2万円以下でも使えます。クレマンの革靴はコスパ良好

『クレマン』はフランス発の良コスパ革靴を多く展開するシューズブランド。オン・オフ問わない本ブランドの魅力やおすすめのモデル、そして着こなし例までご紹介します。

Hiroshi Watanabe

2016.12.05

シューズブランド『クレマン』とは?

『クレマン』は、フランスで1946年に創業したシューズメーカーであるクレオン社が手がけるシューズブランド。ミリタリースペックの基準をクリアした実用性に加えて、フランス製ならではの端正でシンプルなデザインと上質な素材感が、多くの人々に評価されてきました。『クレマン』の革靴は、その履き心地の良さも選ばれる重要なポイントです。

大人におすすめする『クレマン』の革靴の魅力とは?

『クレマン』の革靴が多くの大人にチョイスされる理由は、フランス発というブランド名だけではありません。幅広いコーディネートに対応する優れたデザイン、実用的な機能、そして手頃な価格という、大人が納得できるポイントを複数兼ね備えています。

魅力その1シンプルなデザイン

『クレマン』のレザーシューズは、その多くがオーソドックスでクラシカルなタイプのものです。一見シンプルなデザインでありながら、上品なツヤのある皮革の素材感や、トゥの形状やボリューム感は流行に左右されるものではないため、オン・オフを問わずさまざまなスタイルやコーディネートに幅広く対応できる非常に頼りがいのあるアイテムです。

魅力その2雨でも履けるソールの仕様

『クレマン』のシューズは、本国フランスでは軍や消防署などの公共施設にも納入されているほど、実用的機能面でのスペックに優れています。雨の日にも履けるラバー製ソールは、グリップ力がありながら軽量でもあるため、履き心地も抜群。オン・オフのスタイルだけでなく、天候や季節の対応も幅広く万能なのが、『クレマン』の革靴です。

魅力その3圧倒的に優れたコスパ

さまざまなタイプのレザーシューズを展開する『クレマン』の革靴は、多くが1万円後半~2万円くらいというお手頃価格に設定されています。有名セレクトショップのラインアップとしてはリーズナブルな価格で入手できるというだけでなく、大人のコーディネートにオン・オフ問わず幅広く活躍するという面でおいても、コスパ抜群のシューズです。

大人の男性が夢中になる『クレマン』の革靴

端正なシルエットで流行に左右されないデザインのシューズづくりを展開する『クレマン』には、オーソドックスなタイプから、セレクトショップ別注の限定色まで、幅広いラインアップが展開されています。大人のオン・オフに幅広く活躍するモデルを紹介します。

アイテム1PASTAN

シンプルなデザインでありながら、しっとりとした上質なツヤ感で足元をスタイリッシュに飾るレースアップシューズ。ポストマンシューズをベースとしたこの型は、見た目以上に柔らかく軽い素材感なので、オン・オフを問わずに幅広く活躍します。

アイテム2PASTAN

ポストマンシューズをベースにしたシンプルなプレーントゥシューズのブラウン版は、裏革をなめした質感がミリタリーテイストを強調する少し武骨なモデル。同型でもスムースレザーとはまったく異なる印象なので、コーデの幅をぐっと広げるキーアイテムになります。

アイテム3DALIANI

トラッドなムードを備えたコインローファー。革素材に落ち着いたツヤ感の上品さがあるのでスポーティなカジュアルにも、ジャケットなど着用のドレスアップスタイルにも、大人のさまざまなシチュエーションに対応可能の万能シューズです。

アイテム4PADRE

程よいカジュアル感を醸し出すチロリアンシューズは、革素材の上質感とボリュームのあるソールが、全身コーデの重心バランスをうまくとってくれる優秀アイテム。滑りにくいソールはグリップ力にも優れているため、機能性も抜群です。

アイテム5FELIX

着脱が便利であることと、シンプルなルックスが魅力のスリッポン。カジュアルなアイテムではありますが、レザー使用ならば大人らしさも十分。オン・オフ問わずに使える汎用性の高さも魅力です。

オン・オフともに使える『クレマン』革靴のコーデ

手に入れやすいリーズナブルな価格帯でありながら、美しいシルエットと上質な素材感で多くのおしゃれな大人たちを魅了しているのが『クレマン』の実力。実際に『クレマン』の革靴を着用しているオン・オフスタイルの実例から、コーデのヒントを紹介します。

白のインナーを効かせたカジュアルなジャケットスタイルの足元を、『クレマン』のプレーントゥシューズで締めた、品良いモード系コーデ。シンプルでありながら程よいボリューム感のあるレースアップシューズが、全身バランスをうまくとってくれます。

旬のカーキシャツに組み合わせたレースアップシューズの程よいボリューム感と革の上質感が、ホワイトデニムのコーディネートを足元でぐっと引き締めて、大人のカジュアルスタイルとして求められる清潔感あるものへと格上げしてくれます。

カーディガンやゆったりシルエットのデニムパンツを合わせたリラックスカジュアルの足元に『クレマン』のプレーントゥシューズをコーデして、きちんと感をプラスした着こなし。カジュアルスタイルから浮かずに、コーデをビシっとまとめる優秀シューズです。

ターコイズブルーのコーチジャケットをキーアイテムにした装いに、レースアップシューズをコーデ。単なるビジネス靴ではカジュアルスタイルにうまくフィットしないところを、オン・オフさまざまな出番で活躍する『クレマン』シューズの万能力はさすがです。

ひざ丈のチェスターコートにフード付きスウェットパーカーをレイヤーした上半身にボリュームあるスタイルの『クレマン』のチロリアンシューズをコーディネート。シューズの程よいボリューム感が全身のバランスをうまくとってくれています。

タイドアップしたジャケットスタイルとウォッシュ加工の効いたデニムとのミックスコーデに、チロリアンシューズを合わせた着こなし。ドレスアップorカジュアル、どちらのスタイルに合わせればいいかシューズ選びに悩むときは、『クレマン』が正解です。

単体で見るとカジュアル色の強いチロリアンシューズですが、確かな製法と上質な素材感が、スーツスタイルにもぴったりとハマります。プレーンなデザインのブリーフケースとコーディネートすることで、シューズの上質感やコーデの清潔感がぐっと上がります。

シューズは全身で見ると小さな分量ですが、コーデ全体をビシっと決めてくれる重要なキーアイテム。グレーのジャケットやカーキのコーデュロイパンツなど難しい中間色のコーデをまとめてくれる『クレマン』チロリアンシューズは、とても優秀な万能選手です。

コンパクトなシルエットのネイビージャケットとデニムパンツの清潔感あるきれいめカジュアルの足元に、『クレマン』のチロリアンシューズをコーデ。シューズの革素材が演出する上質感がコーデ全体の「きちんと感」を一層ランクアップしてくれます。

ピンクのカットソーやゆったりシルエットのデニムといったカジュアルスタイルを、ただカジュアルなだけにしないのが、『クレマン』のシューズの底力。チロリアンシューズのボリューム感と上質な素材感が、大人ならではのカジュアルスタイルをつくってくれます。

KEYWORD関連キーワード
レザーシューズ
クレマン(KLEMAN)
RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

Freeamericanidol編集部

ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

山崎 サトシ

マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

編集カツラガワ

エレガンスな見た目がいい。ヘルノのダウンコレクション

高品質ながらもエレガントな雰囲気を醸す『ヘルノ』のダウンは、すっきり着こなせると特に大人から支持されています。その魅力をこの冬狙うべきモデルとともにご紹介。

近間 恭子

コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

Freeamericanidol編集部

汎用性抜群。黒パンツが1本あると重宝する!

黒パンツはオールマイティ。ですが、何を選んでもOKという訳ではありません。大人なコーデに組み込みやすい黒パンツを厳選し、着こなし方からおすすめ品までご紹介します。

平 格彦