即活用。小物で着こなしをブラッシュアップする方法

冬コーデもそろそろ飽きてきて、マンネリな着こなしになりがちなこの時期。着こなしをブラッシュアップする小物を投入して、コーデの鮮度をぐっと高めちゃいましょう!

CANADA

2017.01.27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

意外と長い冬。そろそろコーデにマンネリ気味では?

WEAR

冬コーデの定番カラーといえば、黒、グレー、ネイビーなどの暗い色合いがほとんど。確かに、誰にでも似合いやすくて着回しも効いて便利ですが、ほかの人とコーデがかぶりやすいし冬の終盤ともなればマンネリ化してきちゃいますよね。そこで、できるだけ安く簡単に暗くなりがちな冬のマンネリコーデを打破できるテクニックを考えてみました。

小物でアクセントをつけて、冬コーデのマンネリを解消しましょう

WEAR

暗い色合いばかりでマンネリしてきた冬コーデを安く簡単に解決する鍵を握るのは、ずばり小物使い。帽子やマフラー、バッグなどの小物でアクセントを効かせれば、ダークトーンの着こなしにもリズムが生まれてたちまち新鮮なコーデに早変わりします。小物ならば洋服を買い足すより予算的にも安く済みますし、いつものコーデに1点プラスするだけなので誰でも簡単に取り入れられます。

具体策を指南。「アクセントをつける」ってどういうこと?

WEAR

具体的に「アクセントをつける」テクニックを解説しましょう。まず、最も簡単なのは小物で柄を投入する方法。たとえば、黒のチェスターコートにグレーのチェックマフラーでも大丈夫です。柄であればダークトーンでかまわないので、さほど冒険することなく、コーデにアクセントをつけられます。そして、もう一つおすすめしたいのが、色を取り入れる方法。ニット帽やマフラーなどを明るい色合いにするだけで、コーデがパッと華やぎます。

大人の冬コーデに相性抜群。悪目立ちしない小物と着こなしをピックアップ

冬コーデのマンネリ打破に効果テキメンな小物とそのコーデサンプルをご紹介。小物なら洋服を買うより安く手に入れられるので、2点3点と複数買いしておくのもおすすめです!

アイテム1マフラー

冬のマンネリコーデを打破するために、マフラーは柄物をチョイスしましょう。あまり冒険をしたくない人はダークトーンの柄マフラー、コーデの印象をガラッと変えたい人は色×柄のマフラーでキメるのもアリです。

ZOZOTOWN

無地のマフラーと違って、柄のマフラーはアイテム自体にインパクトがあるので、面倒になってしまう凝った巻き方を覚える必要はなし。サラッと巻いたり、ぐるぐると巻きつけるだけで十分サマになってくれて、コーデにアクセントをつけることができるのです。

WEAR

シャープな印象のチェスターコートをスウェットパンツでカジュアルダウン。ラフなスウェットパンツもダークトーンでまとめれば大人っぽく仕上がりますが、そこに柄マフラーを足せばワンランク上の着こなしに。

WEAR

ほっこりとしたケーブル編みのカーディガンにウール地のパンツを合わせた冬の防寒スタイル。ダークな色合いの着こなしの中にホワイトベースのチェックマフラーを合わせれば、途端に爽やかな印象に仕上がります。

WEAR

品のあるチェック地のマフラーなら、ビジネスシーンにも難なくマッチ。ベーシックカラーのホワイトがベースなら、変に悪目立ちすることなくスーツスタイルにも自然に溶け込んでくれます。

アイテム2ニット帽

つい無難な黒やグレーを選んでしまいがちなニット帽ですが、それでは冬コーデの脱・マンネリにはなりません。ここは、鮮やかな色みの物を選んで、ダークな冬コーデに投入してみましょう。

ZOZOTOWN

ニット帽を取り入れるのに難しいテクニックは要りませんが、鮮やかな色みのニット帽を取り入れる場合、全体のトーンを揃えると大人っぽく仕上がります。黒っぽい着こなしには白のニット帽でモノトーン配色に、ネイビー主体の着こなしなら青のニット帽を合わせるなど、色使いにこだわりましょう。

WEAR

カーキ×ブラウンのダークなアースカラーの合わせに、明るいベージュのニット帽がベストマッチ。チェスターコートの中にマウンテンパーカーをインしたテクニックも、今すぐ取り入れられそう!

WEAR

MA-1ジャケットにもよくあるように、カーキ×オレンジも相性のいいカラーリング。ミリタリーのセットアップという、男臭くて暗めな着こなしにオレンジのニット帽を足すことでポップな仕上がりに。

WEAR

フランスの老舗ファクトリーブランド、『ダントン』のセットアップはダークネイビーをチョイス。コーデのポイントはもちろん赤のニット帽ですが、くすんだ色みなので大人の男性でも取り入れやすい。

アイテム3ソックス

暗くなりがちな冬のマンネリコーデをソックスで回避するには、柄ソックスを取り入れるのが効果的! 中でも、どんなコーデにも合わせやすいのがボーダー柄です。定番の黒×白から遊びの効いたマルチカラーまで、カラバリで揃えておくと便利!

ZOZOTOWN

柄ソックスをコーデのメインにもってくるのではなく、あくまで着こなしのアクセントとしてさり気なく効かせることが重要。やや丈の短いパンツを選ぶなど、パンツの裾をロールアップさせて、チラっと見せるのがGOOD。

WEAR

オールブラックでまとめた大人のストリートコーデは、やや丈短なパンツの裾からのぞかせたボーダーのソックスがポイント。ソックスのカラーで軽さをMIXすることで、全体の雰囲気が重たくなりすぎません。

WEAR

白×ライトブルーのボーダー柄を足元でチラ見せさせることで、ダークトーンの着こなしに爽やかさを注入。定番のボーダー柄なら、派手なカラーリングでも着こなしに合わせやすくて便利。

WEAR

濃紺デニムのセットアップにマルチボーダーのソックスが光る大人の着こなし。ソックスの柄に遊び心があるので、ここはスニーカーを合わせるのではなく、レザーシューズで落ち着かせるのが正解。

アイテム4スニーカー

足元のアクセントづけにもってこいなスニーカー。ベーシックなネイビーやグレーを選びがちですが、色ものを取り入れてみては? 1点投入でアクセントをつけるならビビッドカラー、コーデになじませつつ色を取り入れるならくすんだ色みや淡い色みがおすすめです。

ZOZOTOWN

スニーカーで色を取り入れる場合、ベーシックカラーの着こなしに1点アクセントで取り入れるか、ウェアとスニーカーの色をリンクさせるのがおしゃれに見せるポイント!

WEAR

ブルゾンとブルゾンを重ねた上級レイヤードテク。中に着たブルゾンがネイビーなので、足元に明るいブルーをもってきても浮いてしまうことなく自然となじんでいます。パンツの裾をロールアップさせて、足元を強調させたのもGOOD。

WEAR

落ち着いたチェックシャツコーデに合わせたのは、ヴィンテージライクなハイカットスニーカー。ビビッドではないくすんだ赤を選んでいるので、大人の男性でも無理なくワードローブに取り入れられます。

WEAR

ライダースジャケットを主役にしたグレイッシュなコーデは、キャップを合わせてトレンド感あるカジュアルスタイルに。スニーカーを赤にしてアイキャッチにすることで、まだまだ新鮮味のあるスタイルへと昇華させています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
小物
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

平 格彦

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

平 格彦