もっさり見せない。旬のオーバーサイズ指名買いリスト

リラックス感のある着こなしが旬の今シーズンも、オーバーサイズが気になるところ。そこで、大人らしくおしゃれに着こなせるオーバーサイズのトップスを紹介します。

編集フカザワ

2017.05.19

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

リラックス感だけじゃない。大人にオーバーサイズを提案したい理由

ZOZOTOWN

2016年の秋冬から続く“ゆったり”としたファッションへのニーズは、今季も同様。特に、オーバーサイズのトップスは人気セレクトショップをはじめさまざまな店舗でリリースされていますよね。

前置きが長くなりましたが、どうも編集フカザワです。昨年からリラックス感のあるトップスを愛用していたというか愛していた私にとっては何と都合の良いシーズンでしょうか。2017年もリラックス感のある着こなしを楽しんでOKだなんてまさに“MY YEAR”ですな。がはは。

ZOZOTOWN

“旬を楽しむ”という利点以外にも、オーバーサイズを大人に激押ししたい理由がございましてね……。大声では伝えにくいのですが、

「体型がカバーできるんです」

あちゃー、言わせちゃいましたね。内緒にしたかったんですけどね。トレンド云々よりも、実は体型カバーという隠れた長所から私はオーバーサイズを愛用しています。基本的にFreeamericanidolで紹介する写真のモデルの方々は憎ら、いやうらやましいほど細身なのですが、それを差し引いてもふっくらとした脇腹をカバーできるオーバーサイズは便利で仕方がありません。お腹まわりが気になる男性には、本気でおすすめします。

“大人のオーバーサイズ”を見極めるポイントは?

「オーバーサイズってコトは、サイズアップして着ればいいのでは?」

なかなかするどい自作自演ですが、答えはNO。その理由も含めて“大人らしい”オーバーサイズのアイテムを選ぶ基準をご紹介しましょう。

ポイント1基本はコレ。肩と身幅は“ゆったり”と

ZOZOTOWN

オーバーサイズと呼ぶからには“サイズが大きめ”であることは常識。とはいえ、どこが“オーバー”であるかが大人らしさを引き出すためには超重要なんです。

まず、“オーバー”な場所は身幅と肩幅。肩幅においては、ドロップショルダーと明記されているアイテムもコレに該当します。

ポイント2ココが重要。“着丈も長い”のはNGです

ZOZOTOWN

反対に“オーバーであってはならない”場所、というより個人的に「ココがオーバーだと、ちょっとね……」と思うのが着丈です。着丈が長いトップスはやぼったく見えたり、過剰に若々しい印象に転んでしまったりと、30代以上の男性にとっては不向きかなと。

もちろん、着丈が長めのオーバーサイズを活用されている達人も存在しますが、それは彼らのスタイルあってこそ。誰にでも馴染むオーバーサイズをゲットするならば、「着丈はいつも着ているトップスとほぼ同じ」サイズから探しましょう。

ポイント3デザインはあくまでもシンプルに

ZOZOTOWN

過度な装飾は控えましょう。コレ、いわずもがなかもしれませんね。そもそもオーバーサイズのトップスはシルエットが最大の特徴。デザインが施されたモノを選ぶとしても、ポケットがついたものやワンポイントくらいがGOODです。その方が着回しやすいですしね。

また、シンプルなデザインであるからこそカラーリングで差をつけるのが今季的。ホワイトやブラック、ネイビーなどの定番色はもちろんペールトーンのアイテムも鮮度が高く、おすすめです。

即活用したい、オーバーサイズのトップス5選

ポイントを押さえたところで、独断と偏見でセレクトしたオーバーサイズのトップスをご紹介。色みのバリエーションも豊富な5ブランドを厳選しましたので、雰囲気の好みや懐と相談して旬のアイテムをゲットしてください。

『アーバンリサーチ ロッソ』/6,480円(税込)

ZOZOTOWN

着古したかのような色みと程良くリラックス感のあるサイズが魅力の1枚。そでをロールアップさせれば、おしゃれへの近道である“こなれ感”も十分です。コレ、ジーンズはもちろん白パンツに合わせたいです。

『ジャーナルスタンダード レリューム』/6,912円(税込)

ZOZOTOWN

半袖というより、“6分丈”と表現するのが適切なカットソーも大人らしい“ゆったり感”が楽しめるアイテム。ドライな素材感と爽やかなカラーリングの“イイトコ取り”も、おしゃれなムードに拍車をかけてくれるはず。

『オーラリー』/16,200円(税込)

ZOZOTOWN

リラックス感のある着こなしの立役者といえるほどにトレンドセッターとしての頭角を現しまくっているのがコチラの『オーラリー』。スタンドアップTシャツと命名された1枚は、その名のとおりガシッとした質感が魅力的。何をどう合わせてもアーバンライクにキマるトップスは、ぜひ今季中にゲットしておきたいところ。

参考記事: 感度の高い大人が注目。オーラリーの世界観に浸れ

『ヘビーウェイトコレクションズ』/5,400円(税込)

ZOZOTOWN

2016年から編集フカザワが愛用している同ブランド。少しずつ買い足した結果、ロンTと半袖を合わせて4人家族ならぬ“4枚家族”になりました。ちなみに家族構成は大きな黒のロンT(Mサイズ)と程良くゆったりとした白のロンT(Sサイズ)が夫婦で、ネイビーと白の半袖Tシャツ(ともにSサイズ)が子供たちです。

で、肝心の魅力は肉厚かつザラッとした肌触り。生地の厚みに反して、とても涼しいんですよ。あと首まわりのリブがツボ。強そうというか男らしいというか。次に狙っているのが定番色以外のカラーリングです(まだ買うのか)。

『ドゥニーム』/4,309円(税込)

ZOZOTOWN

コレ、イイですね~。袖のラインがスポーティですし、何よりも存在感十分。スラックスと合わせてスポーツミックスを楽しむも良し、ジョガーパンツと合わせて都会的なスポーツコーデに落とし込むも良し。休日着にはぴったりではないでしょうか?

今季も旬のオーバーサイズ。春夏はポロシャツにも要注目

今シーズンは、春夏の大人トップスの定番であるポロシャツもアツいんです。きれいめの印象はキープしつつも、サイズ感がどこかストリートライクなムードを演出してくれる……。私的感情を多分に含んでいますが、コチラぜひチェックしていただきたいですね。というワケで、おすすめの3枚をさっそくご紹介。

『ビューティ&ユース』/9,720円(税込)

ZOZOTOWN

ゆとりのある身幅が今季的な1枚。サイズこそややオーバー気味ではありますが、品の良さを保っているのはニット素材のサポートあってこそ。どシブなカラーリングもプッシュしたい理由のひとつです。

『アーバンリサーチ』/8,424円(税込)

ZOZOTOWN

ざっくりとしたカノコ素材が清涼感を演出する『アーバンリサーチ』のポロシャツ。コレ、私買っちゃいますね。先日ご紹介した『グラミチ』のショーツに合わせて、自転車でさっそうと街を駆け抜けたいです。

参考記事: グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

『ジョンスメドレー』/29,160円(税込)

ZOZOTOWN

“ジョンスメ”さまのポロシャツは、百聞は一見にしかずの表情が◎。当記事で紹介するアイテム中、もっとも高価なシロモノですがそれでも価値ある1枚ではないでしょうか……。コレ着たら、間違いなくおしゃれです。ややゆったりとしたサイズ感と品格は、まさに男の憧れですね。こうした逸品が似合う大人にソッコーでなりたいものです……。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
トップス
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮