【特集】今年の腕時計は、カラー文字盤で差を付ける!

納得の品質。西川ダウン即買い必至のラインアップ

デザインはもちろん機能や価格帯など、すべてが大人好みの『西川ダウン』。その魅力や新作、そしてコーデ術まで詳しく迫ります。今季も完売必至だけに見逃せません!

山崎 サトシ

2018.11.22

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

高品質&高感度に誰もが納得。『西川ダウン』はアノ2社のコラボ

高品質なダウンジャケットを送り出す『西川ダウン』は、1566年に創業した寝具メーカーの『東京西川』と人気セレクトショップ『ナノ・ユニバース』のコラボレーションラインで、2012年よりコレクションがスタート。ダウンの扱いに長けた『東京西川』と、常に最先端のファッションを提案する『ナノ・ユニバース』の持ち味を融合した、高品質&高感度なダウンを発信しています。一流のダウンジャケットブランドに勝るとも劣らないクオリティでありながら、価格帯が控えめであることも魅力的。

目の肥えた大人も注目。『西川ダウン』が売れまくる理由はココ!

毎シーズン爆発的なヒットを飛ばしている『西川ダウン』。その人気の理由はいったいどこにあるのでしょうか? 目の肥えたFreeamericanidol世代を魅了し続ける理由を解説します。

魅力1『東京西川』のノウハウを生かしたハイクオリティなダウン

羽毛布団などを手がける『東京西川』は、ダウンの専門家。同社のノウハウが『西川ダウン』のアイテムには反映されています。中に封入されるダウンは独自のフレッシュアップ加工によりふっくらと仕上げられているため、とにかくあったかいんです!

魅力2使い勝手を考えた機能が随所に散見!

体から発せられる熱を反射してウェア内の温度を高めるメタルギア・ダウンテックや、抗菌防臭性を高めるサニタイズ加工を導入するなど、機能へのこだわりも光っています。どんなシーンでも快適に着られる機能性は、アクティブな大人にとっても欠かせませんよね。

魅力3『ナノ・ユニバース』の感性を生かしたシックなデザイン

実力派セレクトショップの『ナノ・ユニバース』がデザインを担当しているだけあり、どのダウンアイテムも非常にスマートな見映えで、野暮ったさは皆無。シンプルで都会的なダウンは、大人のコーディネートをスタイリッシュに彩ります。

魅力4着こなしに合わせて選べる、豊富なバリエーション

ジャケット型やコート型、ベスト型など多種多様なバリエーションのダウンアウターが揃うのも『西川ダウン』の強み。自身のスタイルにハマるモノが必ず見つかるはず。ただし、どのタイプも早期完売確率が高いので、“気に入ったら、即買い”が基本となるでしょう。

魅力5高水準の仕上がりなのに、プライスはかなり良心的!

ジャケットのプライスは大半が3万円代~6万円代と、細部までこだわった仕立てでありながら価格は控えめ。他のブランドなら、+1万~2万円でもまったくおかしくはないでしょう。『東京西川』と『ナノ・ユニバース』のたゆまぬ企業努力によって、この驚くべき値段設定が実現している点も、大人にとってはうれしいですよね。

定番から新作まで。『西川ダウン』のおすすめモデルを大公開

押さえておくべき『西川ダウン』の秀作にフォーカス。いずれも真冬の主役アイテムとしてふさわしい存在です。繰り返しになりますが、完売濃厚なので早めにチェックを!

アイテム1ウールG2ジャケット

『西川ダウン』の代表的モデルにして、1.2を争う人気作でもあるG2ジャケット。その最新作では、表地に高級スーツにも使われる良質な尾州産ウールをぜいたくに使用。ラフに着ても上品に着てもキマるので、ワードローブの主力となることは間違いないでしょう。

アイテム2カグラジャケット

カグラジャケットは、コンパクトですっきりしたシルエットと、立体的な十字状のキルトワークが印象的。光沢を抑えたマットな質感&シワ感を持つ、特殊な化繊生地もポイントです。バックの裾はラウンド状にカットされ、スポーティな印象を盛り立てます。

アイテム3ウールシングルコート

ジャケットの上にさらりと着るのもおすすめな、ショート丈のシングルコート。ダウンの膨らみを微調整することで、着膨れ感のない美しいシルエットを実現しています。表地の控えめな光沢感が、ほんのりとドレッシーなイメージを与えているのも見どころ。

アイテム4アークティックダウン

同ブランドを代表するモデルをフルチェンジし、新たなフラッグシップモデルとして登場したのがアークティックダウン。極寒地仕様のN-3Bをベースとした本格的なディテールの数々が、数あるラインアップの中でも最上級の暖かさを約束してくれます。

アイテム5カグラベスト

カグラジャケットのディテールを継承したシャープなシルエットと独特の質感で、着回し力抜群のベストに仕上がっています。表面に施した撥水機能や、取り外し可能なフードなど、機能面も抜かりありません。

アイテム63WAYフーデッドコート

今季のNEWモデルがこちらの3WAYフーデッドコート。止水ファスナーを搭載したスポーティなディテールが今の気分にうってつけです。アウターには機能中綿、取り外し可能なインナーベストにはダウンを使用。それぞれ単品使いもできるため、着こなしの幅も広がります。

アイテム73WAYステンカラーコート

ビジネス使いしたい方には、オン・オフ使えるダウンコートがおすすめです。見た目はステンカラーコートですが、インナーダウンが仕込まれているため保温性は十分。表地はウール素材、裏にラミネート加工を施し、透湿・防水・防風機能をプラスした男心をくすぐるディテールも見逃せません。

大人のコーデにハマる。『西川ダウン』の着こなし実例

シックで機能的な『西川ダウン』のアウターは、大人のカジュアルスタイルと相性抜群。今すぐ真似したいコーデサンプルから、スタイリング方法を学びましょう。

グレーをまとった『西川ダウン』のスマートなジャケットにスリムチノを合わせ、きれいめなアウトドアスタイルをメイク。中からカモフラージュ柄をチラ見せして、プレーンなコーデにリズムを付けています。

カグラジャケットを中心として、全身をモノトーンカラーでリンクさせたクールなスタイリング。カジュアルな中にモードな雰囲気も漂います。ホワイトのインナーをチラ見せして、重く見えがちな配色を緩和。

着用しているのは『西川ダウン』定番のG2ジャケット。中にはカットソーを合わせて軽快に仕上げています。ホワイトパンツや足元の『ニューバランス』も、冬コーデのヘビーさ払しょくに貢献。バッグでの差し柄も小粋です。

ウールを表地に用いた『西川ダウン』のアウターに合わせて、パンツもウールスラックスをセレクト。ネイティブ柄のニットやベースボールキャップでリラックス感をブレンドすることで、遊び心を加えたテクニックに拍手!

全身をネイビーで呼応させたワントーンスタイル。ベーシックコーデでもサマになるのは、『西川ダウン』のスタイリッシュなシルエットの賜物です。適度に色褪せたジーンズでほのかに抜け感を出しているのも好印象。

G2ジャケットを着こなしのメインアイテムに抜てき。カーキのニット&ベレー帽でミリタリー感、スウェットパンツでスポーツテイストを落とし込むことで、今シーズン注目のテイストMIXを難なく体現しています。

トラディショナルなキャメルチェスターコートの下に『西川ダウン』のダウンベストをインして、巧みにドレスダウン。ジョガーパンツやホワイトスニーカーもチェスターコート特有の重厚さをグッと和らげます。

『西川ダウン』のベストにグレーニット、そしてスキニーパンツ&短靴と、きれいめカジュアルの王道を行く装い。こんな鉄板コーデなら誰もが真似しやすいはず。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
西川ダウン
ナノ・ユニバース(nano universe)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

Freeamericanidol編集部

グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

山崎 サトシ

サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

Freeamericanidol編集部

もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

Freeamericanidol編集部

黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

ai sato

財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

山崎 サトシ