夏の定番。リーのコーデュロイショーツが進化した!

毎年話題を呼ぶ『リー』の別注シリーズ。ショーツに抵抗のある男性でも、イージーかつスマートにはけるその魅力、詳しくご紹介します。

伊藤 千尋

2017.06.05

大人顔×快適=『リー』のコーデュロイショーツ

気象庁から“スーパー猛暑日”という言葉が発表されるほど、今年の夏は例年以上に暑くなると予想されています。そんなとき、マストで押さえておきたいのがショーツですよね。しかし、快適さ優先でショーツを選ぶと、いざはいたときにどこか子供っぽかったり、着こなしが難しかったりと、ショーツ選びは正直、難しいですよね。かといって、快適さはやっぱり欲しいのもので……。

そんなわがままをかなえてくれるのが、今回ご紹介する『リー』のコーデュロイショーツ。では、魅力を2つの視点から詳しく解説していきます。

魅力1抵抗なく履ける大人の美フォルム

ご覧ください、こちらの絶妙な丈感を。

短すぎると少年感どころか女性ウケすら危ぶまれますし、長すぎると野暮ったくなりやすく短足に見えてしまいがち。しかし、『リー』のコーデュロイショーツはまさに絶妙、といえるほど丈感に嫌みがなく、さらにトレンド感も押さえられるのでおすすめです。

程良くシェイプアップされた幅にも注目。

細すぎると肌にまとわりついて清涼感が失われてしまいますし、太すぎるとだらしなく見えてしまいがち。こちらの程良いフィット感なら、清涼感をキープしたまま見た目もスマートで、かつトップスともメリハリがついてバランス◎。また、スタイルもよく見えるというメリットもありますね。

魅力2ショーツはやっぱり快適でなくちゃ

「夏にコーデュロイ?」と疑問を抱いた方、ご安心ください!

一般的なコーデュロイといえば、生地は分厚くしっかりとした質感。さらに起毛による肌触りに温かみがあり、“コーデュロイ=秋冬”のイメージですが、こちらはサマーコールという生地を使用しているので、同じコーデュロイといえど素材は薄く、軽い着用感を体感できます。

もともと、コーデュロイ特有の凸凹した表面は、通気性を向上させるために作られたという説があるほどで、見た目以上に涼しく夏も快適なんです。

前シリーズまではベルトループのみのデザインでしたが、今季からはゴム仕様になってアップデート。実は、これが今回の最注目ポイントなのです。イージーに履けちゃうという点が、一番うれしくありませんか?

ベルトの下って、汗をかいて蒸れますし、かゆくなることだって……。ウエストゴム仕様ならウエスト調整が簡単に、かつ締め付け感も少なくて快適な夏を過ごせそうですね。

いかがでしたか? 『リー』のコーデュロイショーツは、毎年カラーバリエーションが豊富で、今季もそのラインアップは充実しています! ベーシックなブラウンやベージュに加え、今季はトレンドでもあるペールトーンまで全10種類をご用意。価格も¥8,640とお手頃ですので、色違いで押さえておくのもアリですね。

KEYWORD関連キーワード
ショートパンツ
リー(Lee)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

CANADA

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦