妻からのお願い。夫のNGコーデと理想のイクメンコーデ

子供が生まれてからも服装に気を使ってくれるのはうれしい! でも……子育てに寄り添うコーデにはちょっとコツがあるんです。ママたちに聞き込みしたリアル事情を紹介。

久保 綾子

2017.03.29

妻から夫へpart.1▼「これだけは避けてほしい」コーディネート

運動会など季節の行事や、入園・入学、保護者会。家族でのお買い物にいたるまで……。パパの私服って、意外と常に周りからチェックされているんです。そんなとき、「ほかに大事なものができたからおしゃれは卒業」とばかりに全身ヨレヨレの服を着られるのもNGですが、逆におしゃれを意識しすぎて実用性を無視したコーディネートをされても恥ずかしい……。

妻から夫へpart.2▼ささやかだけど理想的なコーディネートのヒント

パパにはぜひ、”おしゃれと実用性を両立したイクメンコーデ”をしてほしい、というのがママたちの願い。でも、言うのは簡単ですが具体的にはどんなことに気をつければいいのでしょうか……? この記事では、コーディネートにおいて気をつけてほしい3つの”ささやかな“ポイントと、ポイントに沿った理想の着こなしサンプルを紹介していきます。

ポイント1動きやすさ重視のウェアも、シルエットや素材で”最低限のきちんと感”を出して!

ちょこまかとした子供の動きに対応するために、動きやすい服装をしてくれるのはうれしい。ただそれを突き詰めた結果、ゆるゆるのTシャツ短パンというコーディネートに行きつかれるとちょっと……。と、ママに苦笑いされてしまったそこのパパ。リラックス&動きやすさ重視のウェアも、シルエットや素材選び次第で”きちんと感“を出すことは可能です。

動きやすくはき心地抜群のスウェットパンツは休日コーデに必須。しかし、サイズ感を間違えるとただのだらしないコーデになってしまうので、細身でテーパードタイプを選ぶと、動きやすさときれいめスタイルのイイとこどりが狙えます!

丈夫で扱いやすいデニムのワークシャツは、ダークインディゴカラーを選ぶことでカジュアルになりすぎずアーバンな印象にキマります。パンツはゆったりめで対比を楽しんで。息子さん、パパとお揃いのコーデでうれしそう。

こちらも“動きやすいパンツ”の王道、スウェットパンツの着こなし。ともすればリラックスしすぎてだらしない印象になりがちなパンツでもありますが、テーパードを選んで足元を引き締めればキレイめな印象にまとまります。

こちらはトップスにスウェットを選んだコーデ。ジャストサイズを選べば、スウェットのだらしなく見えてしまう側面を払拭できます。中に襟付きシャツを着たり、キレイめのスリッポンを合わせたところも技あり。

気軽につっかけて出かけられる、EVA素材の『ビルケンシュトック』のサンダルも、さわやかな純白のモデルを選べば足元から上品に決まります。ブラックとホワイトのモノトーンカラーをお子様と合わせてさりげなくリンク!

ポイント2“きれいめアイテム“を少しだけ持っておくと、さまざまなシーンに合わせられそう!

運動会や授業参観、果ては休日のお買い物など、子供との生活にはイベントがつきものです。そんなときこそ”おしゃれパパ“の真価が問われますが、イベントのためだけに高価な服を買うのもハードルが高いし、気合を入れすぎると痛々しくなる危険性も。そういうとき、普段の服に合わせられる”ちょっときれいめ“なアイテムを持っていると助かりますよ。

デニムボアジャケットとプリントスニーカーのコーデは、そのままだとかなりカジュアル。しかし、オーソドックスなベージュカラーのコートを上から羽織るだけで一気に上品さがプラスできます。2人でお買い物でしょうか?

上品さと個性のバランスがグッドな”ベレー帽“を親子でリンクした映画館コーデ。ブラックのライダースやレザーブーツなどで固めたシブい着こなしに、大きめのショルダーバッグをファザーズバッグとしてお供に。

ステンカラーコートはどんなスタイルにも合う魔法のアウター。カジュアルな着こなしもきれいめにキマるところも魅力的です。息子さんとは、ネイビーカラーとボーダーをがリンクさせて統一感バッチリ。

休日の公園コーデも、ホワイトのパンツとブラックのハット&レザーシューズでカッコよく! トップスにはナチュラルカラーのシンプルなTシャツを選ぶことで、”キメ過ぎ“を回避したグッドバランスコーデです。

トップス1枚にスニーカーのシンプルコーデも、間にきちんとした生地で縫製されたグレーのスラックスを挟めば”ただのシンプル“から”計算されたシンプル”に昇華します。手元に装うGショックがいいハズシに。

ポイント3アウトドア系のウェアは、”汚れにくい・洗いやすい・動きやすい“と三拍子揃ってる!

ハードなシチュエーションの中もガシガシ着られて長く使うことができるよう、“丈夫で動きやすく、汚れが落としやすい”ように作られているアウトドアウェア。その特徴は、そのまま子育てという目的にもマッチしてくれるんです! アウトドアMIXは今や定番のおしゃれファッションとして定着していますし、1着、いえ何着持っていても損はありません!

カモ柄のマウンテンパーカーにジーンズ、赤いスニーカーと、上から下までしっかり合わせた完成度の高い親子リンクコーデ。防水マウンテンパーカーは、抱っこした子供が食べ物やよだれを垂らしてもお手入れ簡単です。

お父さんのナイロンコーチジャケットと、娘さんのダウンベストがネイビーカラーでさりげなくリンクしていてすてきです。誕生日プレゼントに贈った自転車に乗って、これから2人で広い場所へ行って練習でしょうか。

パパが羽織っている『モンベル』のインナーダウンは、軽量で動きやすく撥水加工で汚れが落ちやすい優秀アウター。ホワイトのインナーで重たい印象を払拭しています。デニムとホワイトスニーカーは息子さんとお揃い。

ダウンベストをリンクさせた春のカジュアルコーディネート。お父さんのベストはナイロン製なので汚れもへっちゃらです。全身を寒色系のカラーでまとめているので、カジュアルな中にも都会的な雰囲気を感じさせます。

『パタゴニア』のバギーズ・ショーツは速乾性に優れ、水辺で動き回って万が一ぬれてしまってもすぐに乾いてくれます。娘さんが滝の水に触りたがっても、服がぬれるのを気にせずリクエストに応えてあげられますね。

KEYWORD関連キーワード
着こなし・コーデ
イクメン
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事