最良の1本を。シルエット別、チノパンの着こなし提案

チノパンは大人のワードローブに欠かせません。しかし一歩間違えるとやぼったく見えてしまうので、着こなすポイントを押さえるべし。そこでシルエット別に着こなしを指南!

CANADA

2017.02.15

カジュアルのド定番。チノパンは「好きなものを好きなように」じゃダメ

ジーンズと並んでカジュアルなパンツの代表アイテムであるチノパンですが、ただ何となくはいてしまうとやぼったくなってしまう可能性大。

チノパンを使って程よいカジュアル感を取り入れつつおしゃれに着こなすには、それなりの着こなしテクニックが必要なのです。チノパンをおしゃれに着こなすハウツーテクをチェックしていきましょう。

シルエット別に提案。選ぶべきチノパンと着こなし方

チノパンには大きく分けて3つのタイプ(ストレート、スリム&スキニー、ワイド)がありますが、それぞれどう選べばいいかを解説。TPOや目指すスタイルを思い浮かべながら、最良のチノパンを選んでください。

タイプ1ストレート

チノパンの王道とも言えるシルエットが、このストレート。チノパンを初めて買う、久しぶりにはく、という人はストレートから始めるのがおすすめ。すっかりスキニー一辺倒になっている人も、ここはチノパンの王道を楽しむためにジャストフィットより余裕のあるサイジングを選びましょう。

王道のストレートシルエットのチノパンは、タイト過ぎずルーズ過ぎないトップスを合わせてIラインのシルエットを作るのがおすすめ。細身の体型を力強く見せてくれ、がっちりな体型をスマートに演出してくれるなど、どのような体型の人にも寄り添ってくれます。無難な着こなしが好み、という人は迷わずコレです。

カジュアル一辺倒のイメージがあるチノパンですが、モノトーンでまとめればこんなにも洗練されたイメージに仕上げることもできます。チノパンを白にしたことで、トップスはMA-1でも春を先取りすることに成功!

ベージュのチノパンにデニムシャツを合わせた定番のカジュアルコーデは、着る人を選ばない鉄板の着こなし。インナーのカットソーをボーダー柄にするだけでマリン要素がMIXされ、爽やかなコーデが完成します。

チノパンの裾をロールアップさせて、春らしく軽量感をプラス。インパクトのある迷彩柄のジャケットも、シンプルなチノパンを合わせれば色合いに統一感が出せるだけでなく、大人っぽさもキープできます。

チノパンにコーチジャケットを合わせたストリートスタイルは、色数を絞って黒の面積を多くすれば子供っぽくなりません。ここでワイドなチノパンを選ぶとだらしなく見えてしまうので、ストレートシルエットを選ぶのが正解です。

全体的にカジュアルなアイテムで構成しながらも、色のトーンをネイビーで統一したことでカジュアルになり過ぎるのを回避。細すぎず太すぎずなシルエットも好感度が高いです。足元に白のスニーカーをもってきて抜け感をメイク!

タイプ2スリム&スキニー

スリム&スキニーのチノパンを選ぶ場合は、黒or白を選ぶべし! ワードローブの基本の1本として、着回しやすく便利です。デニム素材と比べて生地が軽いので、夏場まで使えるのもおすすめポイント。

チノパンツのシルエットが細くボリュームがない場合は、トップスでボリュームを出してVラインを作るとバランスがよく見えます。さらに、全体をモノトーンでまとめれば、洗練された都会的な着こなしが簡単に作れます。

黒のスキニーチノに合わせたのは、ワッフル素材のロング丈カットソー。これ1枚で着るのももちろんアリですが、ショート丈のアウターと合わせてインナーとのレイヤードを楽しむのもおすすめ。モノトーンでまとめれば大人っぽく仕上がります。

黒を基調にしているので、スポーティーな着こなしでも大人の雰囲気はキープ。アウターの中に着たスウェットがビッグシルエットなので、アウターとのレイヤードバランスもGOOD。オレンジも効いています。

アウターとスキニーチノを黒で統一し、旬のセットアップ風に着こなしたグッドサンプル。インナーを変えるだけでさまざまな着こなしが楽しめますが、チノパンがスキニータイプなので、カットソーはロング丈を選ぶとバランスよし。

重たいイメージになりがちなモノトーンコーデも、白の分量を多くすれば春にぴったりな爽やかさを作れます。上下ホワイトを黒のロングカーデで引き締めて、さらにハットをかぶれば視線が上に行くのでスタイルアップ効果もアリ。

ゆったりとしたシルエットのスウェットパーカーにスキニーチノを合わせてVラインをメイク。さらにブラックのワントーンコーデで引き締め効果も期待できるので、これ以上ないスタイルアップコーデの完成です。

タイプ3ワイド

チノパンツのシルエットの中で、もっとも旬だと言えるのがこのワイドシルエット。ベーシックなイメージのあるチノパンツですが、ワイドシルエットを選べば、たちまち今年らしい着こなしに様変わりします。

ワイドなチノパンツは、下手に着こなすとだらしなく見えてしまうので細心の注意が必要。トップスは必ずコンパクトなものにして、コーデにメリハリを付けることが必須です。また、チノパンツ自体もタック入りを選べばきれいめなイメージで着こなせます。

トップスのワッフル地カットソーはゆるっとしたシルエットながらも、丈は短めなのでワイドチノとのバランスも◎。トップスを濃いめのカーキ、パンツを明るいカーキにすることで、同色コーデながらメリハリが生まれています。

スウェット×ワイドチノのカジュアルコーデは、シンプルだからこそ細部にまでこだわりがぎっしり。タイトめなスウェットからはカットソーをちらっとのぞかせ、さらにパンツもロールアップさせてソックスもちら見せ。白の程よい分量が抜け感を作り出しています。

トレンド感のあるワイドチノも、ツータックが入っているので腰回りはすっきりとしてモタつき感は皆無。トップスのスカイブルーからパンツのネイビーへとつなげる爽やかなグラデーションが、大人の着こなしに清涼感を加えてくれます。

やさしいイメージのあるベージュのワイドチノをブラック×バーガンディーのトップスで男らしさあふれる着こなしに。アウターの中をタートルネックにしたりチノパンツをワイドにしたりと、シルエットを変化させるだけでぐっと今年らしさが出せます。

ワンタックの入ったワイドチノは、さり気なく総ペイズリー柄になっているモードな1本。インナーをパンツインさせて、パンツの美しいシルエットを主張。サテンブルゾンも、ショート丈なら嫌らしくならず着こなしやすい。

KEYWORD関連キーワード
チノパン
春の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事