大人にハマる。ダニエル&ボブのビジネスバッグに注目

メンズバッグ界の革命児とも呼ばれている『ダニエル&ボブ』のビジネスバッグにフィーチャー。こだわり抜いた革素材やデザインなど、大人に支持される理由を解説します。

近間 恭子

2018.05.29

モノにこだわる大人から高支持率の『ダニエル&ボブ』って?

新しいデザインを次々と打ち出し、メンズバッグに新風を吹き込んだ立役者『ダニエル&ボブ』。1976年の創業当時1本のベルトからスタートした同ブランドですが、今ではバッグや革小物といったレザーグッズも手がけています。イタリアの高いデザイン性とクラフツマンシップを融合したアイテムは、2003年に上陸すると日本でも瞬く間に人気を獲得。「ジョシュア」や「ジャスミン」など、大人に刺さるヒットモデルも数多く生み出しています。

『ダニエル&ボブ』のビジネスバッグはここがスゴい!

『ダニエル&ボブ』のラインアップでもとくに充実しているのがトートバッグ。カジュアルなイメージが強いトートですが、シンプルながらも上品かつ高級感あるルックスゆえ、ビジネススタイルにも難なく対応するんです。取り出し頻度の高い荷物を入れるのに便利な内部ポケットを別途設けるなど、使い勝手もきちんと考慮されている点も見逃せません。

『ダニエル&ボブ』といったら、素材へのこだわりを語らないわけにはいきません。ヴィンテージ加工を施したバケッタレザーに手作業で絞りを掛けることで独特なシワ感を演出した”ローディー”をはじめ、どのモデルにも高品質で手の込んだ素材を使用しています。それがシンプルなデザインながらも唯一無二の存在感を放つ理由なのです。

ハンドルはバッグの寿命と高級感を決めるといっても過言ではないほど重要なパーツです。『ダニエル&ボブ』では、芯地を一切使わない3層のレザーを手縫いで仕上げた独自開発の”ジルハンドル“を採用。その肉厚なハンドルは握ると手にじっくりなじんで持ちやすく、さらには見た目のクラス感アップにも貢献してくれるんです。

品質を支えているのは、アルティジャーノと呼ばれる熟練の職人たち。均一に施された美しいステッチワークや握りやすさも計算されたジルハンドルなど、細かなディテールも手を抜くことなく、ていねいな仕事ぶりがうかがえる仕上がりに魅了されます。また、それらのこだわりは長く愛用できることにもつながるのです。

『ダニエル&ボブ』のビジネスバッグ10選

さまざまなビジネススタイルに対応するラインアップの豊富さも『ダニエル&ボブ』の魅力。ブリーフからトートまで、着こなしの格上げ効果も狙えるビジネスバッグをご紹介します。

モデル1タク

しっとりとした艶のあるベジタブルタンニンレザーを使ったモデル「タク」。荷物が取り出しやすいフルオープン仕様や充実した内部収納など、レザーの魅力が存分に伝わる洗練された見た目と同様に優れた機能も装備しています。ゴールドカラーの金具もポイントで、上質なレザーと相まってラグジュアリーな雰囲気を演出。

モデル2ビアルベッロ

DUE

イタリア語で“2気筒”という意味をもつ「ビアルベッロ」は、その名のとおりメイン室を2つ設けているのが特徴。仕事に応じて資料をわけて入れられるなど、使い勝手も考えられたモデルです。しかも表情豊かな人気素材、“ローディー”が抜群の存在感を放つので、シンプルなデザインながらも周りと差がつくこと請け合い!

モデル3カレット

イタリア・リモンタ社の“デイビスナイロン”と独特な表情をもつシボレザーを組み合わせたブリーフケース。コンビ素材はオールレザー製よりもカジュアルな印象ですが、こちらは高密度ナイロンを使っているので上品さも見事にキープされています。それでいて軽くて耐久性に優れているので、機能性重視派にもおすすめ!

モデル4オテッロ

シンプルかつクリーンなデザインが魅力の“オテッロ”は、オールレザー製ゆえにビジネススタイルにも活躍。間口にスナップボタン付きのタブをあしらっているので荷物が丸見えにならず、プライバシーを保つことができます。小物を収納するのに便利な内ポケットや自立を促す底鋲など、ビジネスでの使用も視野に入れたディテールにも注目です。

モデル5アイダデイビス

A4サイズの書類を縦に入れることができ、かつ取り出しやすいスクエアシルエット。リモンタ社の“デイビスナイロン”とレザーのコンビなので持ち味が軽く、なおかつ底鋲付きできちんと自立する優れモノです。内部だけでなく外部にもポケットを設置しているので、バッグ内で散らばりがちな小物も整理して収納できるのも優秀。

モデル6クロドーロ(ナイロン)

肩かけ時の持ちやすさも考えられ湾曲した間口や丸みを帯びた独特なフォルムが印象的なモデル。取り外し可能なロングタイプのハンドルを使えば、コートの上からでも肩かけすることができます。大容量のサイズ感に加え、スナップボタンでマチ幅を変えられるので、普段使いだけでなく出張や旅行にも重宝します。

モデル7クロドーロ(レザー)

コチラは人気素材の“ローディー”を採用した「クロドーロ」。オールレザー製ならではのラグジュアリーなルックスに仕上がっているので、クラス感を重視する人にはイチ押し。荷物の量に応じてマチ幅を変更できるスナップボタンや肩かけできるロングタイプのハンドルなど、コンビ素材同様、優れた機能も装備しています。

モデル8レヴィン

中央の1室はスナップボタンで開閉、両サイドの2室がファスナー仕様になった実用性の高いトート。さらに内部にポケットを施し、整理整頓がしやすい作りになっています。素材は凹凸感ある質感が特徴的な“ローディー”。スマートなデザインの上で程良く主張し、こなれた印象へ導きます。やや長めのハンドルで肩かけしやすいところもポイントです。

モデル9ジャスミン コッコーネ

『ダニエル&ボブ』人気の火付け役となるモデルである“ジャスミン”は、かっちりスーツというより、ジャケパンなどのカジュアルなビジネススタイルにおすすめです。手持ち・肩かけ・ショルダーと3通りの持ち方を楽しめるので、使い勝手も抜群! クロコダイル風の型押しが施された素材“コッコーネ”を用いているので、ラグジュアリーな雰囲気も手に入ります。

モデル10トク

クラッチバッグとしてだけでなく、ブリーフやトートのバッグ・イン・バッグとしても使えるコチラは、A4の書類がすっぽりと収まるサイジング。スリムないでたちながら、ペンポケットなどの内部収納も充実しています。表情豊かなシボレザーは適度に柔らかく、使いはじめから持ちやすいというのも特筆すべき点。

KEYWORD関連キーワード
ビジネスバッグ
ダニエル&ボブ(Daniel&Bob)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

Freeamericanidol編集部

おしゃれなビジネスバッグ20選。人気ブランドから選ぶ傑作モデル

ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

Freeamericanidol編集部

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

近間 恭子

もはや常識。大人に似合う通勤リュック20

いまやビジネスマンにとって通勤リュックは当たり前。市民権を得たアイテムですが、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”が欲しいところ。

近間 恭子

人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

平 格彦