アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

編集フカザワ

2019.02.14

じわじわと人気上昇中のアノラック。その特徴は?

アノラックとは、防寒や防風、防雨のために作られたフード付きのジャケットを指しています。登山をはじめ、アウトドアウェアの定番として知られていますが、ここ数年では“街着”としてスタイリングに取り入れている大人も急増。“アノラックパーカー”と名前のついたアイテムを、多くの方が目にしていることでしょう。

アノラックの1番の特徴は、アウトドアの雰囲気を漂わせるフロントの大きなポケット。その出自もあって、鮮やかな配色が数多く展開されている点も見逃せません。

なぜアノラックが注目されているの?

アノラックが今シーズンの注目アイテムとして位置づけられている理由。それは、ここ数年で定番化したスポーツMIXスタイルに好相性なウェアであるということ。

スウェットパンツやジョガーパンツなど、スポーティなアイテムとの相性は言わずもがな。あえてスラックスと合わせてギャップを楽しむのもアリ。手軽にスポーツライクな雰囲気をまとえるアノラックだからこそ、支持されているというわけです。

私的に推したいのは『モンベル』のアノラック

「旬のアイテムはなるべくコスパ良く取り入れたい」。そう考えている方は多いでしょう。かくいう私もそのひとり。そこで探したところ、やはり『モンベル』は最強でした。街着として重宝するシンプルな見た目や、アノラックらしいディテールなど、“今欲しい”要素がたっぷり。それでもお値段はなんと7,344円(税込)! ジャ○ネットを思わせる紹介になってしまいましたが、衝撃を受けたのは私だけではないでしょう。いやー、さすが『モンベル』です。 ※2019年2月14日時点では、品切れ

アウトドアブランド以外からもセレクト。大人向けのアノラック8選

『モンベル』っていいよね。そんなことを力説しながらも、やはりほかのブランドも気になります。アウトドアブランドはもちろん、今のムードにマッチしたアイテムをご紹介。サッと羽織るだけでトレンド感のあるおしゃれが楽しめます。

アイテム1『ザ・ノース・フェイス』コンパクト アノラックジャケット

コンパクトに折りたためる点が特徴ですが、機能性もさすがの『ザ・ノース・フェイス』。軽量かつ撥水性にも優れているため、春先のライトアウターとして重宝します。シンプルなデザインゆえに、コーディネートに悩まなくてOKであることも嬉しいポイント。

アイテム2『シエラデザイン』ロクヨンクロス アノラック

アメリカ製オリジナルの60/40(ロクヨン)クロスを採用した、ハリのある生地感のアノラック。マウンパでお馴染みですが、アノラックのデザインで鮮度アップを狙ってみてはいかがでしょう?

アイテム3『ジェリー』×『フリークスストア』別注アノラック

マットな質感のナイロン生地は、スポーティに偏りすぎない印象が利点。1946年生まれの老舗アウトドアブランドである『ジェリー』と人気セレクトショップの『フリークスストア』によるタッグならではの、懐かしくも新しいデザイン性もポイントです。

アイテム4『アルクフェニックス』zak anorak/EPIC

アウトドア好きに支持される『アルクフェニックス』の1着は、同ブランドらしい高機能×洗練されたデザイン性が特徴。撥水力に長けた素材は、春先や梅雨のシーズンに重宝します。

アイテム5『ポーラー』PINE ANORAK JACKET

ギア感のあるデザインと春らしい爽やかな色使いが特徴のアノラックジャケットは『ポーラー』のモノ。細すぎず、ゆったりすぎでもないベーシックなサイズ感も魅力です。

アイテム6『バッハ ガーメンツ』トレーサーアノラック

バッグでお馴染みの『バッハ』ですが、同ブランドのアパレルラインとして誕生したのが『バッハ ガーメンツ』。ブランドのアイコンをボディの中心に配し、無駄を省いたデザインがたまりません。ソロテックス(R)を採用しているためシワになりにくく、軽量かつストレッチ性も十分!

アイテム7『ナイキ』ANRKウーブンHDジャケット

配色の妙によりスポーティな印象を上乗せした『ナイキ』のアノラックはここならではのプレーンなデザインが好印象。撥水性も持たせているため、日常着としての活躍は必至です。

アイテム8『ラッセルアスレチック』パッカブルアノラック

スポーティなムード満点の素材感とベーシックなデザインにより、汎用性は申し分なし。写真のイエローのほか、発色の良いグリーンとスタンダードなブラックもスタンバイ。

アノラックをおしゃれに着こなす5つの提案

旬アイテムですから、よりおしゃれに着こなしたいものです。というわけで、アノラックを取り入れたサンプルコーデをご紹介!

提案1ミドルレイヤーとしてスポーツ要素を“ちょい足し”

肌寒さが残る春先は、ロングコートの下にミドルレイヤーとして取り入れるのが正解。ベーシックな普段着の下に、印象的なピンクのアノラックを合わせたこちらのコーデはその好例です。ステンカラーコートやスラックス、革靴などきれいめなアイテムを軸にしつつも、アノラックをのぞかせるだけでスポーティなテイストを難なく取り入れられます。

提案2春のモノトーンコーデを一気に爽快に

ボーダーカットソーをはじめ黒スキニーや白スニーカーなど、春先の定番アイテムでスタイリング。青のアノラックは『ファクトタム』のもので、ミニマルなルックスが同ブランドのらしさを演出しています。爽やかな色みが春らしいお手本コーデですね。

提案3スポーツMIXスタイルをシックにまとめる

オールブラックでまとめた着こなしながら、アノラックと『ナイキ』のシューズがスポーツ感をアシスト。ゆったりとしたトップスとスキニーパンツとのメリハリが生むシルエットも、その雰囲気作りに一役買っています。

提案4きめいめコーデをおしゃれにカジュアルダウン

白のアノラックもクリーンでおすすめ。そのイメージを活かしてライン入りのタキシードパンツをカジュアルに落とし込んだコーディネート。ニット帽と革靴は黒で靴下は白と、巧みな色使いは参考にしたいところ。

提案5“らしさ”を引き立ててスポーティに

『チャンピオン』のアノラックやジャージといったスポーティなアイテムを中心としたスタイリング。モノトーンの色みを軸に、ジャストサイズのモノを組み合わせることで洗練された印象に。差し色として取り入れたチェックシャツも効果的。

KEYWORD関連キーワード
ジャケット
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

菊地 亮

定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

山崎 サトシ

ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

八木 悠太

ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

平 格彦

大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

平 格彦

ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦