今季の旬モノ。ビッグコートが大人に都合がいい理由

リラックス感のあるカジュアルにぴったりのビッグコートは今シーズン注目のトレンドアイテムです。そんなビッグコートのコーデサンプルとおすすめのモデルを紹介します。

Hiroshi Watanabe

2016.12.13

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ

ビッグコートって、何?

ZOZOTOWN

今シーズン一大トレンドとなっているビッグコートとは、肩回りやウエスト、着丈などがゆったりと大きめにデザインされたコートのことをいいます。ジャストサイズのコートよりも、程良い緩さでコートの持つ上品な雰囲気はそのままにリラックス感のある見え方となるビッグコートは、より気軽にカジュアルコーデに合わせられる万能なアウターとしてメンズ、レディースを問わず人気が高まっています。

「ただサイズが大きいだけ」ではありません

ZOZOTOWN

ジャストサイズのコートを着るよりも、よりカジュアルでリラックス感のある雰囲気を作り出せるビッグコートですが、「大きめにデザインされている」のと「ただサイズが大きい」では、まったく意味が変わってきます。また、合わせるアイテムもなんでも大きければいいというわけではありません。ただ大きいだけでは子供っぽく見えるだけで逆効果。ビッグコートや合わせるアイテムを選ぶ際には注意が必要です。

見逃したらアウト。ビッグコートを選ぶうえで大切なこと

ZOZOTOWN

ビッグコートは、ブラックやネイビー、グレー、キャメルなど、いわゆる定番のカラーで柄の入らない無地のものを選ぶのが基本です。ベーシックな色柄のビッグコートは、カジュアルアウターとしてのコーディネートがわかりやすいだけでなく、ビッグコートであることの効果が非常に出やすくなります。ビッグコートを使ったコーデは、あくまでもコート単体を目立たせるのではなく、全体のバランスが重要となります。

初心者のあなたへ。ビッグコートを着こなす3つのヒント

ビッグコートを着こなす際に注意したいのが、「ラフになり過ぎない」と「子供っぽく見せない」ということ。そのための3つのヒントとそれぞれのコーデ例各3点を紹介します。

ヒント1コーデは細身のアイテムでシンプルに

ゆるいシルエットでリラックス感を演出するビッグコートですが、合わせるアイテムまでゆるくしてしまうと子供っぽくなってしまいます。コーデは細身のアイテムでシンプルに合わせることで、ビッグコートのよさを引き出すことができます。

ZOZOTOWN

レイヤードしたシャツとスキニーデニムに、ビッグコートをさらりと羽織ったシンプルなコーデ。コートのゆるい表情が全体の雰囲気をカジュアルに見せています。スキニーデニムに合わせた革靴も好印象です。

ZOZOTOWN

ライトグレーのコートからのぞくチェックのスリムなチノが洗練されたイメージ。ボルドーカラーのニットとのコーデも上品です。足元はローファーを合わせてラフになり過ぎないようにしている点にも注目です。

ZOZOTOWN

重厚で堅い雰囲気になりがちなダブルのチェスターコートですが、コート自体のゆるいサイズ感とブーツで合わせた細身のボトムスでリラックス感のある上品なカジュアルコーデになっています。

ヒント2カラーは同系色でシックにまとめる

同系色のコーデがシックにまとまるのはどのスタイルにも共通しますが、ビッグコートを使った同系色のコーデは、コートのゆるいサイズ感がいいアクセントとなり、より好印象のカジュアルコーデとなります。

ZOZOTOWN

レディースでも人気のベージュ×グレーのコーデ。ビッグコートを使ったコーデでは非常にエレガントなカジュアルコーデとなります。淡いトーンのコーディネートが、上品なムードを誘う点も◎。

ZOZOTOWN

グレー基調で構成されたベーシックなモノトーンコーデは、取り入れやすいというメリットはあるものの、ともすれば地味になってしまいがちです。しかし、特徴的なビッグコートを羽織ることで全体がこなれた雰囲気になっています。

ZOZOTOWN

ビッグコートでも、ダークカラーとなればそれなりの重厚感は避けられませんが、明るい同系色で合わせれば重さを感じさせないコーデになります。ボリュームのあるマフラーやジョガーパンツもこなれた印象を作っています。

ヒント3ジャケット感覚でさりげなく羽織る

ビッグコートはそのゆるいサイジングゆえインナーにたくさん着込むことができますが、雰囲気よく着こなすなら、インナーにあまり多くを重ねずにジャケット感覚でさらりと羽織るのがおすすめです。

ZOZOTOWN

ニット+パンツにビッグコートを羽織ったミニマルなコーデは、ビッグコートを着こなすうえでは基本というべきコーデです。ここまで自然に羽織ると、ダブルの重厚な雰囲気も和らぎ雰囲気よく着こなせます。

ZOZOTOWN

よりカジュアルなコーデではインナーにシャツやニットで柄を差すのもアリです。その場合も、インナーはたくさん重ねたりせずできるだけあっさりまとめて、ビッグコートを羽織るようにすれば、こなれたコーデを演出できます。

ZOZOTOWN

ルーズなスラックスとスニーカーというかなりラフなコーデも、同系色コーデでさりげなく羽織れば、意外なほどにクリーンなイメージになります。コートでありながらジャケットのように羽織る、というのがビッグコートを着こなすコツです。

ライターが提案。今季的かつ大人のビッグコート

ここまでビッグコートの着こなしを解説してきました。合わせ方がわかればそれほど難しいアイテムではないのがおわかりいただけたかと思います。それらを踏まえたうえで、今季的で大人の着こなしができるビッグコートを5点ピックアップしました。

『ジップファイブ』オーバーコート

ZOZOTOWN

上質なメルトン素材を使用したビッグコート。大きな襟に肩から裾までゆったりとしたラインを持たせながら袖はジャストな丈にするという計算されたシルエットが特徴。手頃な価格で、入門用としてもおすすめの1着。

『ルイス』ローブコート

ZOZOTOWN

プレーティングという手法を用い、立体的な温もりのある編み地を持ったビッグコート。名前のとおりローブを羽織るように気軽にざっくり羽織れるコート。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』ラップコート

ZOZOTOWN

柔らかく光沢のある上質なハミルトンラムウールを使用したラップコートは、ショールカラーとビッグシルエットで今風の柔らかな表情に。膝上の丈となっており、ジャケットのように気軽に羽織れるという点が魅力です。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』チェスターコート

ZOZOTOWN

柄物でもシックでクラシカルなグレンチェックなら無地と同様に気軽に羽織ることができます。ゆとりのあるサイズ感で重厚なダブルの打ち合いのコートも、雰囲気よく今風のコーデとなる大人にぴったりの一着です。

『ヒステリックグラマー』チェスターコート

ZOZOTOWN

襟やパッチポケットなど、クラシカルなチェスターコートをカジュアルに使いやすくアレンジ。肩周りやウエスト部分などはゆるめのデザインとなっており、リラックス感のある今風のコーデが楽しめるようになっています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてブ
KEYWORD関連キーワード
アウター
コート
冬の着こなし・コーデ
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

山崎 サトシ

アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

菊地 亮

大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

平 格彦

気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

Hiroshi Watanabe

季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

菊地 亮

ほっこりする見た目。コーデュロイシャツを着こなして季節感を出そう

どことなく温もりを感じさせる素材感が、秋冬のカジュアルにうってつけのコーデュロイシャツ。より今季らしく着こなすためのアイテムとコーデをご紹介。

ai sato