この春ベストなカラーコンビはブルージュに決まり

これからのシーズンは涼しげでなおかつ上品な大人のカジュアルスタイルが好印象。今回は、そんな望みに応えてくれるブルージュのコーデを紹介します。

Hiroshi Watanabe

2017.04.27

春夏の新定番はやっぱりブルージュ。ところでブルージュって何?

ブルージュといってもヘアカラーではありません。ファッションにおけるブルージュとは、ブルーやネイビーとベージュのカラーコーデのことを指します。爽やかで清涼感がありながら、派手になりすぎず上品にまとまるブルージュのコーデはこの春夏の新定番。当記事では、そんなブルージュのコーデサンプルを紹介します。

何が違う? 上下の色みの組み合わせによる見え方について

上がブルー、下がベージュの場合

上がブルー、下がベージュのコーデでは、ホワイトのボトムスで合わせるよりも控えめで上品な雰囲気が出るというのがポイント。チノパンのような定番を擁するベージュのボトムスは、いい意味でコンサバな雰囲気を作り出せるため比較的合わせやすく、コーデの自由度が高いというのが大きな特徴です。

上がベージュ、下がブルーの場合

ジーンズからスラックスまで、ベージュよりもより多くのバリエーションがあるブルーのボトムスでは、選ぶボトムスの種類によってコーデ全体の見え方が大きく変わってきます。上がベージュ、下がブルーの組み合わせは、ラフなスタイルからきれいめまで、自在にテイストを使い分けられるというのが特徴です。

定番だからこそおしゃれに。ブルージュのコーデ集

ここからは、この春夏のカジュアルに取り入れてほしいブルージュのコーデサンプルを紹介します。涼しげで上品なブルー×ベージュのコントラストと、大人の余裕を感じさせるリラックス感のあるカジュアルコーデを厳選しました。

クリーンな基本コーデはこなれ感を意識する

上がブルー、下がベージュの基本となるミニマルなコーデ。きれいにしすぎると堅くなりがちなコーデですが、洗いざらしたシャツのシワ感やパンツのゆとり、そしてロールアップして短めにしたレングスなど、細かい部分に気を配ることで今風のこなれたコーデになっています。

アメカジ風のラフなコーデも上品に

フットボールシャツを合わせたアメカジコーデも、ブルージュのコーデならラフになりすぎず上品なイメージに。ゆとりのある今どきのトップスに合わせるボトムスは太くしすぎないというのも、全体を大人っぽく見せるためのポイントです。

きれいなブルーを引き立たせるミニマルコーデ

気軽に羽織れる綿や麻のカーディガンは春から秋まで使える便利なアイテムです。インディゴカラーの生地にフェード加工を施したきれいなブルーは、シンプルに淡いベージュのパンツを合わせることで軽快さが際立ち、品のある大人のコーデになっています。

ボーダー柄を涼しげに大人っぽく

大人が着ると「子供っぽい」「安っぽい」になりがちなボーダー柄も、さまざまな編み地を組み合わせたタックボーダーのサマーニットとブルージュコーデで涼しげなリラックス感漂う大人の雰囲気に。クロップド丈のボトムスで張り切りすぎない抜け感を演出している点にも注目です。

ストライプシャツの上品な抜け感

カジュアルで使うとおしゃれに見せるのが意外に難しいストライプ柄のシャツは、大きすぎない程よいサイズ感の麻素材のものがおすすめです。クロップドパンツを合わせ、さらにブルージュのカラーコーデで涼感を出すことで、上品な抜け感を演出できます。

ブルージーンズのシャツコーデも今風に

ブルーのボトムスなら誰もが持っているブルージーンズももちろんアリ。ベージュのシャツを合わせるだけで上品なカジュアルコーデとなります。ジーンズはテーパードシルエットのものを選びくるぶしを出すことで、よりリラックス感のある今風の見え方になります。

ブルージュのレイヤード

セーターとスラックスを合わせたカジュアルコーデは、レイヤードされたブルージュのカラーコーデでより上品な雰囲気と涼感がプラスされています。短めのパンツの丈と白いスニーカーが適度な抜けを作り、非常にこなれ感のあるコーデとなっています。

トレンドのワイドパンツも品よく

8分袖の薄手ニットは春夏のカジュアルに欠かせないアイテム。淡いベージュのニットをトレンドのワイドパンツに合わせいます。重くなりがちなニットとワイドパンツのコーデですが、ブルージュのコントラストが品よく軽快にまとめてくれます。

シャツジャケットをクールに着こなす

軽く涼しげなシャツジャケットもまた、春夏には欠かせないアイテムです。シャツジャケット+パンツというミニマルなコーデも、淡いベージュと濃紺のシックなコントラストが大人の雰囲気。昼のデートからお酒の席まで、幅広いシチュエーションに対応できます。

攻めたスタイルも上品に

リゾート感漂うリーフ柄のニットジャケットのコーデ。ちょっとクセのある攻めたスタイルも、ブルージュコーデならギラついたいやらしさもなく上品にまとまります。柄物が多くなるこれからのシーズンは、ぜひブルージュコーデを活用してください。

KEYWORD関連キーワード
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

Freeamericanidol編集部

ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

近間 恭子

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ