復刻版も続々!レトロ顔のリーボックが気になりすぎる

『リーボック』はポンプフューリーだけではありません! 実は、大人の装いにマッチするレトロで好バランスなスニーカーも揃っています。着こなし例とおすすめ品を紹介!!

平 格彦

2017.02.05

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

『リーボック』といえばポンプフューリー。ですが……

ZOZOTOWN

ポンプフューリーや派生モデルがあまりにも人気なので、『リーボック』=ポンプフューリーというイメージを思っている人もいるかもしれませんが、ほかにも名作が多数。とくに、レトロな雰囲気の復刻スニーカーは大人な着こなしにハマります!! ブランドもそんなアイテムに着目。その証拠に、コラボ品が少なくありません。また、『リーボック』が独自にアレンジを加えた進化版も完成度が高いものばかり。要するに、レトロなルックスの『リーボック』に注目しないわけにいかないんです!

レトロ顔の『リーボック』。おしゃれな人はどう履きこなしてる?

まずは、『リーボック』のレトロなスニーカーがどうやって着こなしに取り入れられているのかをチェック!! すぐにでも真似したくなるおしゃれな大人のスタイリングをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

ZOZOTOWN

ブラックで統一された名作、クラシックレザーと同じように、全身をダークトーンで揃えたコーディネートがクール。スポーツジャケット×スキニーパンツという組み合わせが今季らしいニュアンスを放っています。

ZOZOTOWN

ベージュのニットをアクセントカラーとして効かせたブラック基調のスタイリング。落ち着きを与えながら軽快感も加味している『リーボック』のベンチレーターが絶妙なバランスでなじんでいます。大人なカジュアルスタイルのお手本!

ZOZOTOWN

カジュアルなダッフルコートにスラックス調のイージーパンツを合わせて大人なニュアンスにまとめた着こなし。ヘビーな印象を避けるため、ホワイト単色のスニーカー “クラシックレザー” でクリーンな軽快感をミックスしています。レトロなスニーカーだからこそ、違和感なくマッチ。

ZOZOTOWN

こなれたムードのレトロ顔スニーカーは、上品なチェスターコートとも相性が抜群。ベージュのクラブCをセレクトすることで、足元から爽快感を演出しています。トレンドカラーのカーキをスウェットシャツで取り入れ、旬なムードも主張!!

ZOZOTOWN

『リーボック』の名作ワークアウトと、コットン素材のキャップをホワイトでリンクして、クリーンな清潔感を演出した爽やかなコーディネート。ネイビーのチェスターコート×ブルーのパンツというセットも爽快です。グリーンのインナーも新鮮。

ZOZOTOWN

スニーカーは名作のクラシックレザー。そのホワイトを活用し、上半身も明るいトーンでまとめて軽やかなスタイリングにまとめています。その一方で全身をモノトーンで統一し、クールなニュアンスも演出。クールな大人カジュアルの理想形です。

ZOZOTOWN

スタジアムジャンパーをメインにしつつ、キャップ、スウェットパンツ、スニーカーを合わせた着こなしはラフに映るのが当然。ただし、レトロなグレーの “ベンチレーター” を足元に効かせることで、こなれ感を醸し、大人なムードに導いています。切り替えデザインのカットソーを含め、定番カラーのみで構成しているのも適度に落ち着いた印象の要因。

大人におすすめ。レトロ顔の『リーボック』一覧

コーディネートがイメージできたところで、おすすめのモデルを一挙に紹介!! チェックすべき名作に加え、注目のアレンジバージョンもセレクトしているので、今年の主役級スニーカーをリサーチしましょう!!

クラシックレザー

ZOZOTOWN

1983年にランニングカテゴリからリリースされた名作。優れたフィット感と抜群のグリップ性能が特徴で、30年以上もワールドワイドに愛され続けています。アッパーは天然皮革のガーメントレザーでレトロかつ風格のある佇まい。ホワイトもブラックもワントーンの配色で、大人な落ち着きを感じさせます。

クラシックレザー SPP

ZOZOTOWN

1980年代のフィットネスブームをけん引した傑作をアレンジ。ホワイト×ブラックorブラック×グレーのバイカラーで新鮮に仕上げています。素材もピッグスキンヌバックやパーフレザーなどを組み合わせたコンビ使いで変化のある表情に。ソールもガムソール×アイスソールでレトロ感とモダンな印象が同居しています。

ベンチレーター シュプリーム パーフ

ZOZOTOWN

1990年に登場したベンチレーターは “送風機” という意味。その名のとおり、サイドの搭載されたウインドウメッシュによって高い通気性を実現しています。さらに、衝撃吸収素材のヘキサライトや、土踏まず部分に採用した熱可塑性ポリウレタンエラストマー (TPU) などにより、着地から蹴り出しまでの安定性やスムースな足運びを追求。その機能性から高い人気を獲得しました。

ワークアウト プラス ヴィンテージ

ZOZOTOWN

1987年に発売されたワークアウトは当初、メンズフィットネス向けのスニーカーにとどまっていました。しかし、その耐久性とグリップ性の高さから、あらゆるワークアウト (トレーニング) の 用途で重宝されるようになりました。近年ではスケーターにも人気ですが、落ち着いたデザインなので大人なコーディネートにも馴染みます。

『ビームス』別注 ワークアウト

ZOZOTOWN

『ビームス』と『リーボック』のコラボモデル第2弾。ベースはワークアウト クリーン ロウですが、通常モデルにはないシューレースカバーを搭載しているのが大きな特徴です。カバーは脱着可能なので、気分や着こなしに合わせてアレンジが可能。さらにサイドネーム部分も変更が可能で、4種類のプレートが付属しています。レトロなスニーカーをモダンに昇華させた傑作!!

アクト600 85

ZOZOTOWN

1985年にテニス専用のコートシューズとしてリリースされたのがアクト600。安定性、快適性、フィッティング性に優れています。とりわけ、ヒールカウンターに埋め込まれたPVC素材が、従来のシューズよりも高い安定性を発揮。デザイン面も優れていて、シンプルな中でアクセントとして効いているサイドのラインが個性を振りまきます。

GS アクト600

ZOZOTOWN

名作テニスジューズのアクト600をベースにしたコラボモデル。『ポールスミス』のシニアデザイナーが独立して2007年に立ち上げたコンセプトブランド『ガーブストア』とのジョイントワークです。“インサイドアウト”というコンセプトのもと、スニーカーの内側に見られる仕様やデザインを表面に出すという発想の転換でさり気なく個性を上乗せしています。

クラブC 85 ヴィンテージ

ZOZOTOWN

1985年にテニスジューズとして発売されたクラブCを忠実に再現した復刻モデル。モデル名にある “C” は “Champion” を意味し、発売当初はクラブチャンピオンという名前で親しまれていました。アッパーには高級天然皮革のガーメントレザーを起用。フィッティング性やグリップ性に秀でているのはもちろん、シンプルなデザインは汎用性が高く、デイリーユースで愛用する今でも多い名作です。

リベンジ プラス ヴィンテージ

ZOZOTOWN

クラブCが発売された翌年に登場したのがリベンジ プラス。見た目は酷似しているが、当時としては画期的なテクノロジーであったデュアルデンシティミッドソール構造、熱可塑性ポリウレタン製のヒールカウンターを搭載し、秀でたクッショニング性能を実現しました。また、リーズナブルな価格帯も人気の要因。アクセントカラーの効いたレトロなデザインも新鮮です。

エイリアン ストンパー ミッド

ZOZOTOWN

1986年に公開された映画『エイリアン2』の劇中で着用された人気モデル。独特なカラーブロックのデザインに加え、ベルクロ仕様で着脱が用意という機能性も高く評価されました。レトロフューチャーなデザインで唯一無二の存在感を振りまきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
リーボック(Reebok)
スニーカー
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ