって「トレンドに左右されない魅力や一定のステイタス感」を持ち、「着こなしのカギ」にもなって「主にオフシーンで活躍する」15万円以下の腕時計15モデルを集めてみました。まずはここから、腕時計の魅力を味わってみてください。

合わせて読みたい: 狙うは一生モノ。高級腕時計の厳選おすすめカタログ

ブランドランキングBEST15。まずは、15位から6位まで紹介!

ダイバーズなどの機能系からデザイナーズなどファッション系まで、多彩なモデルをラインアップ。ブランドそのものにも、信頼を寄せられるものばかりです。特に2~4万円は業界内での競争が最もはげしい価格帯であり、驚くほどコスパに優れたモデルが存在しています。

15位『イッセイミヤケ』TO SILAN001/43,200円(税込)

発売から10年以上たっても人気が冷めやらないロングセラーモデル。実力派デザイナーの吉岡徳仁氏が手掛けたもので、中央にある2つのメタルディスクの回転によって時を表示。シンプルながら、全体に漂う「金属の塊」感に絶大な存在感を見せつけます。

Data:
ケース径38mm、5気圧防水、クォーツ

14位『ベーリング』ウルトラスリムセラミック 32039-227/31,320円(税込)

北欧ブランドらしい、ミニマルデザイン&6.5mmの極薄ケースを採用。ヘアライン加工によって、文字盤に表情をつけています。3万円以下ながら、チタニウムケースやサファイアガラスなど高品質素材が使われていて、長期保証もついているなど、品質も確かです。

Data:
ケース径39mm、3気圧防水、クォーツ

13位『ミッシェル・エルブラン』シティ オートマティック 1669/14 /95,040円(税込)

フランスで知らぬ者はいないといわれる国民的老舗時計ブランドのモデルです。20-30万円がメインのブランドですが、今作は手を出しやすい10万円以下。ポリッシュ仕上げを施したラウンドケースやインデックスからは、独特のエレガンスが漂います。

Data:
ケース径40mm、3気圧防水、自動巻き

12位『ブリストン』クラブマスター スポーツ アセテート-クロノグラフ/ 41,040円(税込)

高級眼鏡などにも使われるイタリア・マツケリー社製アセテートを使用したクッションケースモデル。スクエア型のインダイヤルもクラシカル。2012年設立の新興ブランドですが、LVMHグループをはじめとする高級時計ブランドを渡り歩いたディレクターが手掛けるだけに、クオリティーは確かです。

Data:
ケース幅42mm、10気圧防水、クォーツ

11位『Gショック』G-STEEL GST-W300-1AJF/37,800円(税込)

カジュアルなG-SHOCKを愛用していた人に、次のステップとしておすすめなのがこちら。メタルパーツを多用したG-STEELは、従来の樹脂ケースにはない高級感があり、いまやG-SHOCKの看板シリーズに。独自のレイヤーガード構造をはじめ、優れたタフネスさも健在です。

Data:
ケース径49.3mm、20気圧防水、タフソーラー

10位『シチズン』プロマスター BN2024-05E/100,440円(税込)

その名に恥じぬプロフェッショナル仕様のダイバーズウォッチ。中央には時・分・秒・水深・最大水深を示す5つの針を備え、3時側ケースにあるセンサーが水を感知すると、自動で水深を計測します。ケースは堅牢な二重構造で、高い耐衝撃性能を誇ります。

Data:
ケース径49.5mm、20気圧防水、エコ・ドライブ

9位『ドゥッファ』アアルト レギュレーター DF-9017-04/54,000円(税込)

時・分・秒をそれぞれ別に表示することで見間違えを防げる、古くから鉄道員などに使われてきたレギュレーターモデルです。ドゥッファは1920年の創業以来ドイツ時計史を代表するブランドで、同国が生み出した現代デザインの祖・バウハウスの影響を受けています。

Data:
ケース径42mm、3気圧防水、クォーツ

8位『テクネ』ハリアー 388 te-388-122/21,600円(税込)

12時位置のアワーマーカーや視認性に優れた文字盤が特徴のミリタリーモデルです。ケースはサンドブラスト加工のアルミニウム合金製。ロンジンの元デザイナーが手掛けており、手を出しやすい価格ながら細部まで妥協のない作りになっています。

Data:
ケース径41mm、5気圧防水、クォーツ

7位『カルバン・クライン ウォッチ』カルバン・クライン フューチャー K5C214D1/30,240円(税込)

デジタルでありながら、きわめてエレガントに仕上げたモデル。レトロフューチャーな雰囲気も漂います。ファッションブランドではありますが、世界最大のスイス時計グループであるスウォッチグループの一員であり、素材からムーブメントまで一流なのも見逃せないポイントです。

Data:
ケース幅39mm、3気圧防水、クォーツ

6位『モンディーン』ストップ・トゥ・ゴー A512.30358.16SBB/90,720円(税込)

1940年台よりスイス国鉄の駅で採用されはじめ、視認性の高さで絶賛されたクロックと同じデザインのモデル。デザインウォッチの元祖ともいえます。列車の発車時間を合わせるため、秒針が58秒で一周して12時位置で2秒停止し、分針が1分進むと再び動きはじめるという独自機構を採用しています。

Data:
ケース径41mm、3気圧防水、クォーツ

15万円以下で購入できる腕時計。ベスト5を発表!

ベスト5には、強烈なオリジナリティーを感じさせるモデルをピックアップしました。長年の歴史を背景に、独自の技術やセンスを駆使して生み出されたモデルには、そのブランドならではの個性が宿っているもの。それこそが心ひかれるポイントであり、「買ってよかった」と所有欲を満たしてくれるはずです。

5位『ユンハンス』マックス・ビル 041 4562 00/96,120円(税込)

1861年創業のドイツブランドが生んだ、傑作モデルです。バウハウス最後の巨匠と呼ばれるマックス・ビルが手掛け、極限まで薄くしたベゼルにスッキリとした文字盤をデザインしています。何十年たってライフステージが変わってからも違和感なく着用できる、普遍的な魅力があります。

Data:
ケース径38mm、防汗、クォーツ

大きく膨らんだドーム風防は、このモデルのアイコニックなディテールの1つ。ひと昔前の時計はこうした形状がほとんどで、今ではクラシックなディテールとなっています。プレキシガラス製。ケース厚は約8mmと薄いのも特徴です。

4位『ブローバ』カーブ 96A186/108,000円(税込)

ケースはもちろん、クォーツの基盤から腕に沿うようカーブさせた、世界初のクロノグラフモデル。当然フィット感は抜群で、これまでの腕時計とは一線を画しています。一般的なクォーツ以上の精度も誇っているのも特徴です。創業1875年という深い歴史があるからこそ生み出せたモデルです。

Data:
ケース径45mm、3気圧防水、高精度クォーツ

側面から見てみれば、ケースそのものもナチュラルにカーブしていることが一目瞭然。もちろん、文字盤そのものもカーブしています。ケース径45mmと数字上は大きめですが、この形状のお陰で腕になじみやすく、違和感がありません。

3位『ティソ』ティソ バラード オートマティック T108.408.16.057.00/102,600円(税込)

高精度ムーブメントの証しであるCOSC認定クロノメーターが、10万円以下で買える時代になりました。1853年の創業以来、精度を競う数多くの賞を総なめにしてきた『ティソ』の矜持を感じさせる3針モデルです。ベゼルや文字盤中央にはクル・ド・パリの装飾を施し、端正な表情を見せています。

Data:
¥95,000(税抜)、ケース径41mm、5気圧防水、自動巻き

シースルーバック仕様で、ムーブメントの様子を楽しむことが可能です。ティソがETA社と共同開発したパワーマティック80は約80時間のロングリザーブを実現し、磁力の影響を受けないシリコン製ひげゼンマイも使われています。

2位『セイコー』プレサージュ SARW029/97,200円(税込)

セイコーが生んだ初の国産腕時計・ローレルと同じフォントを使うなど、日本時計史のDNAを感じさせるデザインです。見やすさともに持続する美しさをもたらす独自技術コンフォテックス採用。パーツの製造や組み立て、仕上げ、検査まで熟練の国内技術者が手掛けています。

Data:
ケース径40.5mm、10気圧防水、自動巻き

手巻きつきの自動巻きムーブメントがのぞけるシースルーバック仕様。耐衝撃性を高めるダイヤショック、巻き上げ効率を高めるマジックレバー、サビや疲労を低減させるスプロンなど、数多くの独自技術が投入されています。

1位『ハミルトン』ベンチュラ h24411732/98,280円(税込)

ハミルトンは10万円以下で多数の名作を揃えていますが、群を抜いているのが1957年に世界初の電池式時計として誕生したベンチュラ。キャデラックを手掛けたリチャード・アービブによるアシンメトリーデザインは、気品があり、かつ独創的。今なお圧倒的な存在感を誇ります。

Data:
ケース幅32mm、5気圧防水、クォーツ

■合わせて読みたい:
ハミルトンの名機10選。アメリカ生まれの時計ブランドを深掘り

中央に描かれた波形はエレクトリックなイメージを、球形インデックスは原子を現したもの。既成概念を打ち破る独創性と気持ちを昂ぶらせるような未来感があり、かのエルヴィス・プレスリーが愛用したことでも知られています。

KEYWORD関連キーワード
機械式
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事