冬から春まで活躍。3WAYアウターはアウトドアブランドが正解

1着で3通りの着こなしが楽しめる3WAYアウター。冬から春まで活用できる優秀アイテムは、アウトドアブランドから選ぶのが賢い選択だ。その理由とおすすめを解説しよう。

大中 志摩

2017.11.30

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

3WAYアウターは本当に便利。特にアウトドアブランドの1着がイチ推し!

ZOZOTOWN

撥水加工などが施された機能的なアウターと、ファスナーなどで取り外しができるダウンジャケットやフリースのライニングがセットになった3WAYジャケットは見逃せないアウター。アウター、ライニングともに単体としても着用できる優れた1着なのだ。

しかも、アウトドアブランドのものであれば、アウター、ライニングともに、より優れた機能性・耐久性が期待できる。ぜひチェックしてみてほしい。

アウトドアブランドならではの優れた機能とは?

OutdoorStyle サンデーマウンテン

ゴアテックスに代表される優れた防風・防水素材を使用したジャケット。着脱可能なライナージャケットには、ダウンやフリース素材を惜しみなく投入して保温性を強化。洗練されたデザインの中に、本格アウトドアブランドらしい機能性と実用性を搭載している。

機能1はずしたり、付けたりの作業がスムーズな着脱システム

ZOZOTOWN

アウターシェルとライニングジャケットの着脱に手間がかかってしまうと、結局は3WAYというメリットを使わず無駄なスペックと化してしまう。このジャケットの場合は、ファスナーを用いてスムーズな着脱を可能にしている。

機能2ライニングジャケットのデザイン性もおしゃれ

ZOZOTOWN

温度調節のためだけにライニングジャケットの着脱を可能としたモデルもあるが、せっかくならライトアウターとして1枚でも着用したい。そうなってくると、ライニングジャケット単体のデザインも気になる。写真のモデルはデザイン性もかなり秀逸

機能3アウトドアブランドならではの高い機能性と実用性

ZOZOTOWN

アウトドアブランドの3WAYジャケットなのだから、アウターシェル自体の機能性や実用性が優れているのは当たり前。ボディーに高機能素材を使い完全防水であるものや、水滴の浸入を防ぐポケットなど、とにかく機能性と実用性が充実している。

本格派アウトドアな3WAYアウターを着こなすコツ

機能性や実用性に特化された本格アウトドアジャケットは、アウトドアスタイルにしか似合わないと思われがちだが、意外にも幅広い着こなしが楽しめる。以下では、上手に着こなすためのポイントを解説。

ポイント1単色のジャケットだとバランスが取りやすい

ZOZOTOWN

本格アウトドアジャケットといえど、単色のモデルであれば他アイテムでバランスが取りやすい。さらに、ダークトーンのものであれば、引き締まって見えるのでフロントのファスナーを締めて着てもスマートに見える。

ポイント2小物を使って街着テイストに寄せる

WEAR

アウトドア感の強いジャケットは、帽子やサングラス(眼鏡)、シューズなどの小物を、アーバンテイストなものに揃えると浮かずになじませやすい。うまく着こなせないな……と感じたら、小物を追加してみよう。

ポイント3パンツは“細身”か“短丈”が基本

WEAR

全体のトレンド的にパンツは細身、もしくはロールアップの短丈が主流だが、それはアウトドアジャケットにも当てはまる。わたりに余裕のあるパンツならばロールアップして足元にポイントを作ってあげるとバランスが取りやすい。

今選ぶならこれ! 人気アウトドアブランドの3WAYアウター

アウトドアブランドの3WAYアウターのなかでも大人の着こなしにハマるアイテムを厳選。外遊びだけではなく街着としても着用できる便利なアイテムだけに、ぜひチェックを。

ブランド1『ザ・ノース・フェイス』

ZOZOTOWN

ダウンライニングジャケットと防水アウターがセットになっており、レイヤリングの組み合わせで長期間着用できるマウンテンジャケット。ダウンライニングジャケットは、ファスナーによって着脱可能。

ブランド2『コロンビア』

ZOZOTOWN

80~90年代のオールドデザインを落とし込んだ復刻モデル。取り外し可能なライニングを装着したインターチェンジングジャケットは、古着とも相性が良さそう。フリース風素材で作られているライニングジャケットのデザインも秀逸。

ブランド3『ティンバーランド』

ZOZOTOWN

ライニングとフードが、ぞれぞれ取り外し可能なマウンテンパーカー。アウターシェルには、防水性や通気性に優れたコットンベースのドライベントキャンバスを使用している。そのほかのライニングアイテムとの組み合わせも可能。

ブランド4『ホグロフス』

3Lゴアテックス(R)を使用した完全防風・防水のアウタージャケットは現代的な細身のフィット感も魅力的。キルティング仕様のライニングジャケットは、単体で着てもおしゃれに着用できる。機能性・実用性共に充実の1着。

ブランド5『ヘリーハンセン』

アウトドアブランドが得意とする機能性・実用性を閉じ込めたコートもある。防水性のあるオーバーコートと保温性の高い中わた入りライナーを、単体でも、連結しても着られる実用性に優れた3WAYのアウター。幅広いシーンで活躍してくれそうだ。

ブランド6『パタゴニア』

ZOZOTOWN

都会的なスタイルで3通りの着こなしが楽しめるパーカー。アウターシェルには防水性・透湿性バリヤーを施した2層構造のポリエステル素材を使用している。雨降りにはシェルだけで、寒く湿った日にはライニングを装着して出かけよう。

ブランド7『フェールラーベン』

ZOZOTOWN

G-1000素材のジャケットと取り外し可能なライニングが付いたウインタージャケット。ラギッドな仕様で保温性も抜群だ。インサレーション入りのライニングジャケットは、取り外して単体でも着用できるデザインになっている。

ブランド8『ミレー』

Amazon.co.jp

アウターシェルには、防水・透湿性の高いドライエッジを採用しているため、雨や雪にも対応する。ファスナー式で取り外しができるライニングジャケットにも高機能素材を使用。本格的なスペックが詰め込まれた注目モデルだ。

ブランド9『モンベル』

Amazon.co.jp

単体でも着用できるライニングジャケットを備えた、季節や気候の変化に対応できる汎用性の高いアウトドアパーカー。独自の防水透湿性素材を採用したアウターは、単体で軽快なアルパインウェアとしても重宝する。

ブランド10『ジャックウルフスキン』

Amazon.co.jp

表地は、防水・防風、透湿性のあるテキサポール2L素材を使用。ライニングジャケットは丈夫で暖かく、単体としても着用しやすいフリース生地使用となっている。プレーンでシンプルなデザインは、日常からアウトドアまで取り入れやすい。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
ジャケット
マウンテンパーカー
アウトドアファッション
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

山崎 サトシ

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

山崎 サトシ

ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

近間 恭子