編集部のリアルコーデ。MY定番服を今から春まで着回し

服バカばかりのFreeamericanidol編集部員がリアルコーデをお届け。今の時期から春にかけてヘビロテしている定番服を着回して、スタイリングを提案します!

編集カツラガワ

2017.02.22

編集部員がリアルコーデを披露。この時期活躍するヘビロテアイテムを着回し!

2月も終盤。そろそろ冬のアウターを片付けて、春服が着たい時期ですよね。とはいえ、まだ春服では寒いっていうのが現実。この曖昧な時期には、何を着ればいいか悩む人は多いことでしょう。

そこで、Freeamericanidol編集部員にこの時期から春まで重宝している服って何か聞いてみました! さらに、そのアイテムを用いた今から春先にかけての着こなしを提案してもらったので、早速見ていきましょう。

編集イトウは“ライダースジャケット”を着回し

ジーンズを軸としたカジュアルなスタイルが基本の編集イトウは、レザーのライダースジャケットを着回し。肉厚レザーのタフなライダースジャケットで作る男前コーデに注目!

編集イトウ:白Tとデニムとスニーカーをこよなく愛する。「Freeamericanidol」創始者

着回しアイテム『ルイスレザー』ライダースジャケット

「老舗ブランドならではの高品質と細身のサイジングがお気に入り。今の時期、一番テンションが上がるアウターです」

着回し1ライダース×トレンチコートのレイヤードスタイル

2月下旬あたりは、まだライダース1枚では少々心もとないところ。そんなときはアウター同士のレイヤードで防寒しつつ、レイヤードスタイルを楽しむのが手。「防寒性を意識しながらも重たくなりすぎないよう、コートとブーツをベージュにして調整しました」

▽Item
トレンチコート/ユーズド。10,000円位
サーマルカットソー/『ブフト』。10,000円位
ジーンズ/ユーズド
ブーツ/ユーズドの『レッド・ウィング』

着回し2ライダースを主役にブラックでスタイリング

3月に入って暖かくなってきたら、ライダースがスタメンアウターとして大活躍。ただし、レザーの重厚感でコーデ全体も重たくならないように、どこかに抜け感を作るのがキモです。「昔から変わらない定番コーデ。上下ブラックで統一感を出しつつ、カットソーは白ベースのプリントデザインで軽量感と遊び心を追加しました」

▽Item
カットソー/『ラブラット』。7,000円位
ジーンズ/『リーバイス』。10,000円位
スニーカー/『コンバース』。10,000円位

今選ぶならコレ!『ジェームス グロース』ライダースジャケット

重厚感あるダブルのライダースジャケットですが、細身のシルエットでエレガントな面持ち。きれいめにも着られるので大人におすすめしたい1着です。

編集コヤマは“ダウンベスト”を着回し

ジャケパンからカジュアルなスタイリングまで得意とする編集コヤマ。ダウンベストをきれいめにもカジュアルにも万能に着こなすスタイリングテクに注目!

編集コヤマ:ハイ&ローMIXや、力を抜いたファッションが好き

着回しアイテム『ノンネイティブ』ダウンベスト

「かれこれ7、8年着用していますが、まったく飽きないところが気に入っています。まだ春服は着られない寒さに対して、ダウンベストはちょうどよい暖かさがあるので、この時期にヘビロテしています」

着回し1ダウンベスト×ジャケットの上級コーデを披露

2月も終盤になってくると、まだまだ寒いけれど気持ちはすっかり春気分。そんなときに、ダウンベストが使えるんです。保温性をキープしつつも、見た目は軽やか、そんなわがままな着こなしがかないます。「インナーダウンが流行っていますが、ジャケットの上にベストを着るのもやっぱりアリ。案外合わせやすいのでおすすめです」

▽Item
ジャケット/『ジャーナルスタンダード』。20,000円位
ニット/『アメリカン ラグ シー』。15,000円位
ネルシャツ/『アーバンリサーチ』。15,000円位
コーデュロイパンツ/『ユナイテッドアローズ』。15,000円位
短靴/『ユナイテッドアローズ』。15,000円位

着回し2スポーティな着こなしでアクティブに

ダウンベストを軸に、パーカー、クロップドパンツ、スニーカーでアクティブな装いを構築。「暖かくなってきたら、ニットの出番が多かった真冬とは異なり、パーカーやスウェットの出番が増えそうです。『ナイキ』のベナッシ SLPは、かかとを踏んでも楽しめるので春夏に重宝しそう!」

▽Item
パーカー/『チャンピオン』。7,000円位
クロップドパンツ/『ナイキ』。12,000円位
スニーカー/『ナイキ』。8,000円位

今選ぶならコレ!『レミ レリーフ』×『ビームス プラス』ダウンベスト

今の時期から春先まで重宝すること間違いなしのデニム地のダウンベスト。コンチョボタンやファスナーのストラップなど、ところどころ見られるこだわりのディテールに注目です。

編集フカザワは“ステンカラーコート”を着回し

ストリートをベースにしたシンプルな着こなしを好む編集フカザワ。きれいめ顔のステンカラーコートに“らしさ”を取り入れたスタイリングがポイントです。

編集フカザワ:シンプルなストリートファッションが基本。髪オタク

着回しアイテム『オーシバル』ステンカラーコート

「着丈の長さと、ラグランスリーブというディテールがお気に入りです。また、程良くパリパリっとした素材の質感とネイビーの色みもツボ。要するに、全部好きです。それから、全部包み隠してくれるので羽織るだけでサマになるところもうれしいポイント」

着回し1ダークトーンの着こなしでシックに

オン・オフ使えて汎用性の高いステンカラーコートは秋・冬・春と欠かせないアイテム。まだ寒さが残る時期は、タートルネックニットを合わせて着こなしています。「ダークトーンを基調に、アウターからボトムスまでをクリーンなイメージで仕上げました。ここに『バンズ』のオーセンティックを加えて、自分らしく」

▽Item
タートルネックニット/『ユニクロ』。2,000円位
パンツ/『ユニクロ』。2,000円位
スニーカー/『バンズ』。5,000円位

着回し2ダークカラーに白を差して春っぽさを投入

春先は配色で軽量感を出すのがポイント。シックなネイビーのコートからクリーンな白をのぞかせて爽やかに仕上げています。「ネイビーとカーキという好相性なカラーパレットに、白を差して春らしく。コートの光沢感が浮かないよう、革靴でフォローしています(偶然!)」

▽Item
カットソー/『ヘビーウェイトコレクションズ』。7,000円位
カーゴパンツ/ユーズド。もらいモノ
ローファー/『GHバス』。もらいモノ

今選ぶならコレ!『オーシバル』のステンカラーコート

コットンギャバジン素材を使用した光沢感とハリ感が魅力のステンカラーコート。ドロップショルダーでゆとりのあるサイズ感が今季らしい1着です。

編集カツラガワは“トレンチコート”を着回し

カジュアルな着こなしが基本の編集カツラガワですが、最近はコンサバ要素を取り入れたミックススタイルを研究中。トレンチコートを主役に“大人の女性”をイメージ!

編集カツラガワ:トレンドのファッションチェックは欠かせない、ミーハー女子

着回しアイテム『ユナイテッドバンブー』トレンチコート

「毎年2月後半~3月にかけてトレンチコートをヘビロテしています。ハリのある生地感と、サラッと羽織るだけで女性らしさを演出できるところがお気に入り」

着回し1あったか冬小物で季節感を演出

トレンチコートのボタンをとめ、ウエストをベルトマークしてワンピ風にアレンジ。「この時期、トレンチ1枚ではまだ寒いので、マフラーやブーツの小物はマスト。もちろん、中にはニットを着込んで防寒しています(笑)」

▽Item
ストール/もらいモノ
ブーツ/『ファビオルスコーニ』。25,000円位

着回し2さりげない肌見せで抜け感と女性らしさを

トレンチコート×ジーンズで着こなすきれいめカジュアル。首周り、手首、足首を見せることで女性らしさを投入しています。「春らしく仕上げるために、抜け感を意識しました。Vネックカットソーとパンプスで肌を見せて軽快にスタイリング」

▽Item
カットソー/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。10,000円位
ジーンズ/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』。10,000円位
パンプス/『シンゾーン』。24,000円位

今選ぶならコレ!『イエナ』トレンチコート

すっきりとしたシルエットで女性らしく着られるトレンチコート。ひざにかかるくらいの長めの着丈が今季的です。ジーンズなどでカジュアルダウンさせるのがおすすめ。

編集ナスは“ジージャン”を着回し

シンプルでナチュラルな着こなしを好む編集ナスは、カジュアルなジージャンを着回し。落ち着きのある配色、品のあるアイテム選びに“らしさ”が見られます。

編集ナス:シンプルなファッションが基本。ディテールにこだわりあり

着回しアイテム『無印良品』ジージャン

「落ち着いたダークネイビーの色みと、着丈がやや短くジャストなサイズ感にひとめボレして購入しました。今の時期はアウターとのレイヤードがしやすく、暖かくなったら主役アウターとして重宝します」

着回し1フレンチシックな着こなしが気分

カジュアルなジージャンを、ステンカラーコートやプリーツスカートで品よくスタイリング。「ジージャンをシャツ感覚でコートの中に取り入れました。ジージャンのボタンをとめて襟元からのぞかせたボーダーがポイントになっています」

▽Item
ステンカラーコート/『アダム エ ロペ』。25,000円位
タートルネックニット/『ユニクロ』。1,000円位
スカート/『ノートエシロンス』。17,000円位
ブーツ/『モト』。45,000円位

着回し2モノトーンに映える小物使いがポイント

こちらはパンツとスニーカーでカジュアルに。コンパクトかつ細身なサイズ感ですっきり着こなしているのがポイントです。「ネイビーやブラックを基調としたスタイリングなので、ホワイトのスニーカーやビーズバッグなどの小物で春っぽさを出しました」


<本文>
▽Item
カットソー/ユーズド
スラックス/『無印良品』。5,000円位
スニーカー/『ムーンスター シューズライクポタリー』。9,200円位
バッグ/ユーズド

今選ぶならコレ!『アーバンリサーチ ロッソ』×『リー』ジージャン

コンパクトなサイズ感でスカートにもパンツスタイルにもすんなりハマる1着。やわらかく馴染みのいい生地感なので、着心地も良く、レイヤードスタイルにも最適です。

編集ウエダは“シャツコート”を着回し

マニッシュからレディーまで幅広く着こなす編集ウエダ。ミリタリー調のシャツコートをガラリと雰囲気を変えて着こなしてくれました!

編集ウエダ:マニッシュなファッションが好み。アパレル出身おしゃれ女子。

着回しアイテム『ジャーナルスタンダード レリューム』シャツコート

「長めの丈感とざっくり羽織れるゆったりシルエットが今の気分にぴったり。春らしい素材ですが、そのぶん寒いときはインナーをたくさん着込んで体温調整可能です」

着回し1モノトーンでマニッシュな着こなしに

シャツコートのインナーにウォーム感のあるニットを合わせたこちらのコーデ。ブラックスキニーがピリッとコーデを締めています。「ゆったりしたロング丈の羽織りなので、インナーはモノトーン&細身シルエットにまとめてすっきり見えるようにしました」

▽Item
ニット/『アンデルセンアンデルセン』。45,000円位
スキニーパンツ/ノーブランド。3,000円
スニーカー/『コンバース』。6,000円位
ハット/『ル・ベルニ』。8,000円位

着回し2ヌーディーな足元が春気分満点

シャツコートをワンピ風のアレンジでレディーライクに味付け。華奢なヒールが女性らしさを強調しています。「ミリタリー感が強くなりやすいアイテムなので、パンプスとアクセサリーで女性らしさを意識しました」

▽Item
パンプス/『ファビオルスコーニ』。32,400円位
ベルト/『バイソンデザインズ』。2,400円位

今選ぶならコレ!『ジャーナルスタンダード』シャツワンピ

リラックスムードたっぷりなオーバーサイズのシャツワンピ。サラッと羽織るだけでこなれ感のある着こなしに仕上がります。もちろん、ワンピとして1枚で着用してもOKです。

KEYWORD関連キーワード
編集部連載
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

まつお ありさ

タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

那珂川廣太

心地良いおしゃれを。長く愛用したいルミノアの定番ウェア

『セントジェームス』や『オーシバル』に並ぶ、バスクシャツ3大ブランドとして支持されている『ルミノア』。その人気の理由と、おすすめのアイテムを紹介します。

近間 恭子

大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

Freeamericanidol編集部

夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

菊地 亮