バーゼルワールドレポ⑤旅時計が印象に残る

世界各国から人が押し寄せる、国際見本市のバーゼルワールド。多くの人がタイムゾーンの異なる地域から来ており、必然的に第2時間帯表示モデルにも注目が集まります。

黒野 一刻

2015.05.05

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

国際的展示会だからPR効果満点

スマホにPCにと時間を見る手段があり、なおかつ本国時間も時差が頭に入っていれば、計算は簡単。でも、ついつい腕を見て確認してしまいますよね。海外旅行時は現地時間も本国時間も一度にわかる腕時計はありがたく、海外出張時にはぜひ持っておきたいもの。バーゼルワールドの会場で、何度も思います。

航空系のGMTモデルが当たり年

印象に残った第2時間帯表示モデルを集めて大雑把にまとめれば、航空系のセンターGMTモデルばかり。『ブライトリング・フォー・ベントレー』などのクルマコラボ系ですが、元は航空系から派生したブランドです。ワールドタイマーの『フレデリック・コンスタント』も、デザインは航空系の雰囲気を漂わせています。

ワールドタイマーからGMT表示へ

2014年まではワールドタイマーが豊作でしたが、今年は飽和状態に達し、日本のGPS電波時計の普及も手伝って、よりシンプルなセンターGMT方式への回帰が機械式時計界では起こっているのかもしれません。とりわけ2~3国の表示ができれば十分という人には、文字盤が見やすいGMT表示の方がメリットがあります。

最高峰ブランドの上質な航空モデル『パテック フィリップ』カラトラバ パイロットウォッチ 5224

1930年代に製造した2つの航空ウォッチに範を取ったブルー文字盤は、ニス塗装を何重にも重ねるという非常に手間のかかる仕事がされています。また、パテック独自のトラベルタイム機構を搭載しており、現地時間を示す時針はケース左側面のボタンで送り、戻しができがます。上質にして実用性も極めた1本です。

より腕馴染みのよい45mmサイズに『ブライトリング・フォー・ベントレー』ベントレーGMT ライトボディB04 S

ベントレー車の世界観はそのままに、世界を股にかけるトラベラーのための時計として作られたベントレー GMT ライトボディ B04。操作性に優れた第2時間帯表示を備えたモデルが、よりスモールサイズになって登場。高い視認性、アシンメトリーなケースデザインはそのまま、45mmケースとなり、より腕馴染みがよくなりました。

ダブルで24時間針を装備する『ボール ウォッチ』エンジニア ハイドロカーボン エアロGMT

センターに配された時針とGMT針はどちらも、24時間表示で現地時間と本国時間を表し、さらに24時間インデックスを配した回転ベゼルを時差に合わせて調整すれば、第3国の時刻まで把握できます。高防水でタフ。文字盤には自己発光型のマイクロガスライトを装備するなど、視認性も高いボールらしい航空モデルです。

ラテン系の異色デザインが特徴的『クエルボ・イ・ソブリノス』ヒストリアドール ヴエロ

モデル名のヴエロはスペイン語で“飛行”を意味しており、センターに24時間針を搭載するGMTクロノグラフです。1940年代のクエルボ・イ・ソブリノスのスケッチからインスパイアされたデザインを取り入れ、ブルースチール針などがクラシカル。ラテン系でレトロでシックな雰囲気が強烈なGMTウォッチです。

ネイビーブルーが空を思わせる『フレデリック・コンスタント』ワールドタイマー マニュファクチュール

元々、初登場は2012年の人気モデル。文字盤の外周に配された都市名リングと24時間インデックスを配した時刻リングの組み合わせで、世界24タイムゾーンの現在時刻を把握できます。操作性も高い自社ムーブメント搭載機です。2015年は深みのあるネイビー文字盤が登場し、TPOを選ばない好感が持てる時計です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
腕時計
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

編集ムタガミ

グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

黒野 一刻

高級腕時計ブランド45選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

夏目 文寛

特殊部隊が認めたタフネス。ルミノックスのハイスペックさに惚れ直す

アメリカの特殊部隊をはじめ、過酷な現場で活躍する著名な公共機関が採用。タフネスウォッチの代表格として君臨する『ルミノックス』の、その魅力を再確認します。

夏目 文寛

まさに時を知る機械。セイコーブライツは愚直なまでに堅実だ

腕時計とは本来、時を知るための実用的な道具。そんなことを思い起こさせてくれるのが、見た目も機能も誠実に作られた『セイコー ブライツ』のラインアップです。

増山 直樹

これを待っていた。オールブラックのベンチュラが示す、“定番”の新たな地平

腕時計に詳しくない、という人でも扇形に広がるアシンメトリーデザインには見覚えがあるだろう。「カーキ」や「ジャズマスター」と並び、米国発の老舗腕時計ブランド『ハ…

編集ムタガミ