頼りになる1枚。チャンピオンのTシャツが大人に必須

肉厚素材で強度の高い縫製、ガシガシ着られる『チャンピオン』のTシャツはワードローブに必須といっても過言ではありません。定番から別注まで注目アイテムをご紹介!

編集カツラガワ

2017.05.05

肉厚素材でタフさが魅力の『チャンピオン』のTシャツ

『チャンピオン』といえば、リバースウィーブのスウェットに定評がありますが、Tシャツだってその実力は負けず劣らず。しっかりとした肉厚素材でガシガシ着られるTシャツは、これからのシーズンに欠かせませんよね。

改めて知っておきたい、『チャンピオン』のTシャツの魅力

『チャンピオン』のTシャツの中でも、とくに名品といわれているのが「T1011」。もともとは、カレッジの体操着として使用されていたものなんです。肉厚な素材、強度の高い縫製、すべての工程がアメリカで行われたというこだわりぶり。それゆえに、ヘビーウェイトTシャツの代表格といわれるほどで、耐久性はお墨付きです。着込んでもへたれにくいのでガンガン着倒せます。

今買うならこれ! 『チャンピオン』の狙いめTシャツをピックアップ

タフな「T1011」シリーズほか、幅広いラインアップが揃っているのも『チャンピオン』の魅力。さっそく、今季の着こなしにぴったりなおすすめをご紹介します!

ポケットTシャツ

肉厚素材が人気の「T1011」の『ジャーナルスタンダード』限定カラーに注目。普段は白やグレーなどベーシックなカラーを選びがちですが、たまには鮮やかなカラーTシャツに挑戦してみては。定番の着こなしも明るく華やかに!

インディゴ リバースウィーブTシャツ

インディゴ染めの風合いが味のあるこちらの1枚。着込むほどにくたっと馴染み、風合いの変化を楽しめます。リバースウィーブを採用しているため、洗濯による縮みや型崩れを防いでくれるところもうれしい。

レイヤードTシャツ

シンプルで単調になりがちなTシャツスタイルを新鮮に見せてくれるのが、こちらの2枚のTシャツセット。レイヤードしてさりげなくインナーをのぞかせるのがポイントです。もちろん1枚で着たってOKですからとてもお得!

クルーネックTシャツ

適度な生地感が魅力の9.4オンスのTシャツ。スウェットのディテールであるV型ガゼットや袖と裾にリブをあしらったデザインが、ヴィンテージライクでこなれた表情に。着心地も抜群です。

ビッグTシャツ

『チャンピオン』を象徴とするリバースウィーブ(R)を採用したこちらのTシャツ。ルーズなビッグシルエットが今季らしい着こなしへと仕上げてくれます。爽やかなミントグリーンの色みも旬!

KEYWORD関連キーワード
Tシャツ
チャンピオン(Champion)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮

無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

平 格彦

大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

Freeamericanidol編集部

Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

平 格彦

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太