寝間着に見せない。パジャマシャツのおしゃれな着こなし方

リラックス感満点なパジャマシャツがブレイク中。ただし、1歩間違えると“寝間着”に見えてしまう懸念も。おしゃれに見せるためのコーデ術を新作紹介と共にお届けします。

山崎 サトシ

2018.07.20

パジャマシャツとはどういうモノ?

その名の通りパジャマライクなデザインのシャツのことをパジャマシャツと呼びます。実際にパジャマとして着られるモデルもここに含まれ、厳密な定義はありませんが、多くのモデルは開襟仕立てとなっており、シルエットはややゆったりめ。また、パイピング仕様やテーラーカラーなどもよく見られるディテールです。

纏えば一気に抜け感たっぷり。パジャマシャツで旬コーデを狙う

くつろいだ雰囲気が最大の魅力と言えるパジャマシャツ。気負わないリラックススタイルが全盛を迎えている今季、その抜け感を味方に付けておかない手はありません。しかも、ルームウェアがベースなだけに着心地が軽やかといううれしいメリットも。旬なアイテムということで、この夏は有力ブランドからも多くリリースされています。

「寝間着で来ちゃった?」とは言わせない。街っぽく装うためのコツ

トレンドアイテムとはいえ、下手を打つと「それって部屋着?」と周りから突っ込まれてしまう可能性もはらんでいるパジャマシャツ。ここからは洒脱な雰囲気を作るためのコツを、おしゃれな大人たちの着こなしを参考にレクチャーしていきましょう。

着こなしのコツ1きれいめアイテムとの組み合わせが常套テク

パジャマシャツを寝間着っぽく見せないテクニックとして鉄板と言えるのが、きれいめアイテムの投入。ローファーやタックパンツを巧みに織り交ぜて、リラックスした印象のパジャマシャツをご覧の通り大人っぽく着こなしています。

着こなしのコツ2武骨なボトムスで男らしさを加味するのもアリ

ゆるっとした顔立ちのパジャマシャツを軍パンなどの男らしいウェアで引き締めるのも非常に効果的。メリハリがついて、着こなしが街っぽく仕上がるはずです。こちらの装いは足元に風格あるレザーシューズを持ってきたのもポイント。

着こなしのコツ3ワントーンカラーに徹してすっきり装う!

すっきりと見えるワントーンコーデも、アカ抜けたイメージを作る上で有効。特におすすめなのが、涼しげなムードも同時に入手できるブルー系カラーでのリンクです。実践しやすいコーディネート術なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

着こなしのコツ4スポーツテイストの注入で今っぽさをさらに底上げ

リラックススタイルと並ぶ一大トレンドとなっているスポーツMIX。こちらの着こなしのように、パジャマシャツコーデにトラックパンツでスポーティさをブレンドすれば、リラックス×スポーツの良いとこ取りな装いが完成。今季らしさをがっつりアピールできます!

着こなしのコツ5シックさを描き出すなら上下モノトーンで

上下とも落ち着いたモノトーンカラーで呼応させれば、このようにシックなスタイリングに。トーンが落ち着いている分重たく映りやすいので、ボトムスはショーツやクロップドのような夏らしいタイプが良いでしょう。明るめのベルトでアクセントを付けるテクも◎。

着こなしのコツ6スマートさを演出できるスリムパンツとのマッチング

シャープな細身パンツは、ゆったりフォルムのパジャマシャツを格上げしてくれる良き相棒。着こなしを簡単にスマートなニュアンスへと導けます。なお、シューズとパンツのカラーリングを連動させると、より都会的に仕上げることが可能。

初めてでも安心。取り入れやすいおすすめのパジャマシャツ

最後はトライしやすいパジャマシャツをご紹介! 派手なルックスのモノは大人のワードローブと合わせにくいので、避けたほうが無難です。無地やチェックといったベーシックデザインを選ぶのが正攻法と言えます。

アイテム1『ステュディオス』ビッグシルエットパジャマシャツ

ざっくりと着られるビッグシルエット仕様の1枚。ボディのポリエステルサテン地は、洗いざらしたようなナチュラルな風合いになっています。ベーシックでクセのないブラックカラーモデルなので、パジャマシャツビギナーにはうってつけ!

アイテム2『プライベート・スプーンズ・クラブ』メンズシルクパジャマ半袖トップス

シルク100%素材で仕立てられた贅沢なパジャマシャツ。エレガントな見た目のアイテムなので、ジャケットのインナーとして着用してもしっくりきます。吸湿性、保湿性に秀でるなど、申し分なく快適です。

アイテム3『スリーピージョーンズ』ヘンリーパジャマシャツ

2013年にスタートしたルームウェアブランドより。爽快なブルーのギンガムチェックで彩られた1枚は、アメカジっぽいテイストでジーンズやチノパンと抜群の相性を発揮します。また、柔らかなコットン素材を使っているおかげで着るほど身体に馴染んでいきます。

アイテム4『アトリエ べトン』シルクチェック パジャマシャツ

最高級の絹糸のみを使用し、さらに生地の表面に起毛加工を施すことで上質な見栄えを形成したモデル。デザイン性の高さに加えて、3つものポケットがフロントに付属しているところもタウンユースしやすい理由のひとつです。

アイテム5『ジェラートピケ オム』ミニパイルパジャマシャツ

女子から絶大な人気を誇るルームウェアブランド『ジェラート ピケ』のメンズラインから。パイル地を用いているため肌触りが優しく、さらに速乾性にも優れています。パジャマシャツでは珍しく、ボタンを首元までしっかり留められるようになっているのも特徴的。

KEYWORD関連キーワード
開襟・オープンカラーシャツ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

平 格彦

15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

平 格彦

日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

山崎 サトシ

春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

平 格彦

ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

山崎 サトシ

30代メンズにすすめたい。アメカジファッションのコーデ術

30代以上の男性にとって、アメカジはブレないベーシック。とはいえ、年相応にアップデートする必要があるでしょう。今らしく、大人にハマるアメカジとは何かを解説します!

山崎 サトシ