お悩み別にご提案。雨の日に着たい服ってこういうの

「どうせぬれるから」などの理由で、雨の日は適当な着こなしになりがち。そこで憂鬱な雨の日でもテンションが上がる、おすすめのレインウェアをお悩み別に紹介します。

近間 恭子

2017.06.08

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

雨の日といえばレインウェア。でも見た目が……

ZOZOTOWN

レインウェアって、見た目がイマイチなイメージがありますよね!? でも最近は違うんです。防水や撥水といった優れた機能はそのままに、おしゃれにアップデートさせたものが実に豊富。そんなわけで、女性的な視点も取り入れたおすすめのレインウェアを厳選してみました。

4つのお悩みを一挙解決。雨の日に着たい服20選

デートからビジネススタイルまで、お悩み別に雨の日におすすめのレインウェアをピックアップしてみました。これを参考にレインウェアをセレクトすれな、雨の日が待ちどおしくなるかも!?

お悩み1「待ちに待った日が雨なんて。デートにおすすめの服は?」

正直、好みの問題なので基本的になんでもOKですが、たとえば街デート。あまりに本格的なレインウェアだと浮いてしまいますよね!? なので、街で浮くことなく、かつ女性ウケもいいというのは選ぶうえで重要かも。ということで、それをキーワードに、デートにおすすめのレインウェアをセレクトしてみました。

『ノルウェイジャンレイン』

ZOZOTOWN

雨の多いノルウェーで生まれた『ノルウェイジャンレイン』。防水性に優れた生地を使用しているのはもちろん、さらに注目すべきはパターン。テーラリングの技術を採用することで、細身ながらも抜群の着心地が味わるのです。フードは取り外し可能。

『トラディショナルウェザーウェア』

ZOZOTOWN

表地に撥水加工を施し、裏地との間には透湿防水フィルムを挟み込んだ3層構造のボンディング素材を採用。ハリのある素材を用いることで、ゆったりとしたフォルムながらもシャープな印象を与えます。無駄な装飾がなく、すっきりスマートなデザインは女性ウケも狙えるはず。

『ヘンリーハンセン』

ZOZOTOWN

軽量な3層構造の防水透湿素材を使った表地をシャンブレー調に仕上げているため、いかにもレインウェアに見えないので街デートにもぴったり。耐久撥水加工に加え、肩線やフードに施したシームシーリングのおかげで、不意な雨にも対応するというのも見逃せないポイントです。

『マーモット×ビームス』

ZOZOTOWN

フルシームシーリング仕様による防水性や透湿性といった機能はそのままに、余剰な部分をそぎ落としてよりスタイリッシュにアップデート。袖裏にメッシュ地を用いることで、レインコート特有のベタつきを軽減させるなど、快適性にもこだわった一枚です。

合わせて読みたい:
圧倒的機能を誇るマーモットのダウンなら厳しい冬も快適だ

『アールディーズ』

ZOZOTOWN

透湿・防水に優れた素材を採用しているため、普段使いはもちろん、レインコートとしても活躍。パッと見はシンプルですが、異なる柄で切り替えたフードやサイドがおしゃれなアクセントになってくれます。アウターを主役にしたスタイリングもおすすめ。

お悩み2「スーツの上に羽織っても違和感ゼロなコートが欲しい……」

ビジネスマンにとって、雨の日の外回りほど憂鬱なものはないですよね。かといって、本格的なレインコートはスーツには不釣り合いだし。そんなビジネスマンの悩みを解消するべくチョイスしたのは、上品顔のレインコート。どれも天候問わず活躍するコートばかりなので、一枚もっているとかなり重宝するはずです。

『レニープラネット』

ZOZOTOWN

撥水加工を施したポリエステルナイロンと無縫製と呼ばれる超音波で接着する技術により、レインウェアとしての高い機能を装備。それでいてレインウェアに見えないスマートなルックスというのも優秀です。脇下のベンチレーションホールで通気も確保しているので、雨の日以外での着用も可能。

『レインズ』

ZOZOTOWN

デンマーク発のレインウェアブランド『レインズ』。日常のワードローブに溶け込むシンプルで洗練されたデザインのコートは、『レインズ』らしい美しいシルエットが魅力です。素材は撥水性に優れたポリエステル。雨に強いだけでなく、軽い着心地も楽しめます。

『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWN

ややオーバーサイズのステンカラーコートは、パッカブル仕様な点も魅力的。ネオタイプライター素材による耐水性はもちろん、持ち運びが便利という持ってて損ナシの1枚です。

『ヘルノ』

ZOZOTOWN

防水耐久性・透湿性・防風性に優れた“ゴアテックス”の3層構造素材を使用した『ヘルノ』定番であり、ベストセラーモデルでもあるステンカラーコート。シンプルで上品なルックスはそのままに、今季はボタンをラバー製に変更しています。

『エーグル』

ZOZOTOWN

スタイリッシュなレインブーツでお馴染みの『エーグル』からチョイスしたのは、“ゴアテックス”の3レイヤー素材によって完全防水を実現したこちら。今季はポケットにアクアガードファスナーを用い、機能的にも防水性がアップ。立体的なパターニングによる抜群の着心地も見逃せません。

合わせて読みたい: 才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

お悩み3「急な雨って本当にうんざり。持ち運びに便利なアウターが知りたい」

コンパクトに持ち運べて、雨が降ったらサッと羽織れる。そんなレインウェアって理想的ですよね。普段使いだけでなく、旅行にも重宝するし。ってことでおすすめしたいのは、パッカブル仕様のレインウェアです。どれもシワになりにくい機能も備えているので、清潔感もキープできますよ。

『エストネーション』

ZOZOTOWN

こちらのジャケットは、撥水・クール・ハンドウォッシャブル・ストレッチ・シワに強いといった優れた機能を持ち合わせています。使用している “クールドッツ”というメッシュ状の生地は、通気や撥水に加えて軽い着用感を提供。スタンダードなデザインのジャケットなので、ビジネススタイルにも最適な一着です。

『ポロ ラルフローレン』

ZOZOTOWN

落ち着いたネイビーに映えるグリーンのラインが目を引くフーテッドブルゾン。撥水加工を施したナイロンは超軽量なので、快適な着心地が楽しめます。通気を高める脇下のベンチレーションやシルエットを自在に変更できるドローストリングなど、機能性をより高めるディテールにも注目を。

『レイジブルー』

ZOZOTOWN

ポリエステルながらもリネンのようなシャリ感を表現した生地は、『レイジブルー』が独自で開発したもの。防水・速乾・防シワ加工も施しているので、急に雨が降っても安心。ノーカラーのすっきりとしたデザインも特徴で、着回し力も抜群に高いです。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWN

撥水機能のある生地を使ったレインコート。それでいてスタイリッシュに見えるのは、すっきりとしたシルエットとマットなスナップボタンのおかげ。蒸れやすい脇下と背面にベンチレーションディテールを採用するなど、快適性を高めるこだわりが随所に!

『デサント』

ZOZOTOWN

伸縮性や撥水性に優れた“エアリー トランスファー”を用いた超軽量パッカブルジャケット。この素材は全方位に伸縮する4WAYストレッチなので、窮屈感のない快適な着用感が味わえます。ポケットの内側や裾などにあしらった熱圧着加工など、細部までこだわりが感じられる仕上がり。

お悩み4「レインウェアってアウターばかり。普段使いできるボトムスってある?」

私も常日頃思っているのが、レインウェアってアウターばかりってこと。トップスは傘である程度守られている(!?)ので、最も重視すべきは無防備なボトムスだと思うんですよ。ただ、本格的な見た目だと、普段使いできませんよね!? なので、ここでは雨に強いのに、普段使いもしやすいボトムスをチョイス。

『ザ・ノース・フェイス』

ZOZOTOWN

ランニング用のパンツなんですが、テーパードシルエット故に普段使いもOK。私的にはハイゲージのニットやローファーを合わせるのがおすすめ。優れた伸縮性をもつしなやかな3層ニット地なので、はき心地も申し分なし。もちろん防水・透湿の機能も備え、裾には止水ファスナーが採用されています。

『エフシーイー』

ZOZOTOWN

今季から本格始動する『エフシーイー』のアパレルライン。こちらのパンツに使用している“ウェザークロス”は軍服用に開発された素材で、レインコートにも用いられるほど防水性に優れています。ツータックでワイドという今どきシルエットもいい感じ。

合わせて読みたい:
アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

『ブラックレーベルクレストブリッジ』

ZOZOTOWN

超極細でストレッチ性の高いポリエステルを使ったイージーパンツ。軽いはき心地に加え、撥水性や防シワ性といった機能も装備しています。しかもコンパクトに収納できるパッカプル仕様なので、普段使いだけでなく、旅行にも大活躍間違いなし。

『マーク&ロナ』

ZOZOTOWN

こちらはゴルフショーツですが、シンプルなデザイン故に普段使いもできちゃう優れもの。特殊ファイバー糸を用いた生地の裏面に無穴高性能ラミネートフィルムを貼っているため、耐久撥水・透湿ともに20000㎜と超高機能。デザインアクセントにもなっているフロントポケットに止水ファスナーを採用するなど、細部もこだわりてんこ盛りです。

『エディフィス』

ZOZOTOWN

パッと見はエレガントなスラックスですが、生地にロロ・ピアーナ社が開発した“レインシステム”を搭載。これは織りの段階で特殊な加工を施しているのが特徴で、見た目とは裏腹の撥水性と防汚性を実現しているんです。しかもチェック柄は『エディフィス』のオリジナル!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
コート
レインコート
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

ソックススニーカーの人気が止まらない! 今おすすめの14足と着こなし実例

スポーティかつシャープな独特のフォルムに、ストレスフリーな着用感を備えて人気を集めるソックススニーカー。その定義から注目作、着こなし例までを一挙に解説します。

平 格彦

ミニ財布20選。コンパクトで使い勝手のいい人気メンズブランドは?

ミニマル思考が高まり、外出時に必要最低限の荷物しか持たない人は多い。身軽に出かけたい人におすすめなミニ財布のなかから、注目のアイテムをピックアップした。

大中 志摩

着こなし別に提案。雨の日に重宝するレインシューズ

梅雨や台風、突然の天気雨など、雨天対策に機能的でおしゃれなレインシューズは必須。そこでオンとオフの着こなし別にレインシューズを厳選しました。

宮嶋 将良

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

山崎 サトシ