海風感じる爽やかな装い。今季は西海岸スタイルが気分

この春夏注目すべきトレンド、西海岸スタイルをご存じ? アメリカ西海岸をイメージしたリラックスムード高めのラフな着こなしが、今おしゃれな大人の間で人気なんです!

編集カツラガワ

2017.04.21

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

今、西海岸スタイルにハマる大人が増えています

WEAR

最近、アメリカ西海岸をイメージしたインテリアが流行っていますが、ファッションでも“西海岸”が注目されているんです。

西海岸スタイルとは、サーフカルチャーをベースにしたカジュアルなファッションが基本。Tシャツにジーンズ、パーカーなど、カジュアルなアイテムを軸にしたリラックスムードあふれる着こなしが代表例です。“ラフなのにどこかおしゃれ“な雰囲気が魅力で、今高感度な大人たちを中心に人気を集めています。

合わせて読みたい:
アメカジ好きは避けて通れない、スタンダードカリフォルニアを知る

大人たちがハマる西海岸スタイル、着こなすコツとは?

“味のある生地感やディテール”がポイント

ZOZOTOWN

Tシャツやジーンズなどカジュアルなアイテムがメインなので、一見簡単に着こなせそうですが、一歩間違えたら“普通の格好”とか“ラフすぎる”ということにも……。そう、“ラフなのにどこかおしゃれ”な雰囲気を出すってめちゃくちゃ難易度が高いんです。

しかしご安心を。簡単におしゃれな雰囲気を演出できるアイテムに頼ればいいんです。それが、“味のある生地感やディテール”。ラフな白Tも風合いのある生地感ならこなれ感が生まれますし、シャツ1枚にしてもヴィンテージっぽい加工が施されていたらぐっとおしゃれ感がアップしますよね。これがポイントなんです!

大人にふさわしい、西海岸スタイルを作るアイテム5選

というわけで、西海岸スタイルに欠かせないカジュアルアイテムをピックアップ。大人が取り入れるのにぴったりな風合いのある生地感やディテールにこだわったモノばかりなので、ぜひトライしてみては!

ダメージジーンズ

ZOZOTOWN

西海岸スタイルに欠かせないのが色落ちジーンズ。こちらは色褪せ加工を施してヴィンテージ風に仕上げた1本です。何年もはきこんだような風合いが大人びた雰囲気をプラスしてくれます。

ショールカラーカーディガン

ZOZOTOWN

ネイティブ柄のカーディガンは、Tシャツにゆるっと羽織るだけで“ラフなおしゃれ感”を演出できる優れモノ。そのうえ、肌触りが良くって着心地も抜群! コットン素材なのでこれからの時期も着られます。

デニムシャツ

ZOZOTOWN

色褪せ具合やさりげなく施されたダメージ感が絶妙で、着こなしにいい味を出してくれる1枚。サラッと羽織ったり、肩掛けや腰巻きしたりと、汎用性が高く、これからの時期に重宝すること間違いなし!

ホワイトジーンズ

ZOZOTOWN

海風感じる爽やかな着こなしに最適なホワイトジーンズ。ダメージやリペア加工によって程良くラフに仕上がっています。すっきり着られるスリムフィットも大人の着こなしと相性良し。

VネックTシャツ

ZOZOTOWN

パッと見シンプルなVネックTシャツですが、ウォッシュ加工が施されているため、着込んだようなくたっとした風合いが魅力なんです。シンプルなデザインこそ、素材で差をつけるのが大人の鉄則!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
デニム&サプライ(Denim & Supply)
着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦