【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

夏に映えるカラーを1点!パタゴニアの色モノが大活躍

BBQやフェスなどアウトドアコーデに、気分も見た目もテンション上がるカラーアイテムはいかが? カラフルなデザインが揃う『パタゴニア』のショーツやバッグがおすすめ!

編集カツラガワ

2017.06.02

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

愛用者多数! 『パタゴニア』のカラーショーツ

夏の定番である『パタゴニア』のバギーズショーツは、快適なはき心地に加え、カラーや柄のバリエーションが豊富な点が魅力です。とくにこれからの時期におすすめは、目を引く鮮やかカラーや派手柄タイプ。シンプルなTシャツに合わせるだけで、ぐっと夏らしくお洒落感もアップ!

Tシャツ&ショーツの着こなしをぐっとおしゃれに見せているのは、夏の日差しによく似合う『パタゴニア』の真っ赤なショーツのおかげ。ひと際目を引く派手色もショーツなら意外と取り入れやすいんです。

海風感じるサーフスタイルに取り入れたのは『パタゴニア』のボーダーショーツ。夏のレジャースタイルなら、このくらいカラフルでも問題なし!

こちらもビビッドな赤のショーツを主役にスタイリング。黒Tとのコントラストでメリハリあるコーデに仕上げています。ハットやスポサンでも色を散りばめて陽気なムードに。

ショーツ以外にも豊作! 『パタゴニア』のカラーアイテムに注目

人気のバギーズショーツはもちろん、リュックやバッグなど小物においてもカラーアイテムが揃っています。夏らしい気分を盛り上げるカラフルなアイテムをご紹介!

バギーズショーツ

撥水加工が施され速乾性にも優れたバギーズショーツは、街ではもちろん水辺での着用に最適です。こちらのような海が似合う爽やかカラーはいかが?

トラベルヒップバッグ

身軽になりたいアクティブシーンで活躍するのがこちらのトラベルヒップバッグ。ウエストポーチとしてもボディーバッグとしても使えます。コーデのアクセントとして最適!

バケットハット

アウトドアシーンに欠かせない帽子もカラフルなアイテムが揃っています。レッドやブルーなどの鮮やかな色みに抵抗があるなら、落ち着いたベースカラーにアクセントカラーが入ったモノを選ぶと◎。

リュック

夏気分を盛り上げるオレンジカラーがすてき! リップストップ・ナイロン素材を採用しているため、軽量かつ耐久性に優れている点もうれしいポイントです。アウトドアシーンでガシガシ使えちゃう!

トラベルトート

ウェアでは難易度高めのカラーリングもバッグでなら手軽に取り入れられますよ。こちらはトートバッグとしてもリュックとしても使える2WAYタイプ。ポケットに収納できるポケッタブルなので旅行などにもおすすめです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
パタゴニア(patagonia)
ブランドまとめ
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

Freeamericanidol編集部

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

CANADA

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato